コラムファンタジー

【新卒】就職活動・やりたい仕事は?どんな職種?選び方は?希望は?

      2016/04/02


031016_0205_1.jpg

画像参照元:https://welq.jp/

 やりたい仕事が分からないのは、とても正常なことです。

 

当然、高校卒業や大学卒業までに、

いろいろと将来の仕事や職種について調べ、

考えてきたことでしょう。

 

実際、就職活動をしていても、

本当に自分がどういう職種に就いた方が良いのか?その最善は?

 

そんなことが常に頭の片隅から離れないのではないでしょうか。

ということで、今回は新卒で大学生がやりたい仕事を

上位順にまとめてみました。

 

新卒の職種選びに役立てて頂けたら幸いです。





 

<大学生の男子・女子が就きたい職業ベスト5>

 

・1位 公務員、士業

 

031016_0205_2.jpg

画像参照元:http://iitokoronet.com/

 

士業って何?と思われる方に簡単な説明をします。

 

士業とは弁護士、会計士、税理士、行政書士などの職種のことです。

 

かなり安定していることや、

将来に困らない可能性が重視された結果でしょう。

公務員や士業などの国家資格は、どの時代も強いものです!

 

 

・2位 銀行、証券会社、金融業、保険業

 

031016_0205_3.jpg

画像参照元:http://okanewofuyaso.hateblo.jp/

充実の福利厚生、究極のサポート体制でアフターフォローも万全、

といったところでしょうか。

 

証券などでは、デイトレーダーとしての知識を

身につけられるのも大きなメリットです。

 

また、営業にまわると大変なのは周知のことでしょうが、

それでも給与面などでのメリットが大きいのは魅力的です。

 

 

・3位 マスコミ、メディア関連、広告関連

 

幅広さ、人脈、娯楽性の三大メリットが大きな魅力です。

 

記者として、自然に様々な分野の知識が身に付き、

仕事上で普通では会えない人間、

例えば大企業の社長や特定分野の専門家とも知り合いになれて、

エンターテインメント性がとても高く毎日が飽きない仕事です。

 



 

・4位 ゲーム、音楽、パチンコ開発産業などのエンタメ関連

 

共通していえることは「創造」することです。

何かを作り込むという作業に没頭できるメリットは、

現代社会において幅広く浸透しはじめています。

 

そして、やりがいがあり安定した収入を得るには、

最善の職種でもあります。

 

・5位 医療品、化粧品などの生活、サービス関連

 

仕事が尽きることのないといわれた「衣、食、住」の時代も、

その数の圧倒性から、今や終わりを告げています。

 

医療品や化粧品など、人間の生活環境に

必ず携わっている職業こそ、

長く安定した職種といえるのではないでしょうか。

 

<まとめ>

 

現代の新卒社会人が、何の職種でどんな仕事をしたいかなんて、

多分漠然とさえ考えていない気がします。

それは個々が望む方向性の違いではないでしょうか。

 

今の大学生が就職活動中に望むこと、

それは「やりがいのある仕事」や「優良企業で定期的に働きたい」、

「出世して高収入を目指したい」という希望や意思なのです。

 

それに当てはまる職種を見つけることを最優先として

考えているのであれば、「やりたい仕事がわからない」

という答えは、至極当然なことなのです。

 

ただ、どんな職種であれ1つだけ言えること、

それは1度やってみなければ、答えは出せないということです。

 

そして、その答えを出すことに何度も挑戦するということは、

けっして悪いことではないのです。

 

2つっぽく言っていますが言いたいことは、

1つです。何事にもひるまずに、

挑んで頂くことをオススメします。




 - 就職活動