efos(イーフォス) iBuddy(アイバディ) アイコス 電子たばこ

efos(イーフォス)・アイバディ・アイコスの違いを比較してみた。価格、味、使い方など

更新日:

 

efos(イーフォス)・アイバディ・アイコスの違いを比較してみた。価格、味、使い方など

 

アイコス互換品のEFOS E1(イーフォス・イーワン)が2017年12月29日に登場しました。

アイコスは2015年9月に名古屋で発祥し、2017年3月に新型アイコスとして生まれ変わりました。

また、第一のアイコス互換機、【iBuddy】(アイバディ)が発売されました。

 

iqos(アイコス)・アイバディ・イーフォスの3つが、アイコスのヒートスティックを楽しめる中で人気が出た加熱式たばこになります。

今回は、この3つの加熱式たばこの違いを比較してまとめてみました。

 

 

 

efos(イーフォス)の特徴

 

 

正式名称はEFOS E1(イーフォス・イーワン)。

2017年12月29日に発売し、大注目の的となっている加熱式たばこです。

まだ発売されて間もないので、私自身がレビューを書きたいと思います。

 

efos(イーフォス)の価格

通販価格:8,980円(税込・送料無料)

定価:8,980円

 

新型アイコスよりも安く購入可能です。

また、iBuddyの定価と一緒です。

 

efos(イーフォス)の味

味自体はとても濃い・よく加熱されているといった印象で、キックが強く感じました。

吸い痕を見ても全体が真っ黒でした。360°から加熱する、3D加熱システムによるものです。

低温モードと高温モードに切り替え可能です。

  • 低温モード…アイコスのようなまろやかな味・風味
  • 高温モード…通常のタバコのようなきつめのキック・ドロー

このような印象があります。

アイコスやグローのような加熱式たばこに慣れてしまった私と同じような方は、高温モードは少しきついと感じると思います。

 

efos(イーフォス)の匂い

少しだけ金属の匂いがします

ただ、少し湿ったヒートスティックを加熱してしまった時は少し焦げ臭かったなと感じます。

普通に吸う分には変な匂いはありませんでした。最初から少し匂うといった印象です。

3D加熱システムによるものだと考えております。

 

 

efos(イーフォス)を吸い終わった後

efos(イーフォス)・アイバディ・アイコスの違いを比較してみた。価格、味、使い方など

全体的にまんべんなく黒くなっています。無駄のない加熱の印象です。

 

efos(イーフォス)の使い方

ここでEFOS(イーフォス)の使用方法を復習しましょう。

 

 

①蓋をスライドさせ、ヒートスティックをはめる

efos(イーフォス)・アイバディ・アイコスの違いを比較してみた。価格、味、使い方など

 

②電源ボタンを3回連続で押す

efos(イーフォス)・アイバディ・アイコスの違いを比較してみた。価格、味、使い方など

 

③長押しで低温モードか高温モードかを決める(緑…低温 赤…高温)

efos(イーフォス)・アイバディ・アイコスの違いを比較してみた。価格、味、使い方など

 

④30~40秒後、バイブレーションがなったら吸引開始

 

⑤20回吸引か5分50秒経過で吸引終了

 

⑥ヒートスティックを外して少し掃除

efos(イーフォス)・アイバディ・アイコスの違いを比較してみた。価格、味、使い方など

 

アイコス互換品イーフォス(efos)とは?使い方/充電方法/故障
アイコス互換品イーフォス(efos)とは?使い方/味/充電方法/故障の原因

    2018年4月【イーフォスレッドの情報を追記しました】 ※EFOS赤色の情報は記事中に掲載   2018年からIQOS互換機のEFOS(イーフォス)が話題になって ...

