コラムファンタジー

頭痛を原因別で治す!どこを冷やすか温めるか?悪化する?良くなる?

      2016/04/01


一言で頭痛といっても、その痛み、原因は人によって様々です。

そこで今回は、頭痛の原因別に治療法を紹介します。





 

緊張型頭痛

 

WS000000

画像参照元:http://www.enjoytokyo.jp/

 

緊張型頭痛は、精神的・身体的ストレスにより筋肉が固まり、

血流が十分に回らなくなるために起こります。

 

頭の周りを何かで締め付けられたような痛みを感じ、

肩こりや目の疲れも併発します。

 

また、人によって時々痛みが生じる「反復性緊張型頭痛」と、

常に痛みが伴う「慢性緊張型頭痛」があります。

 

そんな緊張型頭痛に効果のある治療法は次の通りです。

 

マッサージ

 

この頭痛の場合、首や肩の筋肉をほぐすことが重要です。

特に反復性緊張型頭痛の場合は、

頭痛が生じたら適度に身体を動かして筋肉をほぐすことが重要です。

 

入浴

 

首・肩など、筋肉の固まった部分を温めます

すると血管が広がり、血流が良くなります。

また、温めることにより筋肉も緩みます。

 

 

どうしても頭痛が改善されない場合、薬が処方される場合があります。

しかし、これらはあくまで気やすめなので、根本的な治療が必要になります。

 

①筋弛緩剤

筋肉の収縮を弱める薬です。

特に慢性緊張型頭痛の際に利用されます。

 

②抗うつ薬・抗不安薬

慢性緊張型頭痛の場合、

長期にわたる精神的ストレスが原因の場合があります。

そのため、ストレスを軽減させる薬を使用します。

 

③鎮痛薬

反復性緊張型頭痛の場合には痛みを軽減させる効果があります。

一方、慢性緊張型頭痛の場合、あまり効果はなく、

 

むしろ飲み続けることにより薬物乱用頭痛になる恐れもあるため、

注意が必要です。

 

 

このように、緊張型頭痛の場合、

筋肉をほぐすために温める必要があります。

 

そして普段から適度にストレス解消をし、

身体を動かすよう心掛けましょう。

 

片頭痛

 

WS000001

画像参照元:http://www.enjoytokyo.jp/

 

片頭痛は血管が拡張することによって起こり、

頭の片側や両側が脈打つようにズキズキと痛みます。

 

月1回・週1回など発作的に起こり、吐き気・嘔吐も伴うことがあり、

人によっては寝込んでしまう人もいるほどです。

 

そんな片頭痛に効果のある治療法はこちらです。

 

刺激を避ける

 

片頭痛が起きているとき、光や音に過敏になってしまう場合があります。

そのため、なるべく光や音の刺激を避け、しばらく安静にします。

 

痛い部分を冷やす

 

片頭痛は血管の拡張によって起こります。

そして、痛い部分を冷やすことで血管が収縮し、

痛みを軽減させることができます。

 

片頭痛を悪化させる食品を避ける

 

チョコレート・赤ワインなど、

血管を拡張させる作用を持つ食品はなるべく避けるようにします。

 

カフェインを含む飲料を飲む

 

カフェインには血管を収縮させる効果があるため、

血管拡張による痛みを軽減させることができます。

 

ただし、飲みすぎると害を及ぼす恐れがあるため、

注意が必要です。

 

 

どうしても我慢できない場合、頭痛薬を使用します。

 

①トリプタン系薬剤

・脳の血管の拡張を抑制

・三叉神経から放出される神経ペプチドの放出を抑制

・三叉神経が受けた刺激の情報が大脳に伝わるのを防ぐ

効果があります。

 

なお、この薬は頭痛が起きてから、

どうしても痛みががまんできないときのみ使用します。

 

②エルゴタミン製剤

トリプタン系薬剤を服用できない患者や、

あまり効果が見られない場合に一時的に利用される薬です。

血管を収縮させ、血管の拡張を防ぐ効果があります。

 

そのため、片頭痛が始まる前に服用する必要があります。

また、めまいや吐き気などの副作用も見られるため、

服用には注意が必要です。





 



群発頭痛

群発頭痛は片側の目の奥が強烈に痛みます。

 

WS000002

画像参照元:http://www.zutu-heian.com/

 

年に数回から数年に1回、発作的に起こり、

一度起こるとほぼ毎日、同じ時間に痛みが生じます。

群発頭痛で用いられる治療法はこちらです。

 

①誘因となるものを避ける

群発頭痛の原因はまだ分かっていません。

しかし、アルコールやタバコがきっかけで頭痛が起きる場合があるため、

群発期間にはアルコールやタバコを避けるようにします。

 

また、気圧の変化にも注意が必要です。

 

②薬物療法

発作時にのみ、トリプタン系薬剤が使用されます。

 

③純酸素吸入法

鎮痛薬を服用しても抑えられない場合、

医療用の純度100%の酸素を吸入します。

発作が起こったら、できるだけ早く行います。

 

気圧の変化

気圧の変化により血管が収縮・拡張し、

片頭痛の痛みが生じることがあります。

 

そのため、痛みを改善するためには

片頭痛の場合と同様の治療を行っていきます。

 

①光や音の刺激を避ける

②痛む部分を冷やす

③チョコレートや赤ワインを控える

④カフェインを含む飲み物を飲む

 

なお、日ごろから生活習慣を整えることで

気圧の変化による頭痛を予防・緩和することができます。

 

頭痛の治療の際、血管が収縮している場合は緩める為に温め、

血管が拡張している場合は収縮する為に冷やします。

 

それでもどうしても改善されない場合は、

病院でしっかり治療することが大切です。




 - 頭痛