iBuddy(アイバディ) 電子たばこ

ibuddy(アイバディ)のクリーニング方法は?アイコスとの掃除の違い

投稿日:

iqos(アイコス)を連続で吸える代わりになる互換機【ibuddy】!重さが軽い・小さい!

有名加熱式タバコのスティックを使うことができる汎用品としてibuddy(アイバディ)が高い人気を集めています。

この電子タバコは低価格にて購入することができ、本家アイコスよりも入手しやすく使い勝手が優れていることが大きな特徴です。

アイバディを使い続けていると、定期的にクリーニングを行う必要があります。

アイバディはアイコスのヒートスティックをそのまま使えるのですが、アイコスのヒートスティックにはニコチンが入っています(タールは9割カット)

ニコチンが入っているのでヒートスティックを加熱する部分がヤニ汚れみたいな黒ずみが出てきます。

この黒ずみを放置すると味が落ちたり、故障の原因になります。

そこで今回はアイバディのクリーニング方法をまとめました。







 

ibuddy(アイバディ)のクリーニング方法

iBuddy(アイバディー)を実際に購入した体験談!iqos(アイコス)・glo(グロー)と比較!

アイバディのクリーニング方法は非常に簡単で、ibuddy(アイバディ)のキットの中に用意されている専用のクリーニングブラシを使うだけです。

スライドボタンを押してヒートスティックの差し口を出します。

その状態で上からクリーニングブラシを挿入して何度も反復させるだけの作業にてクリーニングを終わらせることができます。

回転も加えると黒ずみが取れやすくなります。

最後に広げたティッシュ上などでポンポンと叩きます。

クリーニングブラシだけではなく、綿棒、爪楊枝などで本体に傷つけないようにほじくり返すのもありです。

一体型なので掃除する部分が一か所だけで見やすいのでアイコスより断然に掃除が楽になっています。

ヒートスティックの差し口穴から黒ずみがどんどん落ちていきます。

アイバディは一つのクリーニングブラシで綺麗にすることができる方法を採用しているので、便利なアイテムとして使うことを可能にしています。

気になる現在のアイバディ最安値ショップはこちら。

 

クリーニングが必要な理由とは?

iBuddy(アイバディー)を実際に購入した体験談!iqos(アイコス)・glo(グロー)と比較!

ibuddy(アイバディ)は加熱式タバコを使う方法になり、約200度を超えるような高温でスティックを熱しています。

クリーニングが必要になる点はこの部分にあり、使い続けていると焦げたような屑が内部に付着してしまいます。

その状態で放置して使い続けてしまった場合では、完全にスティック加熱することができなくなってしまったり、正常な機能を発揮することができない状態になることがあります。

また、放置を続けてしまった場合では、焦げた屑が内部に蓄積されてしまい、簡単に除去することができない状態に陥ってしまうことも想定できます。

できるだけ長持ちをさせたり、正しく充電を行うことを希望している場合では、やはりクリーニング作業は欠かせないものとして行うべきです。



 

アイコスとアイバディのクリーニング方法の違い

iBuddy(アイバディー)を実際に購入した体験談!iqos(アイコス)・glo(グロー)と比較!

有名な加熱式たばこの中にはアイコスという代表的なものがあります。

一方でアイコス互換機としてヒートスティックを使うことができる電子タバコにibuddy(アイバディ)があります。

この両者は同じスティックを使いながらも異なる電子タバコの構造になるので、それ故にクリーニングの方法も変わってきます。

アイコスの場合では本体に設置されているクリーニングボタンを利用したり、加熱ブレードやホルダーのクリーニングが欠かせません。

同梱されている綿棒やブラシを使って掃除をするのですが、非常に面倒な作業になります。

一方でibuddy(アイバディ)の方では一つの専用ブラシにてスティックを挿入する部分をクリーニングするだけの作業で終わらせることができるので、非常に簡単なお手入れ方法を採用しています。

 

まとめ

アイコスの場合ではクリーニング方法が複雑化しており、面倒に感じてしまうことが目立ちます。

ibuddy(アイバディ)の場合では簡単に専用ブラシにてクリーニングすることができ、ブラシは手洗いすることができるので何度も使い続けられるメリットを感じることになります。

クリーニングは徹底して行うことが推奨されていて、長く大切に使うならば欠かせない作業です。

毎日連続して使っている方が非常に多い傾向にあるので、クリーニングの手間を考えた場合ではアイコスよりもibuddy(アイバディ)の方が圧倒的に利便性を感じることができます。

アイバディはバッテリー一体化になるので、連続で吸うことも可能な部分にも大きなメリットを感じることができる電子タバコです。



↓関連ワードを検索↓

-iBuddy(アイバディ), 電子たばこ

Copyright© コラムファンタジー , 2017 AllRights Reserved.