コラムファンタジー

iQOS(アイコス)のメリット・デメリットは?普通のたばことの違いを比較!

      2016/11/30


033116_1128_1.jpg

 

 発売開始から実に約1年、着々とその知名度と売り上げを伸ばし続けている、この「アイコス(iQOS)」は、今や、たばこ産業の革命的な進歩、愛煙家たちの未来と言っても過言ではありません。

 

では、何故売れる?それは普通のたばこと比べるとメリットが大きいからでしょう。では、バカ売れするほどのメリットが、はたしてあるのか?当然、あります。しかし、メリットしか宣伝されていないアイコスですが、当然デメリットも存在するのです。

 

今回は、そんなアイコスに関する普通のたばこと比べたメリットやデメリットを考えていきたいと思います。

リンク アイコスセット:楽天通販最新記事はコチラ!11月30日更新

画像参照元:http://Moge-world.com

 

 

<普通のたばこでは実現できない!そのメリットは?>

 

 従来の電子たばこと大きく異なる点、それは「葉たばこを加熱する」という点です。この発想が、アイコスのメリットに大きく生かされている部分も多々あります。それではメリットを次のようにまとめてみましょう。

 

 

窓を開けなくても大丈夫!(かもしれない。)

 

 

部屋などの限られた空間で従来のたばこを吸う愛煙家の方々には、「換気」という行為は切っても切り離せないものでしょう。夏場は、基本的に暑いので窓をあけます。でも、クーラーなどの冷房をかけているときに窓を空けるのは、換気であってもテンションの下がる行為です。そして、冬場はどうでしょう。

 

暖房などでせっかく温めた部屋の窓を開けると、たとえ換気だとしても寒くて泣きたくなります。しかし、従来の愛煙家の方々は無条件でこの換気行為を繰り返さないと、おおよそ部屋が煙で立ち込めて目をやられます。

 

そこで、このアイコスです。葉たばこを使用しているにも関わらず、副流煙が一切出ません。なぜ、出ない?それは、葉たばこを燃やさず特殊プレートで加熱し、蒸気の微粒子と化しているからなのです。

 

こうして、部屋の中が煙にまみれることなく、こまめな換気を気にせずに、快適な環境下でたばこを吸うことが可能なのです!ただ、全く換気しないというのは、アイコス云々(うんぬん)の前に、その意味合いが違ってきますのでオススメはしません。アイコスだから換気しなくてよい、という考えには及ばないでください。

 

 

033116_1128_2.jpg

画像参照元:http://We-serve.co.jp

 

たばこによる火事の心配から解放される!

 

 

 あたりまえですが、従来のたばこは火を使います。どんなに消しても、心配はつきまとうものです。だがしかし、アイコスは火を一切使いません

葉タバコを加熱しますが燃焼させることはないのです。したがって、その吸殻も、そのままゴミ箱に捨てても火事になることは有りません、皆無です!安心安全アイコスなのです!

 

033116_1128_3.jpg

画像参照元:http://www.town.kitahiroshima.lg.jp

 

 

車の中でもアイコス!

 

 

 ≪窓を開けなくても大丈夫!≫の理由とほとんど一緒です。しかし、車は部屋よりももっと狭い空間です。当然、従来のたばこを吸っていると、車の中はヤニだらけです。しかし、アイコスは前述の通り燃焼させないのでヤニもでません。愛車が汚れることなく、愛煙家も大喜びです!

 

 

 

↑アイコスに自分だけのオリジナルの名前が彫れる!プレゼントにも!↑

 

 

アイコスは周囲に優しい!(かもしれない。)

 

 

 アイコスは、口から煙のような微粒子の水蒸気がでます。世の中の人の理解力の浸透性によっては、たばこを吸わない人も、気にしなくなるはずです。副流煙の出ないアイコスならではの周囲への優しさ、それはこれからの喫煙環境において、大きな革命をもたらすのではないでしょうか。

 

 

033116_1128_4.jpg

画像参照元:http://Carer.jp

 

灰皿不要!

 

 

 アイコスには、灰皿は不要です。でも、吸殻を捨てる何かは絶対に必要です。アイコスだからといって、ポイ捨てはオススメしません、いけません

 

 033116_1128_5.jpg

画像参照元:http://Jin115.com


<普通のたばこからは考えられない!そのデメリットとは!?>

 

 

上記のように、いくつもメリットのあるアイコスですが、今度はデメリットについて探ってみましょう。普通のたばこにはありえないことが、デメリットになっているようです。では、次のようにまとめてみました。

 

 

14回吸ったら終了です!

 

 

 従来のたばこの寿命(吸える時間)を考えたことはありますか?多分、そこまで深く考えたことは、ないでしょう。平均で約5分くらいとのことなのですが、アイコスもこれと同じく、1本の喫煙時間は6分間、もしくは14回吸うと終了という設定になっています。

 

これをデメリットとしてとらえるか、とらえないかは、人それぞれかもしれませんが、このことに、1つだけデメリットと感じる点があるとすれば、14回吸った、もしくは6分間経った時点で強制終了してしまう点ではないでしょうか。これに物足りなさを感じてしまうのは、愛煙家にとって自然なことなのかもしれませんね。

 

 

チャージャーを常に携帯!

 

 

 アイコスを使用する上での絶対条件が、専用チャージャーから充電するということです。よって、常に持ち歩かなければならないのです。このチャージャー、じつは結構大きいので、携帯にはいささか不便でもあるのです。また、万が一にも紛失したり、破損させた場合には、金銭的に1万円くらいの損失とのことです。100円ライターのようには扱わないことをオススメします。

 

 

フルチャージで20本!

 

 

 アイコスのチャージャーをフルに充電させても、たばこを吸える本数は平均20本、吸い方などにより、多くても30本ほどであるとのことなのです。そして、フルチャージまでにかかる時間は1時間半です。愛煙家の中には、この時間を我慢できるかできないかで、アイコスを使用できるかできないか、考えてしまう方もいるのではないでしょうか。

 

リンク 電子たばこリキッドのメリット・デメリットはコチラ♪

 

 

033116_1128_6.jpg

画像参照元:http://Garigarigamers.seesaa.net

 

<まとめ>

 

いかがでしたでしょうか。どんなものにもメリットとデメリットはつきものですが、このアイコスに限っては、普通のたばこと比較してメリットが素晴らしい反面、アイコス自体に関係するデメリットが浮き彫りにされているように感じられます。

 

ですが、この多岐にわたるメリットに関して、やはりアイコスは極めて優秀なのではないでしょうか。

そのなかでも、特筆すべき最大のメリットはやはり「副流煙が出ない」という点です。周囲への迷惑もなく、環境に優しいアイコスは愛煙家の未来の創造アイテムになっていくことでしょう。

アイコスのこれからの進展を楽しみにしていきたいと思います。

 

リンク アイコスセット:楽天通販最新記事はコチラ!11月30日更新

 

 - アイコス(iQOS)