悩み・健康 白髪

20代で若白髪が生える・増えた原因は?遺伝・ストレス・栄養不足?

更新日:

 

20代で若白髪が生える・増えた原因は?遺伝・ストレス・栄養不足?

http://media.na-no-ka-shop.net/

 

まだまだ若い20代。ですが、いきなり白髪が生えてきたらびっくりしてしまいます。

現代社会では若いのに白髪で困っている方もかなり多くいます。

今回はなぜ白髪が生えるのか、いったいどこに原因があるのか詳しく見ていきましょう。

 

 

 

なぜ白髪は生えるのか

そもそもなぜ白髪は生えてくるのでしょうか?

髪の毛の色は、メラニンという色素によって作られます。

 

そしてこのメラニンが作られる場所は、毛母細胞にあるメラノサイト(色素細胞)という部分です。

ここでアミノ酸の一種であるチロシンとチロシナーゼという酵素が結びつくことによってメラニンが作られ、髪の毛に色がつきます。

 

しかし、メラノサイトが正常に機能しない場合やチロシナーゼ・チロシンが不足している場合、メラニンが十分に作られない時があります。

そのとき、メラニンが不足しているまま髪の毛が伸びる為、髪の色が茶色になったり、白髪になったりします。

では20代の場合、白髪の原因はどこにあるのでしょうか。

 

 

原因

 

遺伝

 

030616_0050_201.jpg

 

人によって、メラニンを作りやすい人とそうでない人がいます。

 

例えば、白人・黄色人種・黒人と人種によって肌の色や髪の色が大きく異なるのも、遺伝によってメラニンのつくりやすさに違いがあるためです。

そのため、白髪になりやすい遺伝子が親から子へ遺伝する可能性はあります

しかし、遺伝による影響は生活環境によって変化するため生活習慣を整えることで白髪を予防することも可能です。

 

ストレス

人はストレスを受けると、血管が委縮してしまいます

すると血流が悪くなり、髪に十分に栄養がいかなくなります。

そしてメラニンを作る栄養が不足し、メラニンが足りないまま髪が伸びてしまいます。

 

なお、強いストレスを受けるとすぐに白髪が生える、というわけではありません。

ストレスを受けるとこれから生えてこようとしている髪が白くなるため、白髪に気づくのはストレスを受けてしばらくたってから、ということになります。

 

栄養不足

食事制限や菜食主義といった過剰なダイエットや偏食、これらによって栄養不足になると、髪の毛に栄養がいかなくなります。

人は栄養が足りなくなると、生きる為に必要不可欠な部分から優先的に栄養を回します

髪の毛は生きていくうえでは必要としない部分です。

 

そのため、髪の毛にまで栄養が行かなくなり、メラニンが作られなくなってしまいます。

 

030616_0050_202.jpg

 

特に髪の毛を作る材料であるたんぱく質・鉄分・亜鉛、メラニンの材料となるミネラルなどが不足すると白髪や抜け毛の原因となるため、注意が必要です。

 

 

 

病気

 

030616_0050_203.jpg

 

白髪は、重大な病気のサインになっている可能性もあります。

 

①貧血

貧血になると、ミネラル・カルシウム・ビタミンB12などが不足します。

するとメラニンを十分に作れなくなってしまいます。

なお、貧血はダイエットや偏食によっても起こります。

 

②甲状腺異常

 

③フォークト・小柳・原田病

 

④腎臓病

 

これら②③④の病気の共通点はホルモンバランスが崩れ、代謝が落ち、免疫力が低下する点です。

免疫力が落ちるとチロシナーゼが十分に働かなくなります。

するとメラニンを構成できなくなってしまいます。

 

また、この病気でない場合でも生活習慣の乱れにより免疫力が低下、白髪になってしまう場合もあります。

 

⑤胃腸病

胃腸が弱くなると消化が弱くなり、栄養を十分に摂れなくなってしまいます。

すると栄養不足になり、髪の毛にまで十分に栄養がいかなくなってしまいます。

 

 

このように、病気や生活習慣の乱れによって免疫力が低下白髪になってしまう場合があります。

そしてもし、突然白髪が増えた場合は重大な病気が隠れている場合があるため、すぐに病院に相談に行った方がいいでしょう。

 

 

アレルギー

アレルギーによって炎症が起こり、白髪が生えてくる可能性もあります。

例えばいつもヘアピンなどをつけているところが白くなっている場合、金属アレルギーの可能性があります。

ネックレスをするとかゆくなる、金属製の時計をつけると発疹が出るなど、金属を身体につけると何かしらの症状が出る方は、ヘアピンも控えた方がよさそうです。

 

また、髪の毛を染め始めてから白髪が増えた場合、染料にアレルギー成分が含まれている可能性があります。

もし髪の毛を染める場合は最初にパッチテストを行い、異常が見られないことを確認してから髪の毛を染めましょう。

 

また、金属アレルギーや染料によるアレルギーの症状が見られた場合は、

すぐに使用を中止し、病院に相談に行くようにしましょう。

白髪は血流の悪化、栄養不足、免疫力の低下などによって起こります。

 

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

若いうちからの白髪は他の人から見られると、少し老けて見られたりするので嫌ですよね。

 

しかし、生活習慣を整えることで白髪は改善していきます。

規則正しい生活をし、20代らしい、きれいな髪を手に入れましょう。

 



↓関連ワードを検索↓

-悩み・健康, 白髪

Copyright© コラムファンタジー , 2017 AllRights Reserved.