横山剣さんの電子タバコが超人気!  

スムースビップの詳細はこちら

efos(イーフォス) 電子たばこ

アイコス互換品イーフォス(efos)とは?使い方/味/充電方法/故障の原因

更新日:

 

アイコス互換品イーフォス(efos)とは?使い方/充電方法/故障

 

【イーフォスレッドの情報を追記しました】

※EFOS赤色の情報は記事中に掲載

 

2018年からIQOS互換機のEFOS(イーフォス)が話題になっています。

efosの「性能、使い方、味、充電方法、故障の原因、アイバディと比較、口コミ評価」などをまとめました。

そもそもアイコス互換機とはどういったものか説明します。

 

加熱式たばこiqos(アイコス)は、2015年9月に名古屋限定でヒートスティックを加熱して楽しむ為の器具として発売されました。

そしてアイコスは、2016年4月に放映されたアメトーーク!で、「アイコス芸人」が集まってプレゼンしたことにより一気に知名度が広まりました。

その人気はとどまらず、今もなお普通のタバコよりも健康にいい、後ろめたい気持ちがなくなった、禁煙器具の代わりになる等、様々な高評価を受けて愛煙されています。

 

しかし、アイコスには唯一の弱点があるのです。それは…

iqos(アイコス)は故障しやすい!

という事です。

 

アイコスは構造が少しだけ複雑で、2つの機械(チャージャー・ホルダー)を使ってヒートスティックを楽しむものです。

つまりどちらかが壊れてしまえばアイコスを楽しむことが出来なくなってしまいます。

そのようなアイコスユーザーの不満を解消する為に、ヒートスティックがそのまま吸えるアイコス互換機というものが登場しました。

今回は、そのiqos(アイコス)互換機の新商品、「EFOS(イーフォス)」についてご紹介していきたいと思います。

 

iqos(アイコス)の互換品とは?

 

アイコス互換品イーフォス(efos)とは?使い方/充電方法/故障

 

そもそも互換品とは何なのでしょうか?

互換の意味は、互いの入れ替えの事、または入れ替えが可能な事を表します。

 

つまり互換品とは、加熱式たばこiqos(アイコス)本体の代わりになる機械という意味です。

ヒートスティックとこの互換機さえあれば、加熱式たばこを楽しめるという仕組みです。

 

アイバディ(ibuddy i1)が先駆けて登場

2017年9月末に、そのアイコス互換機の第一号【iBuddy】が登場しました。

このアイコス互換品はとにかく高評価で、未だに世間の認知度は低いものの知る人ぞ知る超優秀な加熱式たばこの地位を築いています。

価格は新型アイコスの定価が10,980円ですが、この【iBuddy】は、今7,000円というかなり安い価格で購入出来ます。

 

efos(イーフォス)とibuddy(アイバディ)の比較をしてみました。

アイバディは互換機として優秀な役割を果たしてくれているいい商品で注目を浴びていますが、イーフォスとどのような場所が相違点・共通点があるのかを調べてみました。

efos e1(イーフォス)とアイバディを比較!大きさ・重さ・値段は?小さいアイコス?
efos e1(イーフォス)とアイバディを比較!大きさ・重さ・値段は?小さいアイコス?

    2015年9月から名古屋で発売した加熱式たばこiqos(アイコス)は、2016年4月に放送された「アメトーーク!」のアイコス芸人で大ブレイク! しかし、次々とアイコスの故障 ...

 

 

efos(イーフォス)E1とは?

 

 

さて、新しく発売されるアイコス互換機のefos(イーフォス)E1とはどのような商品なのかを説明していきましょう。

先日ご縁があって、「EFOS(イーフォス)を販売している方から説明を受けてきました!

