ダイエット 方法

足・内ももの肉を落とすダイエットの筋トレ方法・鍛え方は?細くなる筋肉は?

更新日:

 

022216_1758_1.jpg

画像参照元: http://www.photo-ac.com/

 

ダイエットしてもなかなか落ちない内ももの肉、それって実は正しい筋トレ方法を知らないだけかも?

 

足が細くなる筋肉を鍛えて、たるんだ内ももをスッキリ美脚に変身させましょう!

 

足の筋トレは継続することが一番大事

続けやすい筋トレをご紹介します!

 

 

 

筋トレをすると足が太くなるんじゃないの?

確かに筋肉をつけすぎると足は太くなりますが、目に見えて分かるほど足を太くするには、相当な量の筋トレが必要になります。

バーベルやダンベルのような重りを使わないトレーニングであれば、足が太くなる心配はまずありません

 

アスリートの足を見てもらえれば分かると思いますが、極限までトレーニングしたとしてもあれぐらいの太さが限度になります。

太もも、特に内ももが太くなる原因筋力不足体脂肪ですから、しっかりと筋トレをして鍛えてあげることが足を細くするためには重要だといえます。

 

 

足が太くなる筋肉、細くなる筋肉

 

022216_1758_2.jpg

画像参照元: http://www.photo-ac.com/

 

とはいえ、より効果的に足の肉を落とすためには、鍛える筋肉を選んだ方がいいでしょう。

太ももには大きく分けて4つの筋肉があるのですが、足を細くするために重要なのは内ももの「内転筋」と後ろ側の「ハムストリングス」です。

逆に太ももの前側の筋肉「大腿四頭筋」を鍛えすぎると、その分だけ前から見た足が太く見えることがあるので、こちらは鍛えすぎない方がいいかもしれません。

 

ただし、"鍛えすぎる"こと自体が本当に難しいので、あくまでも「そういうこともあるのか」ぐらいに思っておいて下さい。

ほとんどの場合は、筋トレと有酸素運動を組み合わせた方が、足が細くなりやすくなります。

 

 

 

たるんだ足が細くなる筋トレ

022216_1758_5.jpg画像参照元: http://www.photo-ac.com/

 

足を細くするためには、特に太ももの内側「内転筋」と、裏側「ハムストリングス」を鍛えることが肝心です。

効果と続けやすさを重視して、それぞれ最適な筋トレをご紹介しましょう。

 

 

内転筋を鍛えて内ももを引き締める筋トレ

 

動画: https://www.youtube.com/watch?v=c-HNxjMNrVg

 

動画ではゴムのボールを使っていますが、タオルや雑誌を使っても良いです。

職場や学校などで行う場合は、何も挟まなくてもOK、しっかり力を入れれば効果があります。

 

一日に何回という決まりはありませんから、気づいたときにやれば大丈夫。

内ももにギュッと力を入れるだけなので、続けやすいのがこの筋トレの良いところですね。

 

 

ハムストリングスを鍛えて足を細くする:ランジ

 

動画: https://www.youtube.com/watch?v=71d_JFYtHv4

 

1,足を肩幅に開きます。背筋をしっかり伸ばしましょう。

 

2,さらに両足を前後に大きく開きます。

※このとき、後ろ足のかかとは浮かせておきます

 

3,両膝を曲げて腰を下ろしていきます。

※後ろ足の膝が地面に付くギリギリまでゆっくり下ろしましょう。

 

4,太ももの裏側を意識しながら、ゆっくり最初の姿勢に戻ります。

※まずは片足10セット、休憩を挟みつつ3セットほど繰り返しましょう。ポイントは、常に背筋をまっすぐ伸ばすことです。

 

 

猫背になると腰に余計な負担がかかって腰痛の原因にもなるので、気をつけてください。

 

ダイエットは継続が肝心です。

どちらも続けやすい筋トレですから、焦らずじっくり続けていきましょう!

 

 



↓関連ワードを検索↓

-ダイエット, 方法

Copyright© コラムファンタジー , 2017 AllRights Reserved.