iBuddy(アイバディ) 電子たばこ

ibuddy(アイバディ)のヒートスティックを子供・赤ちゃんが口に入れたら溶ける?対処法は?

投稿日:

 

szymonpacek / Pixabay

 

iQOS(アイコス)のヒートスティックが使えるということで話題となっているibuddy(アイバディ)。

アイコスに続き、手に入れにくくなることが予想される電子タバコです。

電子タバコといえば、吸っている本人だけでなく周囲の人にも悪影響が及ばないことがメリットとなっています。

 

しかしいくら電子タバコでも、子供や赤ちゃんが誤飲した場合には悪影響を及ぼしてしまいます。

今回はiBuddy(アイバディ)のヒートスティックを子供や赤ちゃんが誤飲した場合について見ていきます。

 

 







 

ibuddy(アイバディ)のヒートスティックを子供・赤ちゃんが口に入れたら溶ける?

 

 

iBuddy(アイバディ)】のヒートスティックについてですが、これは従来の紙巻きタバコと同様の形をしています。

先端にタバコ葉が詰まっており、吸い口にはフィルターがついています。

そして従来の紙巻きタバコでは、タバコ葉の部分に火をつけていたところを、電子タバコでは電気で加熱するようになっています。

 

こうすることで煙の発生を抑えています。

しかし形は紙巻きタバコと同じであるため、子供や赤ちゃんが誤飲してしまえば危険なことは明らかです。

 

また【iBuddy(アイバディ)】のヒートスティックは、タバコ葉を粉末状にして固めたものが使われています。

そのため子供や赤ちゃんが口に入れることで、タバコ葉が溶けてしまい、紙巻きタバコ以上の速さで体内に吸収される可能性もあります。

プルームテック互換品バッテリー!たばこカプセル・リキッド式電子たばこ両方が吸える!
プルームテック互換品バッテリー!たばこカプセル・リキッド式電子たばこ両方が吸える!

    PloomTECH(プルームテック)は2016年3月に福岡県で、JTから誕生しました。 翌年2017年6月29日に東京都に旗艦店を3店舗展開し、予定では2018年上旬に全国 ...

続きを見る

 

それでいてヒートスティックのサイズは紙巻きタバコの半分程度。

つまり子供がより誤飲しやすくなっているといえます。

ヒートスティックの保管場所よりも危険なのはゴミ箱に直接捨てた吸った後のヒートスティックです。

捨てる場所も考えて、手の届かない所にしましょう。

 

ちなみに冒頭でも書いたように、アイバディのヒートスティックはアイコスと同様のものです。

そのため子供や赤ちゃんが誤飲をすると危険なのは、アイバディに限ったことではなくアイコスでも同様なのです。

 

 



 

赤ちゃん・幼児・子供が口にヒートスティックを入れてしまった時の対処法は?

 

szymonpacek / Pixabay

 

なによりも子供や赤ちゃんがヒートスティックを誤飲しないように、ヒートスティックの管理は徹底しておくべきですが、万が一誤飲してしまった場合はどう対処すればよいのでしょうか。

まず行うべきは、誤飲したヒートスティックを吐かせることです。

 

ヒートスティックが体内にある以上は、タバコ葉からニコチンが溶けだしている状態になります。

そのため一刻も早く吐かせることで、溶けだすニコチンの量を抑えることができます。

iqos(アイコス)を連続で吸える代わりになる互換機【ibuddy】!重さが軽い・小さい!
ibuddy(アイバディ)のレビュー評価は?口コミ評判まとめ!

アイコスの互換機として評判が良いibuddy(アイバディ)ですが、発売したばかりなのでなかなか口コミやレビューがありません。 しかし、アイバディを買う前に購入者の評価は見ておきたいところ。 そこで少な ...

続きを見る

 

また飲み物を飲ませたくなるかもしれませんが、これは避けておきましょう。

水分を摂取してしまうと、よりニコチンが溶けだしやすくなります。

まずはヒートスティックを吐かせることを優先してください。

 

その後は病院に連れていかなくてはなりませんが、ここでも問題があります。

病院ではタバコの誤飲についての対処はしてくれます。

 

しかし【iBuddy(アイバディ)】となると、従来のタバコとは違うため対応ができない可能性があるのです。

とはいっても最終的には病院に連れていくことになるので、最寄りの病院に連れていって相談をしてみましょう。

 

 

 

まとめ

iBuddy(アイバディ)】のヒートスティックを誤飲した場合について見ていきました。

ヒートスティックは、タバコよりも小さいため、子供や赤ちゃんが誤飲しやすくなっています。

 

また誤飲しても病院では対応できない可能性があるなど、非常に厄介なものです。

いくら紙巻きタバコよりも安全な電子タバコとはいっても、誤飲してしまえば同じです。

絶対に誤飲しないように、ヒートスティックは子供の手の届かないところに保管するようにしましょう。

iqos(アイコス)新型・旧型の通販最安値価格調査!
新型iqos(アイコス)の通販最安値価格調査!【11月】

iqos(アイコス)が世に広まってもう1年が経ちました。 アメトーーク!で4月29日に「アイコス芸人」がアイコスのよさを広めてから、今もなお加熱式電子たばこの人気はおさまりません。 今3大加熱式たばこ ...

続きを見る

 



↓関連ワードを検索↓

-iBuddy(アイバディ), 電子たばこ
-, , ,

Copyright© コラムファンタジー , 2017 AllRights Reserved.