就職活動

【新卒】就職活動に役立つ有利な資格6選!大学生の内に取得?

投稿日:2016年3月11日 更新日:


 

【新卒】就職活動に役立つ有利な資格6選!大学生の内に取得?

http://googirl.jp/


 

「就職難」というこのご時世に、新卒の方々は就職に当たり、一体何を求め考えるのでしょうか。

それは、資格をとることだと誰しも考えるはずです。

では、実際問題、就職活動において資格の保持は効果を発揮するものなのでしょうか?

 

また、どのような資格が持っていると有利になるのでしょうか?

今回は就職活動で有利な資格について考えてみたいと思います。

 

 

 

就職活動で有利な資格とは?

どんな資格を保持していても就職活動に悪く影響する事は、ほとんどありません。

問題があるとすれば、その資格が就職後に役に立つかどうかです。

しかし、それはあくまで就職後の話です。

 

就職してから考えましょう。

そんなわけで、就職するのに有利な資格を次のようにまとめてみました。

難しい資格もありますが、歯を食いしばってチャレンジする価値のあるものばかりです。

 

TOEIC

 

031116_0359_1.jpg

画像参照元:http://jump2theworld.com/

 

就職活動において「自分、英語できますけど」アピールをするのには、一番良い資格ではないでしょうか。

 

また、この資格は「スコア」が重要です。

新卒採用では550点以上のスコアが必要とのことです。

就職活動で英語ができるのは、どの企業の選考でも強みになるはずです。

 

簿記

 

031116_0359_2.jpg

画像参照元:http://allabout.co.jp/

 

簿記は、就職活動でもかなり有利に働き、就職後も役に立つ場面が多い資格です。

数字を扱う能力が高いことは、どの職業においても大事なことですし、簿記資格は就職意欲の高さと評価する会社も多いようです。

 

MOS

 

031116_0359_3.jpg

画像参照元:http://excel-master.net/

 

マイクロソフト・オフィス・スペシャリストの頭文字をとって「MOS」と呼ばれています。

「え?何の資格!?」と思ってしまった方はすぐにお調べ・勉強する事をオススメします!!

簡単に説明すると「自分、パソコン結構使えますよ」とアピールをすることができる資格です。

 

オフィス3大ソフト「Excel」「Word」「PowerPoint」の全てを平均水準より高いレベルで扱えないと合格できない難しい資格でもあるのですが、現代のIT社会においてパソコンスキルは、もはや必須です!

この資格を持っているだけで、選考は大幅に有利になることでしょう。

 

 

 

FP(ファイナンシャルプランナー)

 

031116_0359_4.jpg

画像参照元:http://www.fp-kotsu.com/

 

ファイナンシャルプランナーの頭文字をとっています。

常に「オススメ資格」の上位としても有名なこの資格は、お金のスペシャリスト、つまりは節約、税金、投資、住宅ローン、不動産、教育、老後、相続まで、ありとあらゆるお金の問題のエキスパートであるということの証明なのです。

 

またFP資格には、3級、2級、1級そして、AFP(アフィリエイテッドフィナンシャルプランナー)とCFP(サーティファイドフィナンシャルプランナー)とあり、CFPに関しては、世界水準の超高度な資格なのです。

かなりの難関資格ではありますが、お金に関しての知識は、就職活動には勿論のこと、様々な場面でも役に立ちますので、かなりオススメの資格といえます。

 

<医療事務

医療系で、頑張れば誰でもとれるオススメ資格です。

また、女性に大人気の資格でもあり、医療関係の仕事に長く勤めたいという方には特にオススメです。

更に雇用や重要が年齢に左右されない点(経験を優遇、体力を使わないなどの理由から)でも評価の高い資格でもあるのです。

 

日経TEST

ビジネス知識がどれくらい備わっているかの証明になる資格です。

新卒の就職活動には特にオススメの資格でもあります。

 

この資格で高いスコアを保持しているだけで、採用者の選考の目は、入社後の期待もふまえて「180度変わる」といっても過言ではありません。

また、それを計ることのできる有力な資格でもあるのです。

 

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

 

就職活動に有利な資格は、簡単なものから難しすぎるものまで様々です。

また、その資格によっては入社後の仕事内容、あるいは職種そのものを左右することもあるのです。

よって、資格は就職活動のみならず、「自分の未来に生かすものである」と、そう考えて頂き参考にしてもらえたら幸いです。

 

ただ、1つだけ気をつけて下さい。

資格があるから大丈夫だと、安心してはいけません。

なぜなら、資格がないよりは「有利」なだけで、「資格=必ず採用」ではないのです。

 

では、本当の決め手になるのは何なのか?

それは、面接時のアピールや志望動機、そして、なにより「この会社で頑張りたい!働きたい!」という、自身の強い熱意なのです。

 

最後は、その熱意こそが採用の決め手になるのではないでしょうか。

資格と熱意、この2つの力で就職難という時代の荒波を乗り越えてください!

 

↓関連ワードを検索↓

-就職活動

Copyright© コラムファンタジー , 2017 AllRights Reserved.