iBuddy(アイバディ) 電子たばこ

iqos(アイコス)の代わり!連続で吸える互換機【ibuddy】!重さが軽い・小さい!

更新日:

 

iqos(アイコス)を連続で吸える代わりになる互換機【ibuddy】!重さが軽い・小さい!

 

iqos(アイコス)ユーザーの悩みを解決してくれるアイコスの互換機が登場しました。

アイコスが本当に使いづらいと感じている人は【iBuddy】を試す価値ありと感じます。

 

アイコスのメリット・デメリットはたくさんありますが、この互換機も同じようにメリット・デメリットがあります。

どちらが使いやすいかは人によって変わってきますが、【iBuddy】の方がいいな・・・と思う人もいます。

それでは、アイコスの互換機【iBuddy】の詳細・アイコスとの比較をしてみましたのでご紹介します。

 

 

 

アイコス互換機【iBuddy】とは?

 

 

iBuddy】とは、言わばglo(グロー)のような一体型加熱式タバコで、そのままアイコスのヒートスティックを差して楽しむことが出来るアイテムです。

今は3大加熱式タバコのアイコス・グロー・プルームテックがありますが、その中でも一つ頭が抜きんでるアイコスですが、そのアイコス自体に不満を抱えている人もちらほらといます。

 

そんな不満を補ってくれる互換機が【iBuddy】です。

コンビニで売っているアイコスのヒートスティックと【iBuddy】の2つだけで吸える代物です

カラーはレッド・ホワイト・ブラックの3種類から選べます!

 

 

 

【iBuddy】とiqos(アイコス)のメリット・デメリット

アイコスにももちろんメリットがあります。

【iBuddy】とiqos(アイコス)のメリット・デメリットをそれぞれ並べてみました。

 

【iBuddy】のメリット

まずは【iBuddy】の機能と一緒にメリットから並べてみました。

 

一体型なのでこれ一つでアイコスを吸える

アイコスはそれぞれ部品がホルダーとチャージャー2つに分かれています。

その為、どちらも充電しなければならない手間が発生したり、ホルダーのみ忘れた!という事態も起こります。

【iBuddy】はその2つの部品が本体にまとまっているので、そのような心配や手間いらずとなります。

 

意外と安い

互換機といえども性能がよければ高いと思うのが人間の性。。。

そこで、【iBuddy】とiqos(アイコス)の価格・値段を見てみましょう。

  • 【iBuddy】…9,800円
  • 旧型アイコス…9,980円
  • 新型アイコス…10,980円

このように、いい性能なのにアイコスよりも低価格で購入出来るのです。

送料も無料なのでこの価格で買えます。

 

もちろん新型アイコスも通販サイトでは安くなり、定価前後の価格で購入が出来るようになりました!

iqos(アイコス)新型・旧型の通販最安値価格調査!
iqos(アイコス)新型・旧型の通販最安値価格調査!【10月更新】

    iqos(アイコス)が世に広まってもう1年が経ちました。 アメトーーク!で4月29日に「アイコス芸人」がアイコスのよさを広めてから、今もなお加熱式電子たばこの人気はおさまり ...

続きを見る

 

連続して吸う事が出来る

iBuddy】はホルダー充電という概念がない為、吸い終わった後再度加熱が可能です。

 

仮に会社やバイトの休憩時間が15分だったとしましょう。

アイコスの場合は、吸う時間と加熱時間4分、充電時間(4分と考えて…

  1. 吸い終わる→4分
  2. ホルダーの充電が終わる→8分
  3. 吸い終わる→12分
  4. ホルダーの充電が終わる→16分

アイコスはどんなに頑張っても2本しか吸えないのです。

ましてや「ちゃんと充電されていなかった」場合は1本も吸えないという可能性も出てきます。

 

その点【iBuddy】はホルダーの充電がないので、連続で3本吸えます。

その気になれば4本も…休憩中にストレスを感じたくない方は【iBuddy】がおすすめです!

 

アイコスよりも50gも軽く小さい

それぞれの加熱式電子たばこの大きさ・重さを比べてみましょう。

大きさ 重さ
アイコス 110.0×50.0×20.0 120g
iBuddy 79.5×46.0×25.5 70g

 

iqos(アイコス)を連続で吸える代わりになる互換機【ibuddy】!重さが軽い・小さい!

 

大きさはもちろんですが、一番見てほしいのは重さです。

アイコスの半分ちょっとの軽さなのです。これは持ち運びに便利ですね!

因みに同じような型式のglo(グロー)の大きさ・重さも調べていますので、是非ご覧ください!

glo(グロー)の重さはどれくらい?アイコス(iqos)と比較!

      最近話題沸騰かつ人気急上昇中のアイコス、そして後を追う新世代加熱式タバコ「glo(グロー)」が、2017年10月2日に全国販売しました。 この2つの相違点、そ ...