 

 

 

ibuddy(アイバディ)の特徴

 

 

正式名称はiBuddy i1(アイバディ・アイワン)。

2017年9月下旬にロケットニュースから発売し、爆発的な人気を今でも誇っているアイコス互換品です。

新しくefos(イーフォス)が発売しても、アイバディユーザー派は根強くいると感じます。

 

ibuddy(アイバディ)の価格

通販価格:7,000円(税込・送料無料)

定価:8,980円

 

 

efos(イーフォス)が発売決定とほぼ同時に、2600mAhのモバイルバッテリーのお得なセットが一緒についてくるようになりました。

充電する充電器のイメージです。

それで7,000円は安いなと感じてしまいます。

 

ibuddy(アイバディ)の味

まんべんなくムラなく吸えます。

肺にグッとくるキックはありますが、イーフォス程ではないと感じます。

アイコスよりの感覚で楽しめますので、アイコスの味がすごく好きだけど、アイコスの使い勝手は嫌だ!という方なら好きになると思います。

 

ibuddy(アイバディ)の匂い

少し匂いは強めです。

加熱方法が熱源の針状なので、燃やし方含めて一番匂いはあるような気がします

 

 

ibuddy(アイバディ)を吸い終わった後

efos(イーフォス)・アイバディ・アイコスの違いを比較してみた。価格、味、使い方など

 

丸い焦げ跡が出来ました。針状の熱源による焦げ跡の為、アイバディも味にムラがないといわれています。

 

ibuddy(アイバディ)の使い方

アイバディも分かりやすいですが、少し連打を急ぐ必要があります。

 

①スライドボタンをスライドさせてヒートスティックを押し込む

efos(イーフォス)・アイバディ・アイコスの違いを比較してみた。価格、味、使い方など

 

②ファイヤーボタンを5回連続で押す

efos(イーフォス)・アイバディ・アイコスの違いを比較してみた。価格、味、使い方など

結構早く押さないと失敗します。

 

③ファイヤーボタンを3秒間長押し

efos(イーフォス)・アイバディ・アイコスの違いを比較してみた。価格、味、使い方など

ランプの点滅が赤点灯になったら吸引出来ます。黄色点滅は失敗の合図です。

 

④16回吸引か5分20秒経過で吸引終了

efos(イーフォス)・アイバディ・アイコスの違いを比較してみた。価格、味、使い方など

このランプが終了間際に全部緑色になって、消灯したら終了です。

 

iqos(アイコス)を連続で吸える代わりになる互換機【ibuddy】!重さが軽い・小さい!
iqos(アイコス)の代わり!連続で吸える互換機【ibuddy】!重さが軽い・小さい!

  iqos(アイコス)ユーザーの悩みを解決してくれるアイコスの互換機が登場しました。 アイコスが本当に使いづらいと感じている人は【iBuddy】を試す価値ありと感じます。   ア ...

 

 

iqos(アイコス)の特徴

 

 

2015年9月に名古屋で発売。

最初の伸びしろはなかったものの、2016年4月「アメトーーク!」のアイコス芸人放映により一気に大ブレイクした加熱式たばこの先導者。

数々の加熱式たばこ・電子たばこが発売されていますが、今まさに日本国内で一番持っている人数が多い、元祖加熱式たばこです。

 

iqos(アイコス)の価格

通販価格:10,000~10,500円(税込・送料無料)

定価:10,980円

 

アイコスを持っている人が増えたのか、今は通販サイトでも定価以下の価格で購入出来ます

ホワイトよりもネイビーの方が高めですが、100~200円程の誤差範囲なので、お好きなカラーを選びやすいです。

 

iqos(アイコス)の味

いわゆる一般的な加熱式たばこの風味・味・キックです。

ムラ自体は私はあまり感じた事はありませんが、他の方のレビューを見るとと良かったり弱かったりするそうです。

また、定期的なメンテナンスをしないと味は薄くなるのは感じました。

 

週に1回でもいいので、定期的にプレート周りの清掃をしましょう。

専用のクリーニングスティックがありますが、私は面倒くさくなってきたので綿棒でやっています。それでも十分取れますが、一応商品だけ載せておきます。

 

iqos(アイコス)の匂い

ややあります。

iBuddyと比べるとそこまで感じませんが、少し焦げ臭い匂いがします。

 

知人に「アイコス吸ったけどあんまり臭くないでしょ?」と聞いたら、「タバコ臭くはないけど、焦げ臭い匂いはする」と言われました。

吸っているうちにこの匂いに慣れてきて、いつの間にか嗅覚がわけわかんなくなっていたかもしれません。

 

 

iqos(アイコス)を吸い終わった後

efos(イーフォス)・アイバディ・アイコスの違いを比較してみた。価格、味、使い方など

 