 

efos(イーフォス)は【iBuddy】と同じ一体型加熱式たばこです。

見た目が丸みを帯びていてすごくオシャレな形状をしています。

 

一体型加熱式たばことは、アイコスで使用する2つの部品を一つにまとめてしまったものになります。

つまり、このefos(イーフォス)たった一つの機械でヒートスティックを楽しめるという事になります。

 

また、下記で詳細を載せていますが、バッテリー容量が2000mAhもありますので、満充電で連続吸いを5本分出来ます。

そして吸引回数ですが、アイコスは14回で終了のところ、efos(イーフォス)は20回も吸引出来ます。

これには理由があり、efos(イーフォス)は3D加熱システムにより中にクズがたまらない為、20回という数字を実現できたそうです。

アイコス互換品イーフォス(efos)とは?使い方/充電方法/故障

 

ここまで聞くとefos(イーフォス)にはメリットしかありませんね。

それでは、efos(イーフォス)の価格やサイズ、使い方等基本的な所に焦点を合わせていきます。

 

efos(イーフォス)の商品詳細

efos(イーフォス)の本体の説明を表にしてみました。

項目 仕様
価格 8,980円(税込)
E1本体サイズ 103mm、47.5mm、24mm
バッテリー容量 2000mAh
作動電圧 3.7V
カラー ホワイト/ブラック
耐久温度 -15℃-50℃
予熱時間 30~40秒
充電電流と時間 5V1A/(110-115分)5V2A(70-75分)

 

■付属セット内容(それぞれ数量1つずつ)

アイコス互換品イーフォス(efos)とは?使い方/充電方法/故障

  • efos(イーフォス)E1本体
  • USBケーブル
  • ポーチ
  • 取扱説明書
  • 保証書

 

※AC変換アダプターは付いてきません。

注意ですが、EFOSを購入した際にACアダプターがついてきません。

USBのみ同封されてくるので、つまりこのままでは家のコンセントを利用する事が出来ません

efos(イーフォス)の部品・付属品にUSB変換アダプターがない?
efos(イーフォス)の部品・付属品にUSB変換アダプターがない?

    アイコスと互換性があることから、アイコスと比較されることが多い「efos(イーフォス)」ですが、比較されるのは機能面が多く、他の部分は比較されません。 しかしイーフォスとア ...

もしパソコン等のUSB端子をお持ちではない方の場合は、ご自身で購入する方法をお取り下さい。

5W1A・2Aなら問題ないですが、1%でも故障の原因を最小限にしたい場合は、アイコス専用のAC変換アダプターを使用するのがいいでしょう。

 

イーフォスの価格

  • efos(イーフォス)…8,980円
  • iqos(アイコス)…10,980円

と、アイコスよりも2,000円安く購入出来ます。

iBuddy】も最初の定価は8,980円だったので、似たような感じですね。

しかしアイコスよりも安く買えるのはでかいですね。

 

イーフォスの本体サイズ

 

アイコス互換品イーフォス(efos)とは?使い方/充電方法/故障

アイコスと比較してみました。

  • efos(イーフォス)…103×47.5×24(mm)
  • iqos(アイコス)…110×50×20(mm)

本体サイズはイーフォスもアイコスもそこまでに違いはありませんでした。

 

イーフォスの色種類

イーフォスの色は現在2種類です。

  • マットブラック
  • パールホワイト

マットブラックは光沢のないカッコいいマット系のブラックです。

重厚感が欲しい男性におすすめの色です。

 

パールホワイトは普通の白色ではなく光沢がある真珠のような輝くホワイト色です。

高級感を求める女性へおすすめの色です。

 

イーフォスレッドが販売開始!

2018年4月末にイーフォスレッドが販売開始されました。

EFOSレッドの写真を見る限り、マットブラック系ではなく、パールホワイトのような光沢のある赤色になっています。

このイーフォスレッドはアイコスみたいに限定販売ではなく、通常価格の8980円で販売されています。

レッドが増えたのでイーフォスの色の種類は3種類になります。

  • ブラック
  • ホワイト
  • レッド

 

イーフォスレッドが新発売されてから、レッドの売り上げがかなり伸びています。

このままだとブラックとホワイトより、レッドが一番人気になるのではないでしょうか。

EFOS(イーフォス)レッドカラーを見てみる

 

イーフォスの予熱時間

「EFOS(イーフォス)にヒートスティックを入れてから吸えるようになるまでの予熱時間は30~40秒です。

こちらはアイコスホルダーにヒートスティックを入れてからの時間とそこまで変わりません。

あまり意識しなくてもいい項目ですね。

 

イーフォスの充電と時間

アイコス互換品イーフォス(efos)とは?使い方/充電方法/故障

 

