グロー 電子たばこ

glo(グロー)の重さはどれくらい?アイコス(iqos)と比較!

更新日:

 

glo(グロー) 重さ・おもさはどのくらい? アイコス 比較

http://Zetsuen.jp

 

最近話題沸騰かつ人気急上昇中のアイコス、そして後を追う新世代加熱式タバコ「glo(グロー)」が、2017年10月2日に全国販売しました。

この2つの相違点、それはチャージャーと加熱本体が離別しているか、一体化しているかという点であり、ともに賛否両論、大きな反響を呼んでいるようです。

 

では、一体「どっちが軽いの?」というお話ですが、何も軽いから良いというわけではございません・・・よね?

そんなわけで、今回は加熱式タバコの先駆者「アイコス」と、新生「glo(グロー)」、双方の重さはいかに?という点をまとめていきたいと思います。

 

★10月2日glo(グロー)が全国販売を開始!★

BAT社の発表通り、glo(グロー)が全国販売を開始しました。

今まで一部の地域でしか手に入れる事が出来なかったネオスティックも、もうお近くのコンビニで買える日が来ました!

glo(グロー)全国販売が10月に開始!ネオスティックの購入場所が!
glo(グロー)全国販売が10月に開始!ネオスティックの購入場所が!

  2016年12月16日に宮城県仙台市で発売されたglo(グロー)ですが、翌年2017年7月3日には大阪の梅田に出店、7月21日には東京の青山に出店しました。 加熱式タバコは先にアイコス、 ...

続きを見る

 

通販で本体を買っても吸えない!という状況もなくなりましたので、通販の価格をまとめています!

glo(グロー)通販最安値を調べました!大阪・東京展開の影響は?
glo(グロー)の通販!最安値の価格・値段を調査【2018年1月更新】

    BAT社から2016年12月に発売されたglo(グロー)。 この加熱式電子たばこは、宮城県以外では買えないというレア商品でした。 しかし、先月10月2日(月)に、ついに全国 ...

続きを見る

 

 

 

アイコスの重さは?

 

glo(グロー) 重さ・おもさはどのくらい? アイコス 比較

http://Zetsuen.jp

 

まずは、加熱式タバコ本家である「アイコス」の重さや大きさを簡単にまとめてみました。

  • 重さは、チャージャーと加熱本体を含み、なんと驚愕の120g
  • 大きさは、110×50×20(mm表記)、アイフォン6の標準サイズを若干厚くした感じとでも言えば、分かりやすいかもしれません。
  • 120gとは、やはりアイフォン6と同じくらいの重さと判断できるでしょう。
  • ヒートスティックは、わりとコンパクトで、チャージャーや加熱本体とポケットなどに入れて一緒に持ち歩いても、「さほど違和感がない」という声が多く挙げられています。

 

アイコスよりも50gも軽く、一体型でヒートスティックをそのままさして吸えるアイコス互換機が登場しました!

glo(グロー)とiqos(アイコス)のハイブリット加熱式たばこ登場!

glo(グロー)のように一体化したアイコスの互換機が登場しました!

↓ヒートスティックとアイバディーのみでアイコスを楽しめる!↓


iBuddy(アイバディ)購入ページはこちら

iqos(アイコス)を連続で吸える代わりになる互換機【ibuddy】!重さが軽い・小さい!
iqos(アイコス)の代わり!連続で吸える互換機【ibuddy】!重さが軽い・小さい!

    iqos(アイコス)ユーザーの悩みを解決してくれるアイコスの互換機が登場しました。 アイコスが本当に使いづらいと感じている人は【iBuddy】を試す価値ありと感じます。 & ...

続きを見る

2017年12月29日(金)、新たなアイコスの互換機が新発売しました。

iBuddy(アイバディ)と同じく一体型の加熱式たばこになります。


EFOS(イーフォス)購入ページはこちら

アイコス互換品イーフォス(efos)とは?使い方/充電方法/故障
アイコス互換品イーフォス(efos)とは?使い方/味/充電方法/故障の原因

  2018年1月からIQOS互換機のEFOS(イーフォス)が話題になっています。 efosの「性能、使い方、味、充電方法、故障の原因、アイバディと比較、口コミ評価」などをまとめました。 そ ...