見慣れた光景ですが、線状の焦げ跡が出来ます。私は北斗の拳の岩山両斬波という印象です^^

 

iqos(アイコス)の使い方

慣れれば楽ですが、使い方は一番気を付けなければならない加熱式たばこだと思います。

 

①アイコスホルダーが充電されたら蓋を開ける

efos(イーフォス)・アイバディ・アイコスの違いを比較してみた。価格、味、使い方など

 

②アイコスホルダーを取り出す

efos(イーフォス)・アイバディ・アイコスの違いを比較してみた。価格、味、使い方など

ホルダーのランプが点灯していればOKです。少しするとランプは消えます。

 

③アイコスホルダーにヒートスティックをはめる

efos(イーフォス)・アイバディ・アイコスの違いを比較してみた。価格、味、使い方など

アイコスキャップを上にスライドさせてヒートスティックを入れます。

efos(イーフォス)・アイバディ・アイコスの違いを比較してみた。価格、味、使い方など

奥まではめたらキャップごと下に押し込むとちゃんとプレートに刺さります。直刺しでもいいですが、たまにつっかえる事があるのでこれは裏技です。

 

④アイコスホルダーのボタンを長押し

efos(イーフォス)・アイバディ・アイコスの違いを比較してみた。価格、味、使い方など

 

⑤14回吸引か5分20秒経過で吸引終了

 

⑥アイコスキャップをスライドさせてヒートスティックを取り出す

efos(イーフォス)・アイバディ・アイコスの違いを比較してみた。価格、味、使い方など

この時キャップを外さずにヒートスティックを抜くと、中の葉タバコが残ったままヒートスティックが取れます。とても掃除が面倒くさいので、忘れずにやる癖を付けた方がいいです。

 

iqos(アイコス)新型・旧型の通販最安値価格調査!
新型iqos(アイコス)の通販最安値価格調査!最新の値段を更新!

2018年4月度、通販の最安値最新情報を更新しました。 iqos(アイコス)は最先端に位置する大人気の電子たばこ。 アメトーーク!で4月29日に「アイコス芸人」がアイコスのよさを広めてから、今もなお加 ...

 

 

全てを比較してみて

この3つのアイコス関連の本体をご紹介いたしましたが、それぞれのよさがあって一概にどれがいいとは言えません。

価格も同じくらいですし、味も言ってしまえばそこまで変わりません。

唯一の基準は、使いやすさや見た目になってしまいます。

 

加熱方法も変わってきますので、全部の吸い殻を並べて撮影してみました

 

吸い殻を横から見てみました

efos(イーフォス)・アイバディ・アイコスの違いを比較してみた。価格、味、使い方など

 

横から見たらibuddyが一番綺麗でした。イーフォスとアイコスは少し茶色い跡が目立ちました。

 

吸い殻を上からのぞいてみました

efos(イーフォス)・アイバディ・アイコスの違いを比較してみた。価格、味、使い方など

 

EFOS(イーフォス)がまんべんなく加熱されていました。

アイバディは丸型の後、アイコスは線状の跡が残りました。

やはり360°の3D加熱は全体的に加熱されているんだなぁと感じました。

 

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

上記でも説明した通り、この3つの加熱式タバコでどれをおススメするかといっても、完全に個人差になります。

カラー・使いやすさ・見た目(デザイン)・各々の理由できめてもいいと思います。

 

まぁしいて上げるとすれば、私が一番いいなと思ったのは、新発売のEFOS(イーフォス)なのでこちらおススメしておきます。

さすがに加熱がまんべんなくされているのでムラがなさそうな雰囲気です。

跡デザインも私はこの3つの中では一番可愛らしいと思っていますので、女性にも合うアイコス互換品だと思います。

アイコス互換品イーフォス(efos)とは?使い方/充電方法/故障
アイコス互換品イーフォス(efos)とは?使い方/味/充電方法/故障の原因

    2018年4月【イーフォスレッドの情報を追記しました】 ※EFOS赤色の情報は記事中に掲載   2018年からIQOS互換機のEFOS(イーフォス)が話題になって ...

