コラムファンタジー

プルームテックは灰が出る?出ない?飛行機で持ち込みOK?機内で吸える?

      2016/11/20


culture_topimg_024
 

通常のたばこを吸っている方なら、毎回たばこから灰が出てしまう事に苦慮してしまう方が多いかもしれません。

その灰のせいで、周りに迷惑をかけてしまうからでしょう。

 


 

更に、灰皿があるところで無いと吸えないという、場所の制限もあります。

また、機内への持ち込みや喫煙についても悩ましいところですね。

今回はプルームテックの灰の有無から機内に絡んだ事を紹介します。

画像参照元:https://e-cigar.uk.com/

 

 

 

灰は出る?出ない?灰皿はもういらない?

 

プルームテック 灰・灰皿

画像参照元:http://www.recyclemart-hiraoka.com/

 

プルームテックからは、灰が出てしまうのでしょうか。

 

普通のたばこでしたら、吸うたびに燃え尽きたたばこ葉が灰となって出てしまいます。

プルームテックもたばこの一種なので、一見灰が出てしまいそうに見えるのですが、灰は一切出てきません

 

その理由として、プルームテックは火を使わないからです。

火を使わずに、更に直接たばこ葉を加熱しないで霧状化し、それをたばこカプセルに通過させて使用するので、灰が出る要素が一切ありません。

その為、灰が出てしまう心配はご無用です。

 

という事は、灰が出ないので、灰皿も必要ありません

その為、わざわざ灰皿のある場所にまで徘徊したり、喫煙室に押し込まれるというのがもう無いのです。

つまり、場所に縛られなく済むので、車でも部屋でもトイレでも吸いたい時に吸う事が出来ます。

 

唯一の懸念は「たばこカプセル」の廃棄ですが、たばこカプセル1つで50回程度吸う事が出来るので、特に心配はいらないかと思います。

もちろん、使い切ったら取り換える必要がありますが、カプセル式なので、そこまで気にならないでしょう。

灰が出ないので、安心して吸えますね。

 

 

 

飛行機等の機内では吸えるの?

 

プルームテック 飛行機 機内

画像参照元:http://www.s-arcana.co.jp/

 

それでは最大の疑問であるプルームテックは機内で吸う事が出来るのでしょうか。

もし、プルームテックが機内で吸う事が出来たら、喫煙家にとってはこれまでに無い快挙となるはずです。

 

そもそも、何故通常のたばこは機内で吸ってはならないのでしょうか。

実は、たばこは手荷物として機内に持ち込む事は可能です。

 

ただ、機内へ持ち込む事は可能ですが、機内全体「禁煙」となっている為、そもそも吸う事が出来ません

トイレの中でも同様で、トイレには更に火災報知器や煙検知器が取り付けられているので、バレないからといって吸ってはなりません。

 

では、煙の無いプルームテックはどうなのでしょうか。

屁理屈のようになってしまいますが、プルームテックは煙が出ないのだから、別にいいのでは無いでしょうか。

 

その前に、そもそもプルームテックは機内への持ち込みは大丈夫かというと、たばこと同じで、プルームテックも持ち込みが大丈夫です。

ですが、ここで問題があります。

プルームテックを機内へ持ち込む場合の条件があるのです。

 

それは、プルームテックはバッテリー、カートリッジ、たばこカプセルを分離した状態で無いと、持ち込む事はおろか、預ける事も出来ないのです。

詳しい説明は省きますが、発熱体があり、リチウムイオン電池を持つ機器類は、充電池を取り外せるようにしておかなければならないという事です。

 

つまり、機内にいる間は常に分離しておかなくてはならないので、必然的に機内で吸う事は叶わないでしょう。

まとめると、プルームテックは機内へ持ち込む事は出来ますが、発熱体、リチウムイオン電池を持つ為、分離して持ち込む必要がある為、そのため、機内で吸う事は出来ません

 

 

まとめ

 

いかがでしたでしょうか。

 

プルームテックは灰が出ないという事で何処でも吸えると思いきや、まさか機内で吸う事はおろか、分離しなくてはいけないとは驚きでしたね。

他のサイトやブログを見ると、持ち込み可能となっている事が多いですが、正しくは「分離してから」が正しいようなので気をつけて下さい。

 

リンク プルームテックシール:最新販売情報はこちら♪11月20日

 

 

もちろん、灰が出ないので色んなところで好きな時に吸える事は事実。

是非、プルームテックによる外出等をエンジョイしてみてはいかがでしょうか。

 

 - プルームテック