コラムファンタジー

ペニースケートボードの乗り方の基本テクニック!プッシュ・ターン!

   


 

ペニースケートボード 乗り方 基本動作 乗り降り 止まり方
 

さて、前回、王宮の戦士からペニーに身をゆだねる方法を教わり(?)、メタルスライムを追いかけることで、ペニーで滑るということに慣れ親しんだ(?)あと、高橋名人のテクニックを伝授されたことで、その止まり方や降り方までマスターできた(?)ことと思います。(※何のことやらさっぱりの方は、前回記事を参照して頂けたら幸いです。)

 

このように、ペニーの基本的な動作や扱い方を覚えたあと、今度は基本的なテクニックについて学んでいくことが大切なのです!

そこで、今回はそんなペニーの超基本的なテクニックである「プッシュ」と「ターン」について、お話しさせて頂こうかと思います。(大丈夫!今回は、ちゃんと真面目にお話します。)

画像参照元:http://Ilovepenny.net

 

 

 

 

 

ペニー基本走法技術その1、「プッシュ」とは!?

ペニーのようなスケートボードを含め、全てのスケートボードで、スケーティングやクルージングをするのに必要不可欠な技、それが「プッシュ」と呼ばれるテクニックです。

では、このプッシュ、それはいったいぜんたい、どのようなテクニックなのでしょうか?

 

まず、ペニーに片足で乗った状態をイメージして下さい。

その状態のまま、ペニーに乗せていない方の足で、地面を前方へ蹴り、その力を利用してペニーと一緒に前進する技術、それがプッシュなのです。

 

また、この技術はペニーだけでなく、従来のスケボーの基本動作としても有名で、これができないと、ぶっちゃけ・・・なにもできません。

というわけで、この技術をマスターしない限り、ペニーでのスケーティングやクルージングを楽しむことはできないので、スムーズにできるようになるまで、ひたすら練習することをオススメします。

 

ちなみに、この技のコツは、前回の「ペニーの止まり方や降り方」のくだりで、高橋名人が頑なに言っていた(?)重心の移動にも関係してきます。

そう、「重心は常にペニーに乗せている足の方に置くこと!」それがプッシュでスケーティングするための絶対条件とも言えるのです。

 

ペニースケートボード 乗り方 基本動作 乗り降り 止まり方

画像参照元:http://www.nollieskateboarding.com

 

このように、ペニーの上の足に全体重をかけながら体をしっかり支え、ペニー全体と自身の体を前に強く押し出す気持ちで、体の真横より少し前方に片方の足を出したら、すぐさま地面を強く蹴り出すのです!

こうして、ペニーと自身の体が前方向に進んだと同時に、あわてることなく、しかし、速やかに、蹴り出した足をボードの上に戻し、両足でバランスをとって進みましょう。

 

こんな感じで、プッシュを繰り返していくことで、どんどんスピードが上がっていき、ペニーでのスケーティングを楽しむことができるようになるのです。

最後に、上達するためのコツとして、次のような点が挙げられます

 

 

1. 怖くても下を向かない!?顔は正面をしっかり見ること!

「あたりまえ」なことかもしれませんが、最初は怖くて下を見てしまいがちです。

でも、克服して下さい!なぜなら、前を見ないとモノやヒトに衝突するからです。

 

2.軸足の向きに気を付けて!?乗せている足は進行方向へ向けよう!

プッシュする際、ペニーに乗せている方の足の向きは、ペニーに対して「横」ではなく、「縦」にすることです。

これはキックボードなどをイメージすると分かりやすいかもしれませんが、逆に足を横向きにして地面をけるほうが、結構難しいかもしれません。

 

ペニースケートボード 乗り方 基本動作 乗り降り 止まり方

画像参照元:http://www.nollieskateboarding.com

 

3. とにかく漕ぎまくる!?乗せている片足だけで進めるようになりましょう!

プッシュを上達させるには、プッシュしまくることです。片足で重心とバランスをキープして、ガンガン漕ぎまくる練習をしましょう!

 

 

 

ペニー基本走法技術その2、「ターン」とは!?

