コラムファンタジー

リキッド式電子たばこは灰が出る?出ない?飛行機で持ちこみOK?機内で吸える?

      2016/10/17


052016_0304_1.jpg
 

様々な種類と機能性を有し、世界規模のシェアを持つリキッド式電子たばこは、今や従来のたばこを脅かすまでの存在にまで成長しています。

それは時としてスタイリッシュであり、ニーズによってはレトロなパイプ調のものまでと、その生産種類の幅広さも特徴の1つともいえるでしょう。

画像参照元:http://Gigazine.net

 

 

 

そこで今回は、リキッド式電子たばこは「灰が出るのか?」ということや、「機内で吸えるのか?」という、リキッド式電子たばこを既に使用されている方は、普段あまり感じたことのない素朴な疑問について、考えていきたいと思います

 

リンク リキッド式電子たばこ:10月17日更新!楽天通販最新情報はコチラ♪

 

 

 

 

灰は出る?出ない?灰皿はもういらない?

 

052016_0304_2.jpg

画像参照元:http://www.afpbb.com

 

 リキッド式電子たばこは、その構造上「どうやっても灰はでません」と答えてみます。

よって、灰皿は電子たばこにとって「絶対的に不要」であると言い切れます。

では、なぜ灰がでないのか?答えは、「何も燃やしていない」からです。

 

その理由は、リキッド式電子たばこは、リキッドと呼ばれる液体を電気の力で気化させることにより、吸いこむシステムになっています。

また、最近ではリキッド式ではなく「プルームテック」のように「カートリッジ式」である電子たばこや、「アイコス」のように「ヒートスティック式」という電子たばこも存在しますが、これらも理由に若干の違いがあるにせよ、結果的には全く同じことが言えます

 

というわけで、灰が出ること自体が「物理的に不可能」なので、もう一度言いますが「どうやっても灰はでません」と答える事が出来ます。

 

 

 

電子たばこは、飛行機でも持ち込める?さらに機内では吸えるの?

 

052016_0304_3.jpg

画像参照元:http://電子タバコリキッド人気ブランド比較.com

 

・持ち込めるぞ!電子たばこ!!

 

リキッド式電子たばこの機内の持ち込みは、そのほとんどが「問題ない」とされているようです。

ただし、可燃性の紙たばこのように荷物としては預けられません

これは、電子たばこが誤作動を起こして、発熱や発火する恐れが拭い切れないのが原因とされているようです。

 

 

 

・吸えるのか!?電子たばこ?

 

リキッド式電子たばこを飛行機等の機内で吸っても良いものか?誰しも考えるこの疑問の「結論」だけを先に言ってしまえば、それは「吸えるはずがない」という答えが、ほぼ正解になります。

では、なぜ「吸えるはずがない」のか?それには次のような理由があります。

それでは、飛行機を例とした場合で考えてみましょう。

 

まず、チェックインの時点であらかじめ乗務員に、電子たばこを使用するという旨(むね)を伝えます

ここでは、絶対にこの件(くだり)を、説明しなくてはならないのです。

万が一、無言無断で吸いだしたものなら、すぐさま「お縄」になりますので、それだけは避けて頂きたいという経緯からです。

 
 

 

つぎに、乗務員が状況をふまえた上で、周囲のお客様に迷惑がかかるか、誤解を招かないかなど色々と問題点を考えたうえで、最終的には航空会社の規則と照らし合わせて判断することとなるでしょう。

しかし、ANAやJALをはじめ、多くの航空会社は、機内での電子たばこの使用を、いかなる理由をもってしても「禁止」しているのです。

 

ただし、この件にも各航空会社によって細かく規定があり、限りなくゼロに近い可能性ではありますが、「電子たばこの喫煙は可能である」という規則のある航空会社が存在すれば、機内での喫煙も可能なのかもしれません。

 

アイコスでも飛行機で吸えるのかを同じような説明を致しました。

 

しかし、いかに電子たばこが可燃性たばこほどの害がないにせよ、ここでは周囲への迷惑や危険性を航空会社の規則云々(うんぬん)の前に、一個人(いちこじん)として、一番に考えるのが、正しい人間性の持ち主ではないでしょうか。

 

というわけで、人間性の域まで達したときの感情論として「吸えるはずがない」という答えが、ほぼ正解と考えられるわけです。

 

 

まとめ

 

 

052016_0304_4.jpg

画像参照元:http://Blog.goo.ne.jp

 

このように、リキッド式電子たばこは、その構造上「灰が出ない」ことや「機内への持ち込みは可能」であっても、「機内では使用できない」ということがお分かり頂けたことと思われます。

 

また、どうしても機内で「ニコチンを摂取したい!」というわがままな方には、「ニコチンガム」の使用をオススメいたします。

「ニコチンガム」は、機内への持ち込みが可能であり、「くちゃくちゃ」と音を立てなければ周囲へ迷惑をかけないので、おいしく戴けます。

 
 

 

 

というわけで、「くちゃくちゃ」せずに静音でしっかりとニコチンをかみしめて、着陸まで凌いでみてはいかがでしょうか。

 

リンク リキッド式電子たばこ:10月17日更新!楽天通販最新情報はコチラ♪

 

 - 電子たばこ