コラムファンタジー

人気がでそうな現在放送中ギャグオススメアニメ一覧の情報

      2016/04/01


 そろそろ春の足音と共に、2016年春アニメの噂や前評判もチラホラ聞こえて来ました。ですので今回こちらでは冬アニメの「おさらい」と称しまして、現在放映中の作品からジャンル別にオススメ作をご紹介させて頂きます。


 

 「ギャグオススメアニメ」からは以下の3作品をピックアップ!


 










『だがしかし』

031816_0642_2.png

【くるくるゼリーにヤングドーナツやビンラムネなど懐かしの駄菓子がてんこ盛り!】




『だがしかし』アニメ制作:feel.


2016年1月~TBS、CBCほかにて放映。


※現在漫画は4巻までが既刊。

031816_0642_4.png

【登場する駄菓子のほぼ全ては製造及び発売元メーカーから許可を得た実名ですが”ガリガリ君”は大人の事情で”ゴリゴリ君”です。】




 海近くの田舎で暮らす主人公・鹿田ココノツは漫画家を目指していましたが、父親の鹿田ヨウから家業のシカダ駄菓子店を継ぐよう言われます。家業を継ぐことを嫌がるココノツの前に、都会から来た”駄菓子マニア”の少女・枝垂ほたるが現れ、あらゆる手段や説得を用いてココノツに駄菓子屋を継がせようとするのでした。駄菓子+お色気+パロディ作品。


 

 駄菓子に関する知識に溢れるココノツと駄菓子愛に溢れるほたる、この2人の会話を聞いていると無性にお菓子が食べたくなります。基本たくさんの懐かしい駄菓子と、ココノツとほたるによる掛け合いを楽しむ作品ですが、作中で登場する多くのパロディにも笑ってしまうのです。

 

特にココノツを説得するシーンは「ガンダム」のアムロとララァ、現在の駄菓子事情をザクやドムに扮して、そしてコロニー落としをうまい棒で再現したのには「色々と大丈夫?」なのかとドキドキでした。ほたる込みでの色々とサービス(笑)大目な楽しい作品です。


 



『石膏ボーイズ』

031816_0642_7.png

【なぜ石膏なのかや胸像なのにどうやって動くのかなど色々と突っ込んだら負けです。】




『石膏ボーイズ』アニメ制作:ライデンフィルム


2016年1月~TOKYO MX、BS11にて放映。


※現在漫画は1巻までが既刊、YouTubeにてスピンオフ実写ドラマも公開中。


 

031816_0642_9.png

【美術の教科書や歴史の教科書などで見たことのある”アレ”がアイドルになりました。】




 アイドルの飽和状態とも言われた昨今の芸能界に、新たな起爆剤として4人の男性ユニットが投入されました。彼らは”ホルベイン芸能”に所属する「石膏の胸像」アイドルグループ。

 

リーダーはちょっと強引だけど正義感溢れる軍人「聖ジョルジュ」、メディチ家の三男坊のセレブで甘えたがりな「メディチ」、色々な業界に顔が利く”マルチタレント”の神「ヘルメス」、やんちゃながら愛一筋な「マルス」。彼ら4人は『石膏ボーイズ』として活動し、まさに人々のド肝を抜くのでした。


 

 どうして石膏がアイドルに、そして喋れるのかなどは気にしては負けな作品です。彼らは石膏でできてるうえ”胸から上”しかない胸像なので、移動手段はマネージャーが押す台車のみ。そのため彼らの前担当だった38歳の柳沢はぎっくり腰となり、22歳と若い石本美希が彼らの担当になったようです。

 

彼らは”アイドル”ですので勿論ファンもおり、人気アイドルの花屋敷ミラなどは熱狂的な大ファン。更にライバルとして京都発の”千手観音アイドルユニット”「三十三間走り隊」や、伝説の石膏像アイドルユニットと呼ばれるモリエールとブルータスの「ダンディ2」も登場したりと、分けのわからない面白さと不条理に包まれたアイドル&ギャグアニメ。


 

 余談ですが、公式アナウスにおいて彼らの正式略称は『石ボ(いしぼ)』とのこと(笑)、そして所属する”ホルベイン芸能”とは3社共同プロデュースの1つ「ホルベイン画材」から。


 

 



 

 



『おしえて!ギャル子ちゃん』

031816_0642_12.png

【ギャル子ちゃんを中心に個性豊かでカワイイ女の子がたくさん登場する学園アニメ。】




『おしえて!ギャル子ちゃん』アニメ制作:feel.


2016年1月~TOKYO MX、BS11にて放映。


※現在漫画は3巻までが既刊。

031816_0642_14.png

【作中では登場人物たちの名前は登場せず、全員がその見た目や性格からの”愛称”呼びです。】




 

 とある県立高校に通う主人公「ギャル子ちゃん」を中心に、友達やクラスメイトそして周辺の人たちと会話をして盛り上がります。


 

 ギャル子ちゃんは見た目は派手な女子高生ですが、中身はいたってウブな純情派、更には親切で常識派な面も。そんな彼女が友達の”オタ子”や”お嬢”と一緒にガールズトークを楽しんだり、勘違いや意外なギャップに萌えたり(かなり?)Hだったり友情なんかもあったりと、ギャルな日常系&学園アニメ。


 

 Hカップ巨乳で少々口が悪いギャル子ちゃんですが、人の服の染み抜きや爪を整えてあげたりとなかなか面倒見が良く親切で、口が悪い自分のことを”毒舌家”だと勘違いをするとても愛嬌ある女の子です。

 

そんな彼女の周りにはとても個性的な友達や人物も多く、いつも一緒にいるオタ子とお嬢の他にも、ボーイッシュな女子の”王子”やネット大好きな”ネト郎”にノリのいい海苔屋の息子”ノリ介”と、名前(愛称)だけでもそのキャラクターが分かります。


 

 またギャル子ちゃんたち3人での”ガールズトーク”が中心なので、その台詞や発言が結構過激だったり、兎に角ギャル子ちゃんが超巨乳なので胸がゆっさゆっさとよく揺れました(笑)。


 




 

 以上「ギャグオススメアニメ」(現在放映中)から3本をご紹介させて頂きました。一時期四コマ雑誌から多くの日常系や4コマ作品などがアニメ化されましたが、今はweb発信からの作品が増えたようにも思えました(※後に書籍化されますが)。

 

やはりweb上では自由度が増すため新しい発想や方法での作品が登場できたり、多くの人に認知をしてもらえるのかもしれません。


 

 次回は「ギャグオススメアニメ」(これから放映予定)でお会いしましょう。




 - アニメ