アウトドア ペニースケートボード

ミニセグウェイは日本公道で走行可能?どこで乗れるの?バランスホイール条件付きとは?

更新日:

海外のセレブ達に人気のミニセグウェイですが日本ではまだそこまで浸透がしていなく、公道で走っている人は全然見かけません。

そもそもミニセグウェイは日本の公道を走っていいのでしょうか?

条件付きならミニセグウェイで日本の公道を走行しても良いらしい?

今回はこの疑問を解決します。

セグウェイとミニセグウェイで日本の公道を走る条件をまとめました。







 

ミニセグウェイは日本公道を走っていい?

実は日本の公道ではセグウェイ、ミニセグウェイは走ってはいけません。

(条件付きなら日本公道を走ってもOK!後述します)

 

公道とは、自分の家の庭などの私有地以外の道の事です。

公園などは見通しが良い場所で安全なら走っても良いらしいですね。

なので、普通の道をセグウェイで走っていると警察官に怒られます。

公道を走ってはいけない理由は他の人にぶつかるなど、危ないからです。

旧型のミニセグウェイにはブレーキがついていませんでした。

なので10キロくらい出るミニセグウェイが公道を走って他の人にぶつかる危険性が高いと日本政府が判断し、違法になったのです。

公道をミニセグウェイに乗っていたら警察官に怒られるだけじゃ済まない場合があります。

過去にはセグウェイに乗っていた男性が逮捕され、そのまま起訴されて罰金50万円なんて話もあります。

 

しかし、こちらの最新モデルの「バランスホイール」というミニセグウェイはブレーキも搭載されており、小回りも効く高性能なミニセグウェイです。

 

バランスホイールはまだ公道は走れませんが、ブレーキが付いていたり安全性が認められているのでゆくゆくは日本の公道でも走れる日が来ると思います。

バランスホイールの乗り方のコツはこちら。

ミニセグウェイの乗り方コツ!バランスホイール操作方法を簡単に解説!

ミニセグウェイって手も使わずに、どうやって操作して乗るのか分からないですよね。 重心移動で進む方向を操作するみたいですが、なかなか難しそうです。 そこで今回はミニセグウェイの中でも性能が良く、一番人気 ...

続きを見る



 

ミニセグウェイが走れる場所

2017年現在ミニセグウェイが走れる場所は「条件付きなら公道」「自宅の中や庭などの私有地」「見通しが良い公園」です。

最新モデルのバランスホイールなら小回りが利くので家の中で乗っても楽しいですね。

体育館を貸し切ってバランスホイール鬼ごっこなんかも楽しかったです。

最近、条件付きならミニセグウェイは公道でも走ってOKになりました。

その条件は少しややこしいので詳しく解説します。

 

ミニセグウェイのおすすめの種類と最安値はこちら。

ミニセグウェイおすすめの種類と最安値は?バランスホイール口コミ評判、乗り方、性能

ジャスティンビーバーなど海外の有名人が愛用しているミニセグウェイ。 ハンドルが付いているセグウェイと違い、足だけで乗る立ち乗りスクーターとして日本にも上陸しました。 日本で売られているミニセグウェイは ...

続きを見る

 

条件付きなら公道の走行が可能?

セグウェイは条件付きなら日本公道で乗れます。

その条件とは面倒ですがこちらになります。

 

セグウェイ用の誘導員の配置

セグウェイを走る時、近くに誘導員役を設けないといけません。

なので、誰かに協力してもらわなければ公道で走れません。

誘導員は危険がないか監視します。

 

道路使用許可の申請

走りたい道路の幅が3メートル以上の歩道の道路許可申請が必要です。

道路使用許可書を貰うには警察署に認めて貰う必要があるので警察署に問い合わせましょう。

 

免許の取得

セグウェイの日本の見解は、トラクターや小型フォークリフトの小型特殊自動車か、原動機付き自動車として国交省が認定しています。

そのため、セグウェイを公道使用するにはどちらかの免許が必要です。

 

以上がセグウェイを公道で乗れる条件です。

これらの条件は厳しいので必然的にミニセグウェイを乗る場所は公園か自宅になります。

いずれ、この厳しい条件は緩和されるでしょうからそれまでは我慢しましょう。

ミニセグウェイを買うなら2万円以下のこちらの「バランスホイール」がおすすめです。



↓関連ワードを検索↓

-アウトドア, ペニースケートボード
-,

Copyright© コラムファンタジー , 2017 AllRights Reserved.