コラムファンタジー

太らない食べ方は?ダイエットの食事の効果抜群の方法!

      2016/04/02


ダイエットで一番気をつかうのが食事ですよね。

順番、時間、回数、いろいろあるけど、

実は基本は驚くほど単純なんです。

 

食事の基本をおさえて、ダイエットの効果を倍増させましょう!





 

Contents

太る原因!血糖値ってなに?

022216_1117_1.jpg

画像参照元 : http://www.photo-ac.com/

 

血糖値というのは、血液中にどれだけ

糖分=炭水化物が含まれているのか?

 

という数値のことで、ごはんやパン、

麺類などの炭水化物や甘いものを食べると、

この血糖値が一時的に急上昇します。

 

血糖値が急激に上昇すると、何がいけないのでしょうか?

 

脂肪が蓄積される仕組み

022216_1117_2.jpg

画像参照元 : http://www.photo-ac.com/

 

血糖値が上がるとインスリンというホルモンが分泌されるのですが、

このインスリンが、身体に脂肪を蓄える原因になっているんです。

 

同じ量を食べても食べる順番や時間

太る人と太らない人がいるのは、

こういう理由があったんですね。

 

ですから、できるだけ血糖値が上がらない

タイミングで食事を取ることが、重要になってきます。

 

太らない食べ方!3つの基本

022216_1117_3.jpg

画像参照元 : http://www.photo-ac.com/

 

血糖値の上昇を上手くコントロールすれば、

炭水化物や脂質が脂肪になるのを防ぐことができるんです。

 

3つの基本をチェックして、太らない食べ方を身につけましょう。

 



1,食べる順番

 

血糖値が上がっている時に食事を取ると

脂肪になりやすいというのは、前述の通りです。

 

では、どうすれば血糖値を上げずに

食事を取ることができるのでしょうか?

 

答えは「食べる順番を変える」ことです。

ごはんやパンなどの炭水化物は血糖値を上昇させやすいので、

最後に食べるようにしましょう。

 

野菜やお肉を先に食べてから最後にごはんを食べれば、

脂肪の蓄積を緩やかにすることができるからです。

 

 

2,食べる回数

 

ダイエット中だからといって、

一日の食事を2食に減らしていませんか?

 

もし食事の回数を減らしているなら、

明日から3食きちんと食べるように心がけてください。

 

というのも、その方がダイエットには効果的な方法だからです。

人は6時間以上の空腹状態が続くと

次の食事で血糖値が急激に上昇するということが分かっています。

 

つまり、たとえば朝食を抜いたあとの昼食では、

普段より多くの脂肪が蓄積されてしまうということですね。

一日に三回しっかり食べて、脂肪の吸収を抑えるようにしましょう。

 

3,時間帯ごとの食べるメニュー

 

夜に甘い物を食べると太りやすい、というのは有名ですね。

 

脂肪の蓄積を促すBMAL1という体内物質が夜中に

増えるのが原因なのですが、

時間帯ごとに太りにくいメニューというのがあるんです。

 

ダイエット期間中は三食全てで同じ栄養バランスの

食事をとるのではなく、朝昼晩でメリハリを付けた献立にすると、

よりダイエット効果が高まります。

 

朝:炭水化物中心

 

一日の始まりは炭水化物を摂取するのに一番適した時間帯です。

 

夜までの活動で炭水化物はエネルギーとして消化されるので、

脂肪として蓄積される量が最小限で済みます。

ご飯やパン、麺類は、朝のうちに食べるようにしましょう。

 

昼:タンパク質、脂質を摂取する

 

お肉や炒め物、カロリーの多いメインディッシュは

お昼に食べるのがオススメ。

 

BMAL1が少ない時間帯なので、

カロリーを比較的気にせず食べることができるんです。

 

夜:食物繊維、ビタミン中心

 

22時以降に食べる食事は脂肪になりやすいので、

夜中は食物繊維やビタミンが豊富な野菜を中心に献立を考えると良いです。

 

今流行りのチアシードは食物繊維も多めで

お腹にもたまりやすいので、

この時間帯に食べるとより効果が期待できますね。




 - ダイエット関連