コラムファンタジー

酵素を多く含む食べ物・飲み物は?野菜や果物にも含まれている?

   


 

酵素 食べ物・飲み物
 

突然ですが、こんな質問をしてみたいと思います。

あなたは普段の食事のときに、「つねに酵素のことを意識した食事」というのを心がけていますか?

「正直、あまり意識したことはない。」と、こう答える方が圧倒的に多いのではないでしょうか。

 

これは当然と言えば当然のことかもしれません。

普段の生活環境の中で、常日頃から「酵素」のことを念頭に置いて生活している方は、極めて数少ない、いわば「その道のプロ」だけだと思うのです。

画像参照元:http://e-bio-corp.com

 

そう、ごく普通の人が食事の際に気になること、それは食事に対しての「味の良し悪し」がほとんどであり、また、少なからず「ビタミン」や「糖質」を気にする方もいれば、あるいは「脂質」などを気にする方がいる・・・と、そんな感じではないでしょうか?

よって、ごくごく普通の方は、食事の最中に「おいしい!」や「不味い!」というような「感想」を言うことはあっても、これみよがしに「酵素が足りない!」と言うような方はあまりいないと考えられます・・・よね?

 

しかし、そんな酵素の存在、それは前回も説明させて頂いたとおり、人間の生命維持と深く関係している重要な存在なのであり、あなたがこれから健康に生きていくうえで、酵素というものは、なくてはならない存在なのです。

 

でも、どうでしょう?そんな簡単に「酵素に敏感」になれるものなのでしょうか?

というより、まず、「何をどうしたらよいのか?」さえ、分かっていない方も多いことだと思われます。

 

というわけで、今回は酵素を多く含む食べ物や飲み物について、これからお話させて頂こうと思います。

 

 

 

酵素を含む食べ物とは!?

 

酵素 食べ物・飲み物

画像参照元:http://www.binchoutan.com

 

酵素を含む食べ物って、いったい何でしょうか?というか、そんなことを今まで考えたことはありますか?

それは「栄養士」や「研究者」、あるいは「料理人」というジャンルの、食材や酵素のことに精通する「その道のプロ」であれば、当たり前すぎる話であり、それこそ「とんだお笑い草だぜ!」という感じなのでしょう。

 

しかし、一般の方にはある意味で、それは「世智辛い世界観」であり、それに対する知識も極めて乏しいものであるということを念頭に、これから酵素を多く含む食べ物について、詳しく説明していきたいと思います。

酵素を多く含む食べ物、その正体はズバリ!「生野菜」だったのです!!・・・以上です、終わります。

 

酵素 食べ物・飲み物

画像参照元:http://Xn-obk-392h1rgev8ativ.com

 

 

「いやいや、ちょっと待ってください!」と、そんな声が聞こえてきそうな予感がします。

「具体的に、どんな食べ物なの!?」と、そんな声も聞こえてきそうですね。

「というか、なぜ生野菜なの!?」と、本来は最も説明すべき要素である気もしますね。

 

そうですよね、こんな簡単に終わらせてはいけません。

というわけで、これらの質問の解説を含め、改めて説明していこうと思います。

 

まず、「なぜ生野菜なのか?」についてですが、これには酵素が存在する上での科学的な根拠があるのです。

その根拠とは、「食物の酵素は50度以上の熱を加えてしまうと、あまり働かなくなる!」ということなのです。

 

つまり野菜に対して、「ゆでる」、「煮る」、「炒める」、「揚げる」などの行為は、野菜の酵素を「ニート化」させてしまうことになってしまうのです。

どれだけ素晴らしい能力を持っている酵素であっても、ニートになってしまったら何の意味もありません。

 

また、「酵素は時間が命!」なのです。

じつは、野菜を収穫した段階からでさえ、空気に触れた酵素は徐々に消失してしまうということが判明しています。

さらに、「千切り」のように細かくして断面を空気にさらしている状態だと、酵素を大量に消失させてしまうのです。

 

ただし、このように加熱や千切りした場合でも、酵素が完全に消失するわけではないので、当然、酵素を摂取することはできます。

つまりは、一切加工しない取れたての生野菜であればあるほど、たくさんの酵素を含んでいる!ということです。

 

つぎに、「具体的にどんな食べ物が酵素を多く含んでいるのか?」ということですが、これは「生野菜」だけに限らず、じつは「果物」にも多くの酵素が含まれているのです!