続きを見る

 

味にムラがない

アイコスはヒートスティックを吸い終わった後を見てみると、プレート状の加熱跡が残ります。

しかし、【iBuddy】はプレートではなく熱源が針状なので、まんべんなく加熱しています。

よって、吸いごたえや味にムラは感じづらいのです。

 

パフ数(吸える回数)が16回

アイコスはパフ数が14回or約6分使用で吸えなくなりますが、【iBuddy】の場合は16回or5分20秒となります。

時間でいえばアイコスの方が長いですが、1本吸うのに5分かからない人が多いですよね。

ここでは、吸引回数の方が重要なので、アイコスよりも2回分多く楽しめる仕様になっているのがでかいです。

 

メンテナンスが楽

iBuddy】はメンテナンスフリー商品です。

とはいえ、ホルダーと本体の間に塵(チリ)が貯まってしまいます。

しかし、アイコスのように加熱プレートを折らないようにという神経を使う必要がないため、割とスムーズに清掃出来るのが特徴です。

 

 

【iBuddy】のデメリット

続いてデメリットです。

このデメリットを見てアイコスの方がいいと感じる方もいると思います。

 

本体の充電時間が長い

常に充電出来る環境があればこれは気になりませんが、外出が多い方や充電のしようがない場所によく足を運ぶ型は悩むかもしれません。

充電が満タンになるまで2~3時間かかります。

因みにアイコスはおよそ90分です。

iQOS(アイコス)の充電時間は?方法は?充電できない時の原因は?

      「最新鋭のたばこ」として、その確固たる地位を瞬く間に築き上げた「iQOS(アイコス)」、それは今までにない「電子たばこ」であり、そして「ヒートスティック型タバ ...

続きを見る

 

吸える本数が少ない

上記の充電時間に付随しますが、満充電で吸える本数が約20本です。

因みにアイコスは20~40本と表記されています。

 

アイコスやグローの互換バッテリーが今大人気です。

オシャレなデザインで、スマホにも使えるので持ち歩いている人も多いみたいですね!

 

耐久性が未知数

アイコスの寿命の話ですが、故障するケースが平均約1年です。

【iBuddy】はまだ発売して間もないため、どのくらいの耐久性を持っているか分かりません。

 

 

このように、【iBuddy】に関するメリット・デメリットだけでこんなにたくさん出てきました。

むしろメリット多っ!!

ただ、もちろん正規品のアイコスにもメリットがあります。

 

 

 

iqos(アイコス)のメリット

iqos(アイコス)を連続で吸える代わりになる互換機【ibuddy】!重さが軽い・小さい!

続いてアイコスのメリットです。

あくまでも【iBuddy】と比較したものです。

 

本体の充電時間が短い

もちろんアイコスホルダーの充電時間を加味するとアイコスの方が長くなってしまいますが、本体・ホルダーだけを考えた場合はアイコスに軍配が上がります。

  • アイコス…90分
  • 【iBuddy】…2~3時間

という差があります。

 

吸える本数が多い

満充電の時に、何本まで吸えるかを比較した際に、アイコスの方が本数が多いです。

  • アイコス…約20~40本
  • 【iBuddy】…約20本

上記の充電時間も比べてみて、「充電出来ない環境によく赴く」方はアイコスの方がいいといえるでしょう。

 

ケース・シール等のグッズ種類が豊富

アイコスの人気は2016年4月のアメトーーク!のアイコス芸人から大ブレイクし、今もなお人気は登り調子です。

もちろん人気商品の為、カバーケース・スキンシール等のグッズがたくさん出ております。

ドレスアップの幅が多いのも、アイコスの特権でしょうね。

アイコスケース・カバー10選
オシャレで人気なアイコスケース・カバー・グッズ10選!各通販まとめ!

    前回アイコスシールの件でも書きましたが、アイコスにはオシャレなグッズがたくさんあります。 アイコス本体を裸のまま持っている方も最近では少なくなり、アクセサリー感覚で使用して ...

続きを見る

iQOS(アイコス)のスキンシール!オリジナルステッカーケースまとめ!

  Fantastick様のスキンシールが全部で19種類になりました! 前回の記事では13種類ご紹介させていただきました。   追加で2種類増えましたので、ここで改めてご紹介させて ...

続きを見る

iQOS(アイコス)専用充電クレードルスタンドが発売したので使ってみた!置き場に困らないです!

みなさんはアイコスの置き場ってどうしていますか?決まっていないと置き忘れるだけでなく、充電し忘れていざ衰退という時に困ってしまいます。
今回はそんな悩みを解決する「アイコスの充電スタンド」を紹介します。

続きを見る

 

 

iqos(アイコス)のデメリット

アイコスのデメリットですが、よくある悩みを並べてみました。

 

吸うまでが手間

アイコスを吸うに当たって、手順が手間という声をたくさん耳にしました。

  1. 充電したアイコスチャージャーにホルダーを差し、充電する。
  2. アイコスホルダーを取り出し、ヒートスティックを差す
  3. アイコスホルダーの起動ボタンを長押しし、加熱されるまで待つ
  4. 14回の吸引or6分経過で吸い終わる
  5. ヒートスティックを取り出す(クリーニングを定期的に)

この繰り返しです。

その手間は、チャージャーとホルダーの分離にあります。

両方の充電が満たされていないと吸う事が出来ない為、どちらかが充電されていなかったという場合、ストレスに感じます。

 

よく故障してしまう

アイコスは機械ですので故障は当然と思いますが、実に故障頻度が高いです。

  • 充電出来ない
  • 蓋が閉まらない
  • 爪が折れた

等様々なトラブルがあり、アイコスカスタマーサポートもてんやわんやな時期もありました。

今でこそ新型アイコスを出したり、無償交換もスムーズに対応してくれるようになりましたが、使い続けるとやがてどこかの部品が壊れます。

iQOS(アイコス)の故障した時の事例は?その際の連絡先は?対処法は?