 

売れてる電子たばこランキング


第1位 イーフォスイーワン(EFOS E1)

  • 連続喫煙可能(5本まで)
  • 一体型デバイス
  • ボタンひとつのみのシンプル設計
  • 加熱温度調整機能搭載
  • バイブレーション機能
  • 3D加熱システム採用

アイコスユーザーの3大不満である「連続で吸えない」「メンテナンスが大変」「チャージャー・ホルダーが別々で壊れやすい」を解消した最新互換機が登場!

アイコスのようなブレード加熱ではなく「スティック全体を加熱する3D加熱システム」なので、均一に加熱されより一層深い味わいを楽しめるようになりました。

また「低温・高温」の加熱モードがあり、低温はタバコ本来の風味を、高温は吸いごたえを重視した設計となっております。


第2位 ビタミンたばこ【ビタフル】

  • ニコチン・タールがゼロ
  • ビタミン・プラセンタが摂れる
  • 全16種類の健康成分
  • 始めやすい使い捨てタイプ

本格的に禁煙を始めたいけど口元がさみしい…という方にはビタフルがオススメ!

ニコチン・タールが入っていないので健康的な生活が送れます。

さらにビタミン(6種)やプラセンタ・コエンザイムQ10など、普段の生活で不足しがちな成分も摂ることができます。

1本1,000円程度と安価なので、初心者でもお買い求めやすいのが特徴です。


第3位 アイバディアイワン(i Buddy i1)

  • 連続喫煙可能
  • 一体型デバイス
  • 誤作動防止機能
  • 互換機モデルでは最小サイズ
  • 互換機の中で価格が安い

加熱式タバコのアイコスとグローをハイブリッドさせた一体型互換機です。

加熱方式やフォルムはグローを意識し、アイコスのヒートスティックが連続で吸えるように改善されています。

メンテナンスも簡単で、吸い終わった時はスライドボタンでスティックが簡単に取り除けます。


第4位 i SMOKE【アイスモーク】

  • スティックのみの独立デバイス
  • 連続13本チェーンスモーク可能
  • アイコス互換機では最軽量
  • 長期1年間保証サービスあり

アイコスの2大不満「充電できていない」「連続して吸うことができない」を解消した互換機。

無駄を一切省いたホルダー独立式なので持ち運びにも便利、胸ポケットに入れて持ち運ぶこともできます。

最大の特徴はアイコス同様に「1年間保証サービスが受けられること」です。

1年保証は税込2,700円かかりますが、この分は割引サービスとして次回使用できるので実質2,700円引きとなりますね。


第5位 ハーブスティック FyHit ペンタイプ

  • 連続喫煙可能
  • 加熱温度調整機能搭載
  • バイブレーション機能
  • 電池残量通知機能

大人気のハーブスティックシリーズから、遂にアイコスのヒートスティック対応タイプが登場!

加熱部分がセラミック加工で熱伝導率も良いので、満足感のある吸いごたえを味わえます。

加熱温度調整も3段階あるので、お好みに応じて味の変化を楽しむことができます。


第6位 ビタミンたばこ【C-tec】

  • 植物由来成分配合
  • ビタミンCが摂れるフレーバー
  • ニコチン・タール・副流煙ゼロ
  • カートリッジ式でいつでも清潔

ニコチン・タール・副流煙ゼロのフレーバーミスト。

全7種類の色んなフレーバーを楽しめて、カートリッジ式だから常に清潔を保てます。

充電式で何度も使用できるのでコストパフォーマンスも抜群!

女性に人気の電子たばこです。


第7位 ワンド(Wand)2.8

  • 自動クリーニング機能
  • 加熱部分が水洗いできる
  • 一体型デバイス
  • 3段階の加熱モード搭載

アイコス互換機としては初の自動クリーニング機能搭載モデルです。

ヒートカップ(加熱部)も分解して水洗いでき、こびりついた汚れによる味の劣化を防ぐことができます。

3段階の加熱モード搭載なので、アイコスのような吸いごたえからよりドローの強い風味までこれ1本で楽しむことができます。

 



※タバコは20歳からです。マナーを守って禁煙・節煙をしましょう。


-efos(イーフォス), iBuddy(アイバディ), アイコス, 電子たばこ
-, , ,

Copyright© コラムファンタジー , 2018 All Rights Reserved.