コラムファンタジー

一人暮らしでのペットのオススメは?犬?猫?爬虫類?ウサギ・リクガメもおススメです!

      2016/05/19


 

お勧めペット

 

 一人で暮らしているとどうしても寂しくなってしまいます。

けれども、ペットを飼うとしてもどの子がいいのか悩みます。

それに、どうしても出かけるときペットは一人になってしまう…。

 

そこで、ペットの代表である犬・猫・爬虫類のメリット・デメリットを見ながら、一人暮らしにオススメのペットについて考えましょう。


画像参照元:http://realestate.yahoo.co.jp/

 

 

 

おススメペット 犬

画像参照元:http://inulog.net/

 

 従順でコミュニケーションが大好きな犬。

可愛がれば可愛がるほど愛情を返してくれます。

そんな犬を飼うときのメリット・デメリットは次の通りです。

 

メリット

 

①可愛がれば可愛がるほど応えてくれる

 犬はもともと人が大好き。

また、感情も分かりやすいため、可愛がれば可愛がるほど応えてくれます。

さらに、散歩を通してコミュニケーションを取ることができます。

 

②しつけで色々なことを覚える

 犬は基本的にしつけが必要です。

うまくしつけができないとわがままになってしまう一方、

うまくいったときの達成感はとても大きいものとなります。

 

デメリット

 

①お留守番が苦手

 犬は毎日散歩をしないとストレスが溜まってしまいます。

また、とても寂しがり屋なので、可能ならペットホテルなどを利用する必要があります。

 

②吠える

 犬はとにかく吠えます。ただし、しつけしだいで改善することも可能です。

 

③汚れに無頓着

 犬は汚れていても平気な様子。

そのため、シャンプー・ブラッシング・爪切りなどはすべて飼い主が行う必要があります。

このように、犬は一人暮らしで飼う場合には少々苦労します。

 

しかし例えばチワワや柴犬など独立心の強い子ならお留守番も大丈夫です。

一人暮らしで犬を飼う場合は、性格も考えながら種類を選ぶ必要があります。

 

 

おススメペット ヌコ

画像参照元:http://jmty.jp/

 

 単独行動を好み、自由気ままに生きる猫。

お付き合いするのは少々大変ですが、その行動一つ一つに癒されてしまいます。

そんな猫を買うときのメリット・デメリットは次の通りです。

 

メリット

 

①一人でも大丈夫

 猫はもともと単独行動する生き物です。そのため、お留守番も得意です。

 

②騒がない

 猫はあまり大きな声で鳴きません。

また、動く時も静かに動くため、近所迷惑になりません。

 

③ストレスが小さい

 猫は1日の8割は寝て過ごし、散歩もあまり必要としません。

そのため、狭い部屋でもストレスが比較的少なくなります。

 

デメリット

 

①家が大好き

 猫の性格にもよりますが、基本的に猫は家が大好き。

そのため、ペットホテルなどは嫌がる傾向があります。

 

②距離感がとりづらい

 猫はあまりかまってもらわないと寂しいと感じる一方、かまいすぎると逆に怒ってしまいます。

また、猫はあまり感情を表に出しません。そのため、少々距離がとりづらいです。

 

③爪とぎを壁にしてしまう

 爪がすぐに伸びてしまうため、壁にガリガリしてしまいます。そのため、専用の爪とぎを用意する必要があります。

 

④神経質

 これは猫の性格にもよりますが、中にはとても神経質な子がいます。

その場合、トイレが汚れているとそこで用を足さなくなってしまいます。

 

 普段から猫の周りをきれいにしておくことが必要です。

このように猫は、一人暮らしで飼うのにオススメの動物となっています。

 

ウサギ

 

おススメペット ウサギ

画像参照元:http://pet-takatsuki.jugem.jp/

 

 最後におススメするのはウサギです。最近はウサギをペットとしている人がいます。

ウサギの場合はいつも室内にいるので一緒に時間を過ごしやすく、体臭もしないので同じ空間にいてもストレスになりません。

 

 しかし、注意したいのはトイレの後です。

おしっこはかなりのニオイがありますので、毎回ちゃんと処理しないとニオイがこもります。

 

 

 

爬虫類

 

おススメペット 爬虫類

画像参照元:http://blogs.yahoo.co.jp/

 

 亀や蛇やトカゲなど、好き嫌いが激しい爬虫類。

しかしその顔は愛嬌があり、独特の動きに癒される方も多いです。

そんな爬虫類を飼うメリット・デメリットは次の通りです。

 

メリット

 

①静か

 爬虫類は基本的に鳴きません。

そのため、近所迷惑を考える必要もありません。

 

②邪魔にならない

 爬虫類は基本的に水槽やかごの中で生活します。

そのため、種類によりますが飼うときにあまり場所をとる必要もありません。

 

③楽に飼育できる

 猫や犬の場合、エサを毎回与えたり、手入れをしたりとけっこう手間がかかります。

一方爬虫類の場合は定期的に住処を掃除し、エサを与えれば比較的楽に飼育できます。

 

④長生き

 犬や猫の寿命はだいたい10年~15年ほど。

一方、蛇や亀は飼い方にもよりますが、30年ほど生きるものもいます。

長い期間パートナーとして過ごすことができるため、寂しい思いもしません。

 

デメリット

 

①におい

 爬虫類の場合、どうしても独特のにおいを発生させます。

また、定期的に住処を掃除しないとその匂いはとてもひどいものとなってしまいます。

 

②逃げやすい

 爬虫類の場合、猫や犬以上に外に逃がさないようにする必要があります。

爬虫類は犬や猫以上に逃げ出そうとします。

 

しかし逃げ出してしまったら、近所に迷惑をかけるだけでなく、生態系を崩してしまうこともあります。

そのため、飼うときには逃げないように細心の注意を払う必要があります。

 

③コミュニケーションがとりづらい

 爬虫類にはあまりしつけはできませんし、感情を表に出すことも少ないです。

そのため、あまり親密なコミュニケーションを取ることはできません。

 

 

このように、爬虫類は飼うのが簡単なので、一人暮らしの方に大変オススメです。

ただし人によって好き嫌いが激しいため、人を呼ぶ時には注意が必要です。

 

爬虫類おススメはこれ!リクガメ

 

おススメペット リクガメ

画像参照元:http://mopeponi.exblog.jp/

 

カメというと大きなものを想像してしまう人もいるかと思いますが、カメの中でも飼いやすいものは小型のリクガメです。

犬、猫などのペットを購入する費用に比べ、平均的には20000円程度と手が出しやすいこともあります。

 

温かいところを好むので、部屋の保温に気をつけるなど電気代がかかることはあります。

しかし、エサは野菜を食べるなど、エサ代に関してはそれほどでもありません。

 

 おススメペット 亀

画像参照元:http://ja.zimmermanns.wikia.com/

 

 リクガメの動きを見ているとかわいらしさを感じますし、ゆったりとした時間をペットと過ごせること間違いなしです。

 

 

 犬・猫・ウサギ・爬虫類、それぞれにメリット・デメリットがあります。

自分の住んでいる環境・好みに合わせて考えることが大切です。

 

 - ペット