今までの加熱式たばことの大きな違いは、充電する際に指定の電流量が2つもある事です。

5V1A/(110-115分)・5V2A(70-75分)とあります。

電流によって満充電の時間が変化するだけですので、故障の心配がないのがでかいです、

 

 

efos(イーフォス)本体の部品名称

 

アイコス互換品イーフォス(efos)とは?使い方/充電方法/故障

 

efos(イーフォス)の部品の役割は至って簡単です。

  • 電源ボタン…ヒートスティックを加熱したり、低温モード・高温モードの切り替えとなるスイッチの役割です。
  • スライドボタン…タバコスティックホルダーの蓋をし、清潔に保つための役割です。
  • タバコスティックホルダー…ヒート(たばこ)スティックを入れる役割です。この内部で加熱が始まります。
  • 充電ランプ…efos(イーフォス)本体の充電残量の確認が出来ます。
  • USBケーブル差込口…USBケーブルと接続して、efos(イーフォス)本体を充電する事が出来ます。

この名称を踏まえた上で、使い方等を解説していきます。

efos(イーフォス)の使い方

イーフォスの使い方はとても簡単です。

アイコスやアイバディは使い方がややこしいですが、イーフォスは使いやすい様に改良されています。

しっかり「EFOS(イーフォス)に充電がある前提で説明致します。

 

①タバコスティックホルダーのスライドボタンを開けます。

アイコス互換品イーフォス(efos)とは?使い方/充電方法/故障

 

②ヒート(タバコ)スティックを挿入します。

アイコス互換品イーフォス(efos)とは?使い方/充電方法/故障

 

③電源ボタンを3回(1.5秒以内)連続で押すと、振動するので緑の光が点滅で加熱スタート!

アイコス互換品イーフォス(efos)とは?使い方/充電方法/故障

 

④30~40秒後、振動するので緑の光が点灯したら吸引出来ます。

アイコス互換品イーフォス(efos)とは?使い方/充電方法/故障

 

⑤20回吸引or5分50秒経過で終了。タバコスティックを取り出して下さい。

アイコス互換品イーフォス(efos)とは?使い方/充電方法/故障

 

これで使い方は以上となります。

これを連続で最大5回までお楽しみいただけます。

それ以上行うと高温状態になってしまい、故障する可能性と危険性があるようですので、必ず時間を置いて下さい。

時間を置いてスタンバイOKになるとボタンのランプが点灯します。

 

低温モードと高温モード

「EFOS(イーフォス)で新しい追加機能の、低温モード・高温モードというものがあります。

 

アイコス互換品イーフォス(efos)とは?使い方/充電方法/故障

  • 低温モード…充電ランプ上が緑色に点灯。通常のアイコスと同じくらいの風味
  • 高温モード…充電ランプ上が赤色に点灯。より強いタバコの刺激

 

となりますので、お好みに合わせて変更出来ます。

変更の方法は、電源ボタン3秒以上長押しでモード変更されます。

簡単に切り替わりますので、最初は両方試してみて下さい。

 

efos(イーフォス)の充電方法

充電方法は簡単です。

ただ付属のUSBケーブルに接続するだけです。PCからの出力でもなんでもいいです。

ただコンセントの変換アダプターは一緒についてこないので、もしコンセントからの充電を希望される場合は、別で購入する必要があります。

出力が2Aの方が充電時間が早いので私はアイコス用の変換アダプターを使用しています。

 

イーフォスの充電残量の確認はは大きく分けて4つの種類があります。

アイコスと同じ様にイーフォス側面には4つのランプがあります。

このランプは青く点灯します。点灯した数が多い方が充電残量があります。

 

  • ブルー点灯1…0%~25%
  • ブルー点灯2…26%~50%
  • ブルー点灯3…51%~75%
  • ブルー点灯4…76%~100%

ほぼアイコスの充電表記と同じと考えていいです。

iQOS(アイコス)の充電時間は?方法は?充電できない時の原因は?

  新型、旧型アイコスを購入したはいいが「充電方法などの使い方が分からない」「充電時間はどのくらい?」「充電できない」などの購入者口コミが多いです。 それもそのはずでアイコスはボタン一つでは ...

