コラムファンタジー

睡眠障害・不眠症が子供にも!?原因は?サプリ・アロマが効果的!

   


 

睡眠障害・不眠症 子供
 

近年、「ストレス社会」という名のカオスは止まることを知らず、老若男女問わず、全ての人間にその猛威を振るっています。

そんな、ストレス社会が生み出した驚異の病魔である「不眠症」は、今や大人たちだけではなく、若い世代にも蔓延しつつあるのです。

 

高校生や中学生、果ては小学生に至るまでの不眠症の増加という、ある種の社会問題ともいえるこの現象を解消する手立ては存在するのでしょうか?

じつは、存在したのです!

 

しかも、それは私たちの身近にある、「サプリメント」や「アロマ」にあったのです!

 そんなわけで、今回は若い世代が不眠症に悩む原因と、その対策には「サプリメント」や「アロマ」が効果的であるというお話をしていこうと思います。

画像参照元:http://Moomii.jp

 

 

 

何故、眠れない!?子供たちの不眠症とは!?

 

近年、増加傾向にあるといわれている若い世代の不眠症、その原因とは次のようなものが主であるようです。

 

・小学生は、眠れない!というプレッシャーが眠りを遠ざけている!

 

睡眠障害・不眠症 子供

画像参照元:http://Moomii.jp

 

これは、子供自身が「眠らなくちゃいけない!!」と焦ってしまうことにより、全く寝付けなくなってしまうという現象で、眠るということにプレッシャーを感じてしまうのです。

こんなときに必要なのは、両親の気づかいであり、たとえばそれは「目を閉じるだけで、大丈夫だよ!」とか「無理に眠らなくても、自然に眠くなるよ!」などの温かい言葉でもあります。

 

結論をいえば、眠れない子供に「早く寝なさい!」と叱りつけ、無理に眠らせようとすること、これが一番やってはいけないことなのです。

眠れない小学生を持つ親の方は、優しい言葉で子供を眠りへ誘ってあげましょう。

 

 

・急増する中学生、高校生の不眠症、その原因は「脳の活性化」!?

 

睡眠障害・不眠症 子供

画像参照元:http://www.techjo.jp

 

 脳の活性化と聞くと、あまり悪いイメージがないように思えますが、人が「眠る」ということに関していえば、じつはあまり良いことではないのかもしれません。

その理由を裏付ける要因、それが近年大流行、今ではほとんどの方が所持されている「スマートフォン」なのです。

 

スマートフォンを操作すると、ブルーライトで脳が活性化されるだけでなく、脳内の自律神経が交感神経を刺激してしまい、眠りに必要不可欠である副交感神経の存在を遠のけてしまうのです。

(自律神経と副交感神経については、前回の記事を参考にして頂けたら幸いです。)

 

 

中高生はスマートフォンで眠れない!?

 

睡眠障害・不眠症 子供

画像参照元:http://Nagata-s.jpn.com

 

というけで、中高生の不眠症として一番多くあげられる原因、それは「スマートフォン依存症」なのです!

しかし、不眠症になってまで、それでもスマートフォンを依存的に操作する理由とは?

 

「その答えは、中高生に訊くがよい!」などと当たり前のこと言ってしまうと、身も蓋もないので、簡単に説明しますと、これも一重に「現代社会におけるカオス」なのです!

・・・と、これも身も蓋もない言い方になってしまいましたので訂正します、つまりはこういうことです。

 

スマートフォンを手放せないという事実、それは現代の中高生ならではの「人間関係」や、その「利便性」が強く影響しています。

中高生の間での「唯一のコミュニケーション」のやり取り、それが「スマートフォン」なのですから、切っても切り離せないのも当然なのです。

 

しかし、その子達の親の世代は、それが「完全に理解できない」方が多いのです。

それも、ジェネレーションギャップといいましょうか、至極当然なことでしょう。

しかし、その至極当然なことを、ほんのわずかでも理解してあげることにより、中高生のストレスや親との関係性を改善させ、精神面に関しては「良い関係」を築くことができるはずなのです。

 

もし、あなたのお子さんが食事中に「LINE」で友達と会話をしていても、「食事中に、何をしているんだ!やめなさい!!」と、まるで重罪を犯した子供を叱りつけるような剣幕で迫るのではなく、そこには「中高生ならではの人間関係がある」という、重要性に目を向けてあげることで、「敢えて注意しない」という選択肢も「大いにあり!」であるということです。

 

ここでは自身の子供と分かりあうということが重要であり、子供は理解ある親であれば、自然と話す機会が増えていくでしょう。

それによって、スマートフォン依存症は少なくとも家の中では緩和されるのではないでしょうか。

そして、眠る前に脳を活性化させることなく、自然に眠りにつくこともできるようになるはずです。

 

ただし、これは「正論か?」と訊かれたら、そうではないと答えます。

あくまで「不眠症の対処法」の1つとして考えて頂くことを、どうかご理解願います。

 

 

 

若い世代の不眠症、その物理的な対策とは?

 

睡眠障害・不眠症 グッドナイト27000

画像参照元:http://www.anmin-supplement.com

 

↑購入ページはこちら↑

 

ここで本題に入りますが、若い世代の不眠症に効果があるもの、ズバリそれは「サプリメント」や「アロマ」なのです。

不眠症であるという理由で、医師に相談して「睡眠薬」を処方いてもらうのも手段の1つではありますが、その前にこれらを試してほしいのです。

 

その理由は、「サプリメントは睡眠薬とは違い安全」だからなのです。

何故か?それは副作用も依存性もないからです。

また、このことから、今や不眠症を改善させるためのサプリメントは多数存在しておりますが、その中でも特にオススメなのが「グッドナイト27000」というサプリメントです。

 

「グッドナイト27000」についての詳しい説明は、ここでは割愛させて頂きますが、(詳しくは、前回記事を参考にして頂けたら幸いです。)

現在、多数存在している不眠症対策サプリメントの中では、極めて安全性と効果の高い優秀なサプリメントなので、是非ともお試し頂きたい限りです。

 

また、アロマに関しても「アロマージュオリジナル エッセンシャル」シリーズなど、その香りだけで、心と体をリラックスさせることができる成分が配合されています。

当然、体に有害性があるものや、副作用、依存性なども全くないので、純粋に「香りを楽しむ」ことから始めてみてはいかがでしょうか。

(アロマについても、詳しくは前回記事を参照頂けたら幸いです。)

↑購入ページはこちら↑

 

まとめ

 

いかがでしたでしょうか?

このように若い世代の子供たちでさえ、不眠症という現代のストレス社会から派生した病魔に飲み込まれつつあること、さらに、その対策として、精神面では「親と子のコミュニケーション」であり、物理的にいうならば「サプリメント」や「アロマ」といったものが効果得的であるということが、分かって頂けたことと思います。

 

また、何故、子供までもが不眠症になるのか?

 

それは、子供たちが「得てして大人たちのエゴに巻き込まれている」という可能性があるからです。大人たちの、自身の都合や諸事情で「夜の繁華街」に小さな子供や小学生を連れ回すという親が急増していることも、この原因の1つであると思われます。

 

法律上の条例では「夜10時以降は16歳未満の方は出入り禁止」であるお店も増えていますが、両親同伴であった場合、そこに求められる刑法は極めて薄く、取り締まりも厳しいとは言い難いものがあります。

 

つまり不透明で緩いのです。この事実を重きに受け止め、そこに甘んじることなく、適切な生活習慣を子供のために、まず大人が全うすること、それこそが小さな子供までもを不眠症にしないための「本当の意味での解決策」であると考えるべきではないでしょうか。

 

 - 不眠症