  アイコス(iQOS)は少々高価な商品ですが、度々壊れることがあります。 以前の記事で故障した時に試してほしい事をお伝えしましたが、本日は故障したと思った時にどうすればいいのかを考えてみま ...

続きを見る

 

連続して吸えない

上記の【iBuddy】のメリットでも記載しましたが、吸い終わった後は約4分待たないと次の1本が吸えません。

連続で吸いたい状況の時に困るケースが多いです。

 

 

このようにデメリットもいくつかありますが、これらにもう慣れている人もいます。

悩まない方もいますよね。

他のメリット・デメリットはこちらにて詳しくお伝えしております。

iQOS(アイコス)のメリット・デメリットは?普通のたばことの違いを比較!

   発売開始から実に約1年、着々とその知名度と売り上げを伸ばし続けている、この「アイコス(iQOS)」は、今や、たばこ産業の革命的な進歩、愛煙家たちの未来と言っても過言ではありません。 で ...

続きを見る

 

 

アイコスから【iBuddy】にした方がいい?

結論、今アイコスを利用していて不満を感じてない方は乗り換えなくてもいいと思います。

 

  • 連続して吸いたい
  • 荷物を出来るだけ軽くしたい
  • いつでも充電出来る場所がある
  • チャージャー・ホルダーに分かれているのが不便で仕方ない
  • アイコス故障経験が多くウンザリ
  • 本数はそこまで多く吸わない

 

上記に該当する方は、次にアイコスが壊れたら考えてみてもいいと思います。

また、これから加熱式タバコを吸ってみようと思っている方にもおすすめです。

アイコスよりも手間がなく、吸う方法としては簡単な部類だからです。

 

アイコスと同じヒートスティックを差し込む事が出来るので、アイコスと【iBuddy】両方を利用するという方法もあります。

iqos(アイコス)2台目・2個目を買うよりiBuddyをおすすめする理由!
iqos(アイコス)2台目・2個目を購入よりiBuddyをおすすめする理由!

アイコスは壊れた方の買い替えはもちろん、状況に応じてすぐ使えるように複数所持している方が多いです。 2個目・3個目を買う理由は私にはよくわかります。壊れた時に1個しかないと吸えないし、部品別の為何かと ...

続きを見る

 

どちらにせよ、在庫がなくならない限り【iBuddy】を利用する人はどんどん増えていくと私は感じています!

 

 

 

まとめ

もちろん加熱式タバコの中でも好みは分かれてきますので、グローがいい!プルームテックがいい!という意見はまちまちになってきます。

ただ、グローと使い勝手がほぼ同じでもアイコスの味が好きという方もたくさんいます。

そんな方におすすめしたいです!

アイバディの口コミ評価でも様々な意見が出ています。

iqos(アイコス)を連続で吸える代わりになる互換機【ibuddy】!重さが軽い・小さい!
ibuddy(アイバディ)のレビュー評価は?口コミ評判まとめ!

アイコスの互換機として評判が良いibuddy(アイバディ)ですが、発売したばかりなのでなかなか口コミやレビューがありません。 しかし、アイバディを買う前に購入者の評価は見ておきたいところ。 そこで少な ...

続きを見る

 

アイコス・グロー・iBuddy・プルームテック…それぞれのいい所はたくさんありますので、どの加熱式タバコがいいかは皆さん次第になります。

自分の好みにあった加熱式タバコが見つかればいいなと思います!

glo(グロー)通販最安値を調べました!大阪・東京展開の影響は?
glo(グロー)の通販!最安値の価格・値段を調査【10月更新】

    BAT社から2016年12月に発売されたglo(グロー)。 この加熱式電子たばこは、宮城県以外では買えないというレア商品でした。 しかし、今月10月2日(月)に、ついに全国 ...

続きを見る

Ploom TECH(プルームテック)の通販の価格最安値をまとめ!
Ploom TECH(プルームテック)の通販の価格最安値をまとめ【10月更新】

    先月の6月にプルームテックの東京専門店が2店舗、コラボショップが4店舗出来ました。 また、さらにタバコ専門店にもプルームテックが販売されました。   これで東京都 ...

続きを見る

 



↓関連ワードを検索↓

-iBuddy(アイバディ), 電子たばこ
-, ,

Copyright© コラムファンタジー , 2017 AllRights Reserved.