アウトドア ペニースケートボード

セグウェイミニ正規品と偽物の違いは?価格とおすすめセグウェイ

投稿日:

人気の高いセグウェイミニですが、本当のところはどのマシンが元祖の正規品で、本物かどうかは明確には定義されていません。

ハンドル付きのセグウェイはアメリカの発明家のディーン・ケーメンによって開発されていいて、セグウェイインクから発売されているものが正規品だと明確に定義されているため、これが正規品で本物で間違いないです。

セグウェイは、セグウェイ社が1強という状態なのでそれ以外のものだと全て類似品というイメージが浸透しているかもしれません。

しかし、類似品でも性能は変わりなく、かなりの高性能です。

今回はミニセグウェイの本物と類似品(言い方が悪ければ偽物)の違いをまとめました。







 

セグウェイミニ正規品と偽物の違いは?

 

セグウェイミニに関しては開発されてから歴史も長くなく、これから少しずつ世間に広まっていくと考えられていて明確な正規品や本物といえるナンバーワンやオンリーワンとはっきり認識されているマシンはまだあるとはいえないです。

ただ、数年が経過しているのでより良いものを作る意識が高いメーカーが何度も改良を重ねていって、優れた安全性や操作性があるマシンも販売されています。

これまでに購入した人のレビューや販売店の取り組み、販売実績やスペックなどを考えていってこれが正規品で本物だといえる特徴を紹介します。

正規品だとも考えられるのが「チックスマート」です。

 

PSEマークの取得や高い安全性と操作性が認められていて、日本では電動立乗り車として特許の取得と、立ち乗り式電動二輪車として意匠権も取得しています。

チックスマートの類似品の一つに「バランスホイール」というミニセグウェイがあります。

 

バランスホイールはチックスマートと同じ性能があります。

私はチックスマートとバランスホイール二つのミニセグウェイを持っていますが、どちらかというとバランスホイールの方が使いやすいです。

 

セグウェイミニの価格は?

セグウェイミニの価格は数年前までは10万円程度しましたが、現在は5万円以下でも購入できるようになっています。

安いと2万円以下のマシンもありますが、この価格帯だとセンサーの反応が悪くて操作性も劣り使いにくいです。

屋外で使うことがメインですが、全く耐水性が無いので少しでも水に濡れると故障したり、バッテリーの安全性も確保されてなく過充電での発火の危険性もあるため、ただ価格が安いからといって購入すると後悔することになります。

価格が安くても使うことが可能なマシンだと、やはり2万円から3万円程度は出さないと難しいです。

操作性は一定レベルを持っていますが、走行距離が短い経口があり有名なセグウェイミニの型落ちモデルだとこの価格で販売されていることがあります。

例えば優れた安全性があり操作性も良いものでも2万円程度で購入できます。

 

 

おすすめはバランスホイール?

有名な通販サイトのランキングでも1位を獲得したことがあるのが「バランスホイール」です。

マシンの形状もシャープでスマートなのが一番の特徴で、曲線美を意識したスタイリッシュなフォルムが他のマシンとは異なる印象です。

 

また、セグウェイミニの中でも19800円と低価格なので人気があります。

価格は安いですが1年間の修理保証も付いていて、PSEマーク認証取得済で使っているリチウムイオンバッテリーも安全性の高いLG製で、安全で尚且つ低価格なので通販サイトのランキングにも入るほど人気が高いです。

マシンが入っている箱やケース、本体の作りも良くて日本語のマニュアルも大変分かりやすいです。

初めて乗ったときでも勝手に進んでいくので、なれないうちは他の人の手を借りたり、何かに掴まって乗ると安全です。コツを掴むまでは個人差もありますが慣れてくると大変楽しいマシンです。

値段も性能も良いので正規品より、バランスホイールを購入する方が多いです。

ミニセグウェイに乗りたいならバランスホイールがおすすめです。

 

-アウトドア, ペニースケートボード

Copyright© コラムファンタジー , 2018 All Rights Reserved.