というわけで、その代表的な野菜や果物を次のようにまとめてみました。

 

 

 

酵素が多く含まれる野菜の例


・ブロッコリー
・キャベツ
・アボカド
・セロリ
・にんじん
・ピーマン
・大根
・タマネギ
・トマト
・ホウレンソウ
・ニラ
・ゴーヤ
・ジャガイモ
・ナス
・パプリカ    

このように、色々な野菜から酵素は摂取できますが、「生で食す!」のはあくまで酵素を効率よく摂取するという目的上の理想なので、「生じゃ食べられない!」という方は、気兼ねなく煮るなり焼くなりして、食べて頂くことをおすすめします。

 

 

酵素が多く含まれる果物の例


・いちご
・キウイ
・バナナ
・マンゴー
・パイナップル
・グレープフルーツ
・りんご
・プルーン
・イチヂク
・梨
・パパイヤ
・ぶどう

このように、酵素を体内に取り入れることができる果物も数多く存在していますが、その中でも特に素晴らしいのが、じつは「パパイヤ」なのです。

これも前回説明しましたが、通常「1つの酵素は、限られた1種類の物質しか分解できない」のですが、パパイヤが持っている「パパイン酵素」は、「糖質・たんぱく質・脂質」という3つの栄養素を分解することができる、特殊な酵素なのです。

酵素 食べ物・飲み物

画像参照元:http://e-hatomugi.jugem.jp

 

酵素を含む飲み物とは!?

 
 

 

 酵素を体内に取り入れるため、野菜や果物を「食べる!」という以外にも、じつは「飲む!」という方法もあるのです。

「いやいや、いまさら何を言ってるの!?」と、お思いのことでしょうが、じつはこれが意外にも盲点なのです。

 

よく考えてみてください、あなたの身近なところで言うなら、そう、たとえば自動販売機やスーパーなどで売られている飲料製品を例にあげてみましょうか。

はたして、「酵素入り」と書かれた安価なジュースは、そこに売られていますか?

絶対に売っていない、存在しないとは言い切れませんが、まず見かけないことでしょう。

 

そう、どこにでも売られている野菜や果物と違い、「酵素が摂れる飲み物」は、自身で探す、あるいは、自身で作るなどしなければ飲めないのです。

 

というわけで、酵素を含む飲み物は、自らミキサーなどで作る「スムージー」や、商品化され通販などで売られている「酵素ドリンク」となってくるわけです。

野菜や果物を「スムージー」にして酵素を摂取する場合、先程も言ったように酵素は粉砕することや熱に弱いので、あまり砕き過ぎず、なるべく低速で回転させて熱量を与えないようにしてあげると、より効率的に酵素を摂取することができるようです。

 

また、通信販売などで販売されている「酵素ドリンク」は、各社メーカーが「どうやったら酵素を効率よく摂取できるか」ということを重点的に考えて作り込まれているので、これを飲むことによる酵素摂取には、抜群の効果を期待できることでしょう。

 
 

 

まとめ

 

いかがでしたでしょうか?

このように、野菜は加熱、加工を施してしまうと酵素が摂取できる効率がさがってしまうので、なるべく「生」のまま食べて頂くことが良いということがお分かり頂けたことと思います。

 

また、飲むことで酵素を摂取する場合には、自身でスムージーなどを作る方法や、通販で売られている酵素ドリンクなどを試すという方法も、十分に効果は高いのでオススメといえるでしょう。

酵素は、ダイエットにも良いとされていますが、その本来は、人間の体に「なくてはならない存在」でもあるので、この記事を参考に酵素について改めて見直し、健康のために効率よく酵素を摂取して頂けたら幸いです。

 

 - 酵素