GoPro

スノボー・スキー動画を撮影するにはGoProがおすすめ!スポーツ風景を帽子につけて録画!

更新日:

スノボー・スキー動画をGoProで撮影!スポーツ風景を帽子・ヘルメットにつけて録画出来る!

 

冬といえば、何を思い浮かべますか?ストーブにこたつ、みかんを食べながらまったりでしょうか。

暖かい室内につい篭もりがちになってしまう季節ですが、冬こそアクティブに外へ出かけてみましょう!

 

雪の降る時期にはスノーボードやスキーを楽しむという人も多いと思います。

今回は、スノーボードやスキーの際のGoProの動画撮影について紹介します。

一面の銀世界の中を駆け抜けていく爽快なスポーツを、手軽に迫力のある映像で撮影するなら、GoProがおすすめです!

水中撮影に関してはこちらをご覧ください。

GoProの防水性能は水中・水深何メートルまでOKなの?専用ケースが必要!
GoProの防水性能は水中・水深何メートルまでOKなの?専用ケースが必要!

  GoProはアクションカメラの火付け役ともなった製品です。 アクションカメラとは従来のデジタルカメラと性能は同じですが耐久性を優れたものにして激しい動きや防水性を高めることで水中でも撮影 ...

 







 

ダイナミックな動画撮影が可能に?

スノボー・スキー動画をGoProで撮影!スポーツ風景を帽子・ヘルメットにつけて録画出来る!

 

GoProが得意としているのは、なんといっても臨場感です!

サーフィンやダイビング、モータースポーツの迫力ある映像に空撮までこなし、「世界一多彩なカメラ」とも言われています。

ダイナミックな動画撮影が可能な理由の一つとして、レンズが球体(魚眼レンズ)であることが挙げられます。

 

普通のカメラよりも広い範囲で撮影することができ、どんなシーンでもクリアで壮大な映像として残すことができます。

また、“frame per second”という「1秒あたり何枚の静止画が切り替わるか」を設定することができるので、ある程度激しい動きでもカクカクした映像にならなくて済みます。

それに加えて、スローモーションにすることが可能だったり、動画ではなく連写撮影にしてカッコいい静止画を撮影する、早送りで思い出をコンパクトにするタイムラプス動画というアイデアもあったりしますよ。

 

 

帽子に取り付けられるので両手が空く?

スノボー・スキー動画をGoProで撮影!スポーツ風景を帽子・ヘルメットにつけて録画出来る!

 

カメラを持ってスキーをするのはちょっと大変そうですよね。

でも、GoProならアクセサリーが豊富なので、様々な場所に取り付けて撮影ができます。

ヘッドストラップで帽子に装着すれば両手が不自由なく使え、自分視点での動画を撮影することができます。

 

チェストマウントハーネスを利用すれば、胸のあたりにGoProを固定して撮影ができますが、この場合自分の撮りたいと思った場所に咄嗟にGoProを向けて撮影することは難しくなってしまいます。

前を滑る仲間などを撮るのに良いかも知れません。この時のコツはできるだけ近づくことです。

 

また、GoProはとても軽くてコンパクトなのが魅力です。

そのためどこに装着しても動きを制限されることがありません。

防水でもあるので、雪の中でも故障を気にせず思いっきり使用できますね。

 

 



 

ゴープロまとめ

 

ここまでGoProの利点を沢山紹介してきましたが、注意が必要な点も3点ほどあります。

  1. GoProにはズーム機能が無い
  2. アクセサリーは別途購入する必要がある
  3. バッテリーの持ち時間が短い

特にスノーボードやスキーの撮影で使用するときは、バッテリーが冷えて消費が早まるので、使わない時にはポケットで温めておくなど対策が必要です。

とはいえ、壮大な映像を素人でも手軽に残すことができるGoProはとても魅力的な道具です。

 

撮った映像はそのまま閲覧したりSNSに共有できますが、公式アプリケーションのGoProスタジオを使うことで編集することも可能なので、撮影後にも楽しみがあります。

今年の冬はGoProを持って、スノーボードやスキーをしに出かけましょう!

-GoPro
-, , ,

Copyright© コラムファンタジー , 2018 All Rights Reserved.