チェキ

チェキの写真って焼き増しできるの?友人に配りたい時の対処方法

投稿日:

一時ブームがありましたがその後スマートフォンの台頭で需要が無くなったかに見えたチェキ。

撮影した写真にイラストを自由に描いたり、シールなどでデコったり、コルクボードに貼り付けたりすることが「逆に新鮮」と最近人気が再燃中です。

 

 

撮影してみないと、どのように撮れているかが分からないドキドキ感も魅力で、写真がカードのように小さく可愛らしいのも人気です。

 

しかし、「せっかく撮ったチェキの写真を焼き増ししたい」という場合にはどうしたらよいのでしょうか。

仲の良い友人にも同じ写真を配ってあげたいけど、スマホで撮って送るのも少し味気ないですよね。

 

そこで今回は、チェキの写真を焼き増しして友人に配りたい場合の対処法についてご紹介します。







 

チェキにはネガ・ポジなどのフィルムが無い

基本的に、チェキをはじめとするインスタントカメラの類にはネガ・ポジといったフィルムがありません。

「ネガはネガティブ=反転したフィルム」「ポジはポジティブ=見た目と同じフィルム」です。

 

ネガやポジがあれば、それを写真屋さんに持って行けばすぐに写真の焼き増しが可能ですが、インスタントカメラの場合そうは簡単にいきません。

通常の焼き増し方法は、

  • フィルムを透かして焼き増ししたい写真を確認
  • 焼き増し枚数を記入
  • 写真屋さんに持って行く

これだけで最短30分ほどで焼き増しを行ってくれますが、チェキの場合はネガ(ポジ)がないので現物写真を焼き増し(正確には複製)してくれる写真屋さん、またはインターネット上のサービスを探す必要があります。

 

 

写真屋さんにお願いする方法

チェキで撮影されたインスタント写真は、写真屋さんにお願いするとチェキの写真を原版にして複製をプリントしてもらうことができます。

インスタント写真の複製を請け負っている写真屋さんに依頼する必要がありますが、仕上がりまでに必要な期間や料金は店舗によって異なりますので、予め問い合わせてみましょう。

 

このサービスを提供している写真屋さんでは、店内に専用のプリンターや高性能スキャナなどが設置されており、高画質でチェキの複製プリントを作ってくれます。

サイズに関しても拡大や縮小を依頼することが可能で、好みのサイズにプリントしてもらうことができます。

注文方法も簡単。焼き増ししてもらいたいチェキの写真を写真屋さんに持ち込み、希望の枚数やサイズで申し込めばプリントしてもらえます。

 

ネットで注文する方法

写真屋さんに申し込む以外に、インターネットで注文することもできます。

 

 

こちらのサービスでは、チェキのサイズのままで複製を作ってもらうことが可能です。

しかも、チェキの写真に記載されている絵柄や文字などについても、そのままプリントしてもらえます。

逆に、写真の部分以外に描かれているイラストや文字をなくし、無地にしてプリントすることもできます。

 

そのため、文字を全部キレイにして写真だけを保管しておきたい場合や、元のチェキ写真の予備をとっておきたい方などにオススメです。

さらに、一度の注文で15枚以上利用の場合には、特典としてプリントを作成する際に使った写真画像のデータを保存したCD-Rをサービスしてもらえます。

このサービスは、画像を編集したりフォトブックを作っておきたい場合に非常に便利です。



 

チェキで撮った写真を焼き増しする方法のまとめ

最近はチェキだけでなく平野ノラさんのバブリーネタなど、ひと昔前のものが1週回って新しさを感じますよね。

特にチェキで撮った写真などは「親しい人たちとの楽しい思い出」ですから、ただ流行っているから…というだけでなく将来見返して思い出に浸ることも出来るので、現物写真のほかにデータで保存しておくと劣化の心配もありません。

-チェキ

Copyright© コラムファンタジー , 2018 All Rights Reserved.