efos(イーフォス) 電子たばこ

efos e1(イーフォス)の製造元は?中国?アメリカ?カナダ?     

投稿日:

 

 

最近発売されたばかりの加熱式電子タバコ「EFOS E1(イーフォス)」。

アイコスなどの有名な電子タバコが在庫切れを起こす中、購入しやすいためYouTubeなどでも紹介されています。

徐々に話題になっているイーフォスですが、気になるのは製造元ではないでしょうか。

 

長く使う可能性があるものなので、信頼できるところに製造してもらいたい、というのがユーザーの本音でしょう。

今回はEFOS(イーフォス)の製造元はどこなのかについて見ていきます。

 

 







 

CA・USA・China?どれ??

 

efos e1(イーフォス)の製造元は?中国?アメリカ?カナダ?     

 

電子タバコというと、やはりアメリカが先駆けといえます。

そのため多くの電子タバコはアメリカで製造されていると思われています。

 

またアメリカのお隣、カナダでも電子タバコを製造しています。

しかし電化製品の多くは中国で製造されているのも事実。

 

では電子タバコも中国で製造されているのでしょうか。

EFOS(イーフォス)はどこで製造されているのでしょうか。

 

 

デザインはカナダ・アメリカ!

 

 

イーフォスは非常にシンプルでかっこいいデザインが特徴です。

丸みを帯びた細長い形をしており、大きなボタンが1つ付いています。

 

ボタンは決しておもちゃっぽくなく、しっかりとした作りになっています。

またカラーはブラックとホワイトの2色

efos e1(イーフォス)の製造元は?中国?アメリカ?カナダ?     

 

レッドやブルーといった鮮やかなカラーが出ている電子タバコも多いですが、EFOS(イーフォス)はシンプルな2色展開となっており、大人っぽさを感じさせます。

 

実はイーフォスのメーカーはアメリカにあるため、イーフォスのデザインもアメリカでされています。

イーフォスのシンプルで大人っぽいデザインは、アメリカらしいデザインとも言えるでしょう。

 

 



 

EFOS(イーフォス)の製造は中国!

 

efos e1(イーフォス)の製造元は?中国?アメリカ?カナダ?     

 

アメリカでデザインされているイーフォス。

しかし製造までアメリカで行われているわけではありません。

他の電化製品と同様に、EFOS(イーフォス)本体は中国で製造されています。

 

中国製の製品と聞くと「すぐに壊れてしまいそう」「使っている途中で事故が起きるのでは?」などと感じるかもしれません。

特に加熱式タバコは熱を使う製品ですから、余計に事故の発生が心配になるでしょう。

 

しかしEFOS(イーフォス)は中国製でありながら、故障しにくいと評判なのです。

加熱式タバコは小型にもかかわらず、高温を発するため、故障しやすいというデメリットがあります。

しかしイーフォスはそういった故障が圧倒的に少ないのです。

 

 

海外なのに欠陥品がほぼない理由

 

efos e1(イーフォス)の製造元は?中国?アメリカ?カナダ?     

http://blog.saishu.jp/2017/09/blocks.html

 

EFOS(イーフォス)は中国製にもかかわらず、故障や欠陥品が少ないのはなぜでしょうか。

まず挙げられる理由として、イーフォスの構造にあります

 

加熱式タバコというと、本体に金属製のブレードが付いており、装着したスティックにブレードが刺さることでスティックが加熱されます。

しかしイーフォスにはブレードが付いていません。

そのためブレードが折れてしまうという故障がなく、他の加熱式タバコよりも故障する確率が低くなっているのです。

EFOS E1(イーフォス)3D加熱方法とは?IQOS味の違い/加熱式たばこ一体型の性能、仕組み

喫煙場所の制限やタバコの値上がりなどで、肩身の狭い思いをしている喫煙者は多いでしょう。 そんな中、加熱式タバコという従来の紙巻きタバコに取って代わる存在が、喫煙者の救いとなりつつあります。 加熱式タバ ...

続きを見る

 

そしてもう一つの理由は、日本でしっかりと検品をして出荷されているからです。

中国で製造されてイーフォスは、日本に輸入され、そこで検品を受けます。

 

そして検品に合格したイーフォスだけがユーザーの手元に届くのです。

検査基準は日本のものなので、信頼できるのではないでしょうか。

 

 

 

まとめ

EFOS(イーフォス)の製造元について見てみました。

イーフォスのシンプルなデザインはアメリカでされていますが、製造自体は中国で行われていました。

 

しかし中国製といっても、日本でしっかりと検品されたうえで販売されています。

実際にイーフォスは欠陥品が少なく、故障する可能性も低くなっています。

このことからもEFOS(イーフォス)は安心して使えるといえるでしょう。

アイコス互換品イーフォス(efos)とは?使い方/充電方法/故障
アイコス互換品イーフォス(efos)とは?使い方/味/充電方法/故障の原因

  2018年1月からIQOS互換機のEFOS(イーフォス)が話題になっています。 efosの「性能、使い方、味、充電方法、故障の原因、アイバディと比較、口コミ評価」などをまとめました。 そ ...

続きを見る

 

イーフォスの購入を検討していたものの、中国製だからと諦めていた方。

中国製には違いありませんが、しっかりと日本で検品されているので、ぜひ安心してイーフォスを手に取ってもらいたいと思います。

 

ヒートスティックが連続で吸える!!アイコス互換機ランキング


第1位 イーフォスイーワン(EFOS E1)

  • 連続喫煙可能(5本まで)
  • 一体型デバイス
  • ボタンひとつのみのシンプル設計
  • 加熱温度調整機能搭載
  • バイブレーション機能
  • 3D加熱システム採用

アイコスユーザーの3大不満である「連続で吸えない」「メンテナンスが大変」「チャージャー・ホルダーが別々で壊れやすい」を解消した最新互換機が登場!

アイコスのようなブレード加熱ではなく「スティック全体を加熱する3D加熱システム」なので、均一に加熱されより一層深い味わいを楽しめるようになりました。

また「低温・高温」の加熱モードがあり、低温はタバコ本来の風味を、高温は吸いごたえを重視した設計となっております。


第2位 アイバディアイワン(i Buddy i1)

  • 連続喫煙可能
  • 一体型デバイス
  • 誤作動防止機能
  • 互換機モデルでは最小サイズ

加熱式タバコのアイコスとグローをハイブリッドさせた一体型互換機です。

加熱方式やフォルムはグローを意識し、アイコスのヒートスティックが連続で吸えるように改善されています。

メンテナンスも簡単で、吸い終わった時はスライドボタンでスティックが簡単に取り除けます。


第3位 ハーブスティック FyHit ペンタイプ

  • 連続喫煙可能
  • 加熱温度調整機能搭載
  • バイブレーション機能
  • 電池残量通知機能

大人気のハーブスティックシリーズから、遂にアイコスのヒートスティック対応タイプが登場!

加熱部分がセラミック加工で熱伝導率も良いので、満足感のある吸いごたえを味わえます。

加熱温度調整も3段階あるので、お好みに応じて味の変化を楽しむことができます。



↓関連ワードを検索↓

-efos(イーフォス), 電子たばこ
-, , , ,

Copyright© コラムファンタジー , 2018 AllRights Reserved.