 

EFOS(イーフォス)・iBuddy(アイバディ)・IQOS(アイコス)の充電方法の違いや、充電時間の比較はこちらにまとめています。

efos(イーフォス)充電方法と充電時間は?アイコス・アイバディ違い!
efos(イーフォス)充電方法と充電時間は?アイコス・アイバディ違い・比較!

      アイコスと互換性があることが話題となっている「EFOS(イーフォス)」。 アイコスとの互換性がある電子タバコは他にもあり、アイバディも有名です。 このように電 ...

 

efos(イーフォス)のクリーニング方法

アイコスの場合はアイコスクリーナーやクリーニングスティック等の清掃用アイテムがありましたが、efos(イーフォス)は何もありません。

アイコス互換品イーフォス(efos)とは?使い方/充電方法/故障

 

たばこスティックの吸った本数によって、汚くなったと思えば清掃でいいんです。

今までの加熱式たばこは、加熱した灰のようなものが機械に付着して汚れになっていました。

それがこのefos(イーフォス)は、機械内に灰が残らない構造になっているそうです。

 

また、使用後は裏返して取り出すか細長いものでつついて取るだけです。

最初はピンセット等使った方がいいと思いますが、そのうち慣れるでしょう。

 

efos(イーフォス)の故障の原因

当然のように「EFOS(イーフォス)は精密機械です。

考えられるefos(イーフォス)の故障の原因は、

  • 5V2Aより上の電流量で充電してしまう
  • 5回という上限の連続吸いを超えて、高温になり壊れてしまう
  • 落下での破損

このくらいでしょうか。

アイコスの充電のように、アンドロイドの充電器を使用してしまった・電流量を守らずに使用してしまったというトラブルはなさそうです。

一応5V2Aでいいとの記載はありますが、充電で破損してしまう可能性も0ではありません。

イーフォスは故障しやすいのか?検証してみました。

EFOSイーフォスは故障する?充電出来ない原因と対処方法!アイコス、アイバディと比較

2017年12月29日に発売された最新のアイコス互換機EFOS E1(イーフォス)。 アイコスの葉タバコが吸える、高温モード、黒いゴミが出ない、味にムラがない3D加熱が話題になっています。 さっそくイ ...

 

保証期間内に届ければ新品と交換してくれますので、自分で何とかしようと考えずにプロに任せましょう。

なお、保証期間は3ヵ月と記載されています。

通常こういった製品(アイコス除く)は大体1ヵ月が多めですから、それだけ製品に自信があるようです。

 

efos(イーフォス)とiqos(アイコス)の比較

それでは、「EFOS(イーフォス)のそれぞれのメリット・デメリットを比較してみてみましょう。

iqos(アイコス)と比べてお伝え致します。

アイコスよりibuddy(アイバディ)がおすすめの理由とは?比較を調査!

 

efos(イーフォス)のメリット

  • アイコスのヒートスティックが吸える
  • 5本連続吸いが可能
  • 低温モード・高温モードで好みの風味を味わえる
  • オシャレな形状をしている
  • 1本につき20回吸引出来る(アイコスは14回)
  • 一体型加熱式たばこなので持ち運びが楽で紛失が少ない
  • 3D加熱システムにより中にクズがたまらない
  • バイブレーション機能搭載で吸い始め、終わりが分かりやすい

efos(イーフォス)のデメリット

  • 情報が少ない
  • アクセサリーや装飾出来るものがまだない
  • AC変換アダプターは別で購入しなければならない
  • iqos(アイコス)のチャージャーと大きさがあまり変わらない
  • アイコスと味が少し変わってしまう

 

長所欠点をざっと並べてみましたが、「EFOS(イーフォス)のデメリットは裏を返せばアイコスのメリットにもなります。

現状、アイコスで満足している方は【iBuddy】と同様に無理に購入しなくてもいいと思います。

iBuddy(アイバディー)を実際に購入した体験談!iqos(アイコス)・glo(グロー)と比較!
iBuddy(アイバディ)の使い方・使用方法・充電の仕方は?アイコスとの違い!