続きを見る

 

 

 

グローの重さは?

 

glo(グロー) 重さ・おもさはどのくらい? アイコス 比較

http://Kunkunnioi.com

 

次に、新世代加熱式タバコ「glo(グロー)」の重さや大きさについて簡単にまとめてみましょう。

 

  1. 全体の重さは、約100gと、アイコスよりも少し軽い!
  2. 本体サイズは44×22×85(mm表記)で、これまたアイコスよりもほんの少し小さいようです。
  3. ただし、ネオスティックと呼ばれるタバコフレーバーの大きさに難があり、通常の紙巻きたばこより若干小さいくらいなので、従来のタバコを携帯している感じが残る。

 

 

 

まとめ

 

これらのことを要約すると、重さや大きさは、アイコスよりも「glo(グロー)」の方が軽くて小さいということが分かりましたね。

でも最初で言った通り、必ずしも軽くて小さければ良いというわけでもなく、実は本体よりもタバコフレーバーの大きさの方を重視し、視野に入れなければならないということなのです。

 

glo(グロー)が、いかに本体が軽くて小さくても一緒に持ち歩かなければならない・タバコフレーバーが大きく邪魔になってしまうという声も少なからずあるようです。

その点だとアイコスのフレーバーは小さいので、それほど違和感がないという評価も多いのです。

 

というわけで、本体だけなら「glo(グロー)」の方が軽くて小さいようですが、それだけでアイコスより持ち運びやすいというわけではない、ということを今回のまとめとして考えて頂けたら幸いです。

glo(グロー)通販最安値を調べました!大阪・東京展開の影響は?
glo(グロー)の通販!最安値の価格・値段を調査【2018年1月更新】

    BAT社から2016年12月に発売されたglo(グロー)。 この加熱式電子たばこは、宮城県以外では買えないというレア商品でした。 しかし、先月10月2日(月)に、ついに全国 ...

続きを見る

 

ヒートスティックが連続で吸える!!アイコス互換機ランキング


第1位 イーフォスイーワン(EFOS E1)

  • 連続喫煙可能(5本まで)
  • 一体型デバイス
  • ボタンひとつのみのシンプル設計
  • 加熱温度調整機能搭載
  • バイブレーション機能
  • 3D加熱システム採用

アイコスユーザーの3大不満である「連続で吸えない」「メンテナンスが大変」「チャージャー・ホルダーが別々で壊れやすい」を解消した最新互換機が登場!

アイコスのようなブレード加熱ではなく「スティック全体を加熱する3D加熱システム」なので、均一に加熱されより一層深い味わいを楽しめるようになりました。

また「低温・高温」の加熱モードがあり、低温はタバコ本来の風味を、高温は吸いごたえを重視した設計となっております。


第2位 アイバディアイワン(i Buddy i1)

  • 連続喫煙可能
  • 一体型デバイス
  • 誤作動防止機能
  • 互換機モデルでは最小サイズ

加熱式タバコのアイコスとグローをハイブリッドさせた一体型互換機です。

加熱方式やフォルムはグローを意識し、アイコスのヒートスティックが連続で吸えるように改善されています。

メンテナンスも簡単で、吸い終わった時はスライドボタンでスティックが簡単に取り除けます。


第3位 ハーブスティック FyHit ペンタイプ

  • 連続喫煙可能
  • 加熱温度調整機能搭載
  • バイブレーション機能
  • 電池残量通知機能

大人気のハーブスティックシリーズから、遂にアイコスのヒートスティック対応タイプが登場!

加熱部分がセラミック加工で熱伝導率も良いので、満足感のある吸いごたえを味わえます。

加熱温度調整も3段階あるので、お好みに応じて味の変化を楽しむことができます。



↓関連ワードを検索↓

-グロー, 電子たばこ

Copyright© コラムファンタジー , 2018 AllRights Reserved.