コラムファンタジー

ニンテンドークラシックミニ【スーパーマリオブラザーズシリーズ・3】説明・攻略!

   


 

ニンテンドークラシックミニ スーパーマリオブラザーズシリーズ・3 説明・攻略
 

 

任天堂の看板作とも呼べる「マリオシリーズ」

1983年に任天堂よりファミリーコンピューターで発売された『マリオブラザーズ』は、『ドンキーコング』などに登場していたマリオと双子の弟ルイージが主役であり、初めてタイトルに「マリオ」の名を冠したアクションゲームです。

因みに『ドンキーコング』でのマリオの職業は「大工」でしたが、「ゲームウォッチ版」では「工場作業員」、そして『マリオブラザーズ』でようやく「配管工」と呼ばれるようになります。

 

その後マリオゲームはシリーズ化され、「固定画面」から「横スクロールアクション」の『スーパーマリオシリーズ』と大きな変化をするのです。

画像参照元:https://www.nintendo.co.jp/clv/

 

 

 

『マリオブラザーズ』

 

ニンテンドークラシックミニ スーパーマリオブラザーズシリーズ・3 説明・攻略

画像参照元:https://www.youtube.com/watch?v=3GQ02nXQQiM

 記念すべき「マリオシリーズ」第一作目

固定画面と呼ばれる一画面の中でゲームが進められ、次の画面に進むにはステージ上の敵を倒して一面、二面と順次クリアして行きます。

もちろん面(フェイズ)が進むにつれ難易度は上昇。

 

遊び方は土管から出現してくる敵キャラを、マリオが床下から突き上げ(ジャンプして下から叩いて)気絶させ、さらに蹴り落とし倒したその得点やコインの数を競います

敵一匹を倒すとコイン一枚を貰えますが、複数の敵をまとめて倒すと得点の倍率などが変わると同時に、コインも多く回収できるのです。

 

ゲームスタート時と次ラウンドで新しく登場する敵キャラは、名前と同時に倒し方が画面上で説明されます。

またゲームクリアーは「エンディング」ではなく、ゲームオーバーになるまでの「ループ」形式です。

 
 

 

 

『スーパーマリオブラザーズ』

 

ニンテンドークラシックミニ スーパーマリオブラザーズシリーズ・3 説明・攻略

画像参照元::https://www.youtube.com/watch?v=3GQ02nXQQiM

 

社会現象まで巻き起こした『スーパーマリオブラザーズ』は、その発売と共に“家庭用ゲーム機”として二年前に登場していた「ファミリーコンピュータ(ファミコン)」の認知度を一気に広めた人気ソフトです。

 

クッパにさらわれたキノコ王国のピーチ姫を救うため、配管工のマリオ&ルイージ兄弟が陸海空で大暴れする「横スクロール(スムーズスクロール)」型アクションゲーム

プレイヤーはステージに現れる敵や障害物を避け、穴に落ちたりブロックから墜落しないよう気を付けながら制限時間内にゴールを目指します。

敵は踏む事や足場越しに突き上げる(ジャンプで敵の足場を叩く)事で倒すことができ、面が進みにつれ障害物が増え難易度が上がるのです。

 

 

 

ニンテンドークラシックミニ スーパーマリオブラザーズシリーズ・3 説明・攻略

画像参照元:http://01.gatag.net/0007736-free-illustraition/

 

通常のマリオは水平方向への移動とジャンプのみですが、「Bボタン+移動(Bダッシュ)」で走る事ができ、1マスなら落ちずに走り抜ける事ができます。

「Aボタン」でジャンプ「Aボタン+左右十字キー」で空中移動と着地地点が操作可能「Bダッシュ+Aボタン」は加速をつけて遠くまで飛べるのです。

 

他にもアイテムの力で2倍の大きさとなる「スーパーマリオ」はレンガブロックを下から壊せ、「ファイアマリオ」は「Bボタン」でファイアーボールを投げられるなど、前作より遥かに自由度が増しました。

 

 

『スーパーマリオブラザーズ3』

 

ニンテンドークラシックミニ スーパーマリオブラザーズシリーズ・3 説明・攻略

画像参照元:https://www.youtube.com/watch?v=3GQ02nXQQiM

 本作は『スーパーマリオ』の続編※1)として作られました。

そのため登場キャラやアイテム・ルールなどを継承しながら、非情に多くの変更や追加がなされ、ステージ数も『1』や『2』に比べると2倍以上に増えています。

 

 今回の物語はクッパが自分の子供・コクッパ7兄弟を率いて、7つの国から魔法の杖を盗み王様を動物に変えてしまうのです。

ゲーム途中でピーチ姫がクッパの本拠地である暗黒の国(8ステージ目)に連れらられてしまい、マリオは杖の奪還と共に再びピーチ姫を救い出さなくてはなりません。

 

 

 今まで一人のプレイしかできなかったのが、『3』からは「2人」で共同して攻略することが出来るようになりました。

パワーアップアイテムもしっぽ、タヌキ、カエル、ハンマーなど豊富となり、マリオがしっぽをつけた姿やタヌキのような見た目の変化で空を飛べるのです。

 

またこれらのアイテムはステージ開始時にも使用でき、ステージ最初から有利にプレイを進める事も可能。

移動方向に斜めが加わったり一度通り過ぎた場所に戻れたり、さらには意外な場所にいけるなど自由度も増しました。

 

※1)1986年に発売された『スーパーマリオブラザーズ2』は、『スーパーマリオ』に新要素+難易度を高くした「ディスクシステム」ゲーム。

 
 

 

 次回は『アトランチスの謎・魔界村』の攻略や説明をさせて頂きます。

 

リンク ニンテンドークラシックミニの全ソフト一覧30種類はコチラ♪

 

 - ニンテンドークラシックミニ