アイコスの互換機として世間を賑わせているiBuddy(アイバディ)の使い方はいたって簡単です。 アイコス専用のヒートスティックを吸えるので、アイコスとそこまでは変わらないのですが、大きな違いは本体に直 ...

 

アイバディの記事でもご説明いたしましたが、アイコスと併用して吸うのも非常に便利だと思いますので、もしアイコスを愛煙している中で「不便だな」と感じるのであれば、お試しに購入してみるのもいいかもしれません。

iqos(アイコス)を連続で吸える代わりになる互換機【ibuddy】!重さが軽い・小さい!
iqos(アイコス)の代わり!連続で吸える互換機【ibuddy】!重さが軽い・小さい!

  iqos(アイコス)ユーザーの悩みを解決してくれるアイコスの互換機が登場しました。 アイコスが本当に使いづらいと感じている人は【iBuddy】を試す価値ありと感じます。   ア ...

 

efos(イーフォス)の味

 

イーフォスは全国どこのコンビニでも販売している「Marlboroのヒートスティック」を3D加熱して吸います。

Marlboroのヒートスティックはアイコス専用の葉タバコとしてIQOSの販売会社「フィリップモリス」よりコンビニ発売されました。

それに乗っかった形でヒートスティックを使えるアイコス互換機というジャンルが新たに販売されました。

フィリップモリスからするとアイコス互換機をストップしたいと思いきや、Marlboroのヒートスティックが売れるので黙認しているという状況です。

アイコス互換機は性能も高いので、アイコスより良ければアイコス互換機に移行する方が増えてきます。

気になる「イーフォス×Marlboroヒートスティック」の味ですが「同じ葉タバコだから味も同じじゃん?」という口コミが多いです。

しかし、イーフォスとアイコスの味はけっこう違います。

理由は加熱方法の違いです。

 

アイコスはブレード型の加熱方法に対して、イーフォスは円柱型の包み込むような3D加熱です。

3D加熱の方がより、高温度でまんべんなくヒートスティックを加熱します。

それによってイーフォスの味は「アイコスより濃く、ムラがない味」がします。

さらに高温度モードで味が変わります。

詳しい味の感想はこちらの記事をどうぞ。

EFOSイーフォスの味は?高温モードと低温モードの違い、切替操作方法

2017年12月末に発売されたアイコスのヒートスティックが連続で吸える互換機【EFOS(イーフォス)】 アイコスユーザーの不満を解消した互換デバイスとして発売前から予約が殺到するなど、ユーザーの期待が ...

 

まとめ

加熱式たばこにおいてもまだまだたくさんの新商品が制作され続けています。

この業界は恐らく何年先も賑やかになっていくと私は思います。

その大きな一歩を踏み出したアイコスですが、この2年で更なる発展を繰り返し互換デバイスが続々と登場しています。

EFOS(イーフォス)の詳細はコチラ。


アイバディとイーフォス、同じような商品ですが、どのような違いがあるのかを調査してみましたが、私的にはさほど変わらないのかな?と感じます。

こちらにまとめてみましたので、見てみて下さい!

efos(イーフォス)・アイバディ・アイコスの違いを比較してみた。価格、味、使い方など
efos(イーフォス)・アイバディ・アイコスの価格・味・臭いの違いを比較

    アイコス互換品のEFOS E1(イーフォス・イーワン)が2017年12月29日に登場しました。 アイコスは2015年9月に名古屋で発祥し、2017年3月に新型アイコスとして ...

 

また更にいい商品が出るかもしれません。その際には是非とも当サイトを通じてご紹介していこうと思います。

売れてる電子たばこランキング


第1位 イーフォスイーワン(EFOS E1)

  • 連続喫煙可能(5本まで)
  • 一体型デバイス
  • ボタンひとつのみのシンプル設計
  • 加熱温度調整機能搭載
  • バイブレーション機能
  • 3D加熱システム採用

アイコスユーザーの3大不満である「連続で吸えない」「メンテナンスが大変」「チャージャー・ホルダーが別々で壊れやすい」を解消した最新互換機が登場!