 

ペニースケートボード 乗り方 基本動作 乗り降り 止まり方

画像参照元:http://www.nollieskateboarding.com

 

「プッシュ」が直進、加速の基本動作であるならば、「ターン」とはペニーの左右の方向転換をするのに必要な基本テクニックなのです。

そう、ペニーでクルージングを楽しむためには、プッシュとターンの双方をマスターしなければならないのです。

 

では、どうやったらペニーでターンをすることができるのでしょうか?

それには、まずペニーなどのスケボー仕組みを簡単に理解しておく必要があるでしょう。

 

ペニーや従来のスケボーには、トラックと呼ばれる車輪と本体を接続している部分が存在し、このトラックの中で働いているデッキをクッションさせる部品のおかげで、重心を傾けるだけで、簡単に左右に方向を変えることができる仕様になっているのです。

ということは、ペニーに乗った状態で右に曲がりたいときは、重心を右に傾けてあげればよい、ということになりますよね?

そうです、当然、左なら左に重心を傾けるだけでよいのです。

 

ペニースケートボード 乗り方 基本動作 乗り降り 止まり方

画像参照元:http://Ilovepenny.net

 

でも、ただ単に、重心を傾けるだけだと、綺麗に曲がれない感じがしたり、コケそうになって失敗してしまいそうですよね?

というわけで、プッシュ同様、ターンするときのコツを次のようにまとめてみました。

 
 

 

 

1. 右、左というより、お腹と背中で考える!?

右に曲がるとき、左に曲がるとき、それぞれ共通していると思われがちですが、前回少しだけ触れた通り、乗り方は人によって2種類存在します。

そう、軸足を右足にするか左足にするかによって、右に曲がる動作、左に曲がる動作、それぞれが、全く逆になるのです!

それなので、共通したターンのやり方の説明としては、「お腹」のほうに曲がる場合と「背中」の方に曲がる場合で考えることが基本となってくるのです。

 

2. バックサイドターン、お腹の方に曲がる場合!

ペニーの足のつま先に重心を移動させると、お腹の方向に曲がることができます。

 

3. フロントサイドターン、背中の方に曲がる場合!

ペニーの足のかかとに重心を移動させることで、背中の方向に曲がることができます。

 

4. 棒立ちはNG!?膝をしっかり曲げて曲がりましょう!

ペニーのようなスケボーだけでなく、スキーやスケート、スノーボードなど、全てのスケーティングに共通する基本事項でもありますので、体にしっかり覚えさせましょう!

 

ペニースケートボード 乗り方 基本動作 乗り降り 止まり方

画像参照元:http://Cyberspaceandtime.com

 

5.怖くても下を向かない!?顔は正面をしっかり見ること!

プッシュ同様、「あたりまえ」なことです。

最初は怖くて下を見ずに、克服して下さい!なぜなら、前を見ないとモノやヒトに衝突しますから・・・。

 

6. 坂道で練習!?スピードなくしてターンはならず!

普通に考えてみてください、スピードが出ていない状態で、どうやって曲がれますか?

曲がれないでしょう!だからこそ、坂道!・・・とはいえ、急な坂でやれ!とは言いません。

比較的緩やかな坂道で、左右にゆっくり流れるように走行することで、ターンのコツをいち早く掴むことができるのではないでしょうか。

 

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

このように、ペニーでクルージングを楽しむためには、「プッシュ」と「ターン」といった基本的な走行テクニックをマスターしなければならないと言うことが、お分かり頂けたことと思います。

また、ターンの区別は右、左ではなく、お腹と背中で考えることが重要で、お腹の場合はバックサイド、背中の場合はフロントサイドと区別されていることも、お分かり頂けたことと思います。

 

一般的には、お腹で曲がる方が簡単で、背中側に重心を傾けて曲がることの方が難しいとされているので、背中側、つまりフロントサイドターンの上達が、ターン上達のカギを握っているのかもしれません。

そんなわけで、まずはプッシュやターンを覚えて頂き、ペニーでクルージングを楽しむことを目標に頑張ってくださいませ!

陰ながら応援しております!!

 

最後に、次回は上級技の1つ「ポンピング」についてお話させて頂く予定ですので「今回の記事が役に立った!」と、もしも、少しでもそう思って頂けたならば、ぜひ読んでみてください!ご迷惑はおかけしませんから!(笑)。

 

 - ペニー