アイコスのようなブレード加熱ではなく「スティック全体を加熱する3D加熱システム」なので、均一に加熱されより一層深い味わいを楽しめるようになりました。

また「低温・高温」の加熱モードがあり、低温はタバコ本来の風味を、高温は吸いごたえを重視した設計となっております。


第2位 ビタミンたばこ【ビタフル】

  • ニコチン・タールがゼロ
  • ビタミン・プラセンタが摂れる
  • 全16種類の健康成分
  • 始めやすい使い捨てタイプ

本格的に禁煙を始めたいけど口元がさみしい…という方にはビタフルがオススメ!

ニコチン・タールが入っていないので健康的な生活が送れます。

さらにビタミン(6種)やプラセンタ・コエンザイムQ10など、普段の生活で不足しがちな成分も摂ることができます。

1本1,000円程度と安価なので、初心者でもお買い求めやすいのが特徴です。


第3位 スムースビップ【SmoothVIP】

  • 電子たばこ最強のコスパ
  • 禁煙効果がある
  • タール・ニコチン0
  • 使い方が簡単で初心者におすすめ
  • スムースビップ用のフレーバーがある

クレイジーケンバンドの横山剣さんがCMで紹介している有名な電子たばこ。

リラックス出来る電子たばこの為禁煙に成功した人も多数います。

価格がとても安く、リキッド液1ヵ月分もついてくるWEB限定バージョンは2,950円(税込・送料無料)で購入出来ます。

初心者にも手を出しやすいコスパ最強のリキッド式電子たばこです。


第4位 i SMOKE【アイスモーク】

  • スティックのみの独立デバイス
  • 連続13本チェーンスモーク可能
  • アイコス互換機では最軽量
  • 長期1年間保証サービスあり

アイコスの2大不満「充電できていない」「連続して吸うことができない」を解消した互換機。

無駄を一切省いたホルダー独立式なので持ち運びにも便利、胸ポケットに入れて持ち運ぶこともできます。

最大の特徴はアイコス同様に「1年間保証サービスが受けられること」です。

1年保証は税込2,700円かかりますが、この分は割引サービスとして次回使用できるので実質2,700円引きとなりますね。


第5位 アイバディアイワン(i Buddy i1)

  • 連続喫煙可能
  • 一体型デバイス
  • 誤作動防止機能
  • 互換機モデルでは最小サイズ
  • 互換機の中で価格が安い

加熱式タバコのアイコスとグローをハイブリッドさせた一体型互換機です。

加熱方式やフォルムはグローを意識し、アイコスのヒートスティックが連続で吸えるように改善されています。

メンテナンスも簡単で、吸い終わった時はスライドボタンでスティックが簡単に取り除けます。


第6位 ハーブスティック FyHit ペンタイプ

  • 連続喫煙可能
  • 加熱温度調整機能搭載
  • バイブレーション機能
  • 電池残量通知機能

大人気のハーブスティックシリーズから、遂にアイコスのヒートスティック対応タイプが登場!

加熱部分がセラミック加工で熱伝導率も良いので、満足感のある吸いごたえを味わえます。

加熱温度調整も3段階あるので、お好みに応じて味の変化を楽しむことができます。


第7位 ビタミンたばこ【C-tec】

  • 植物由来成分配合
  • ビタミンCが摂れるフレーバー
  • ニコチン・タール・副流煙ゼロ
  • カートリッジ式でいつでも清潔

ニコチン・タール・副流煙ゼロのフレーバーミスト。

全7種類の色んなフレーバーを楽しめて、カートリッジ式だから常に清潔を保てます。

充電式で何度も使用できるのでコストパフォーマンスも抜群!

女性に人気の電子たばこです。


第8位 ワンド(Wand)2.8

  • 自動クリーニング機能
  • 加熱部分が水洗いできる
  • 一体型デバイス
  • 3段階の加熱モード搭載

アイコス互換機としては初の自動クリーニング機能搭載モデルです。

ヒートカップ(加熱部)も分解して水洗いでき、こびりついた汚れによる味の劣化を防ぐことができます。

3段階の加熱モード搭載なので、アイコスのような吸いごたえからよりドローの強い風味までこれ1本で楽しむことができます。

 



※タバコは20歳からです。マナーを守って禁煙・節煙をしましょう。

-efos(イーフォス), 電子たばこ
-, ,

Copyright© コラムファンタジー , 2018 All Rights Reserved.