iBuddy(アイバディ) 電子たばこ

ibuddy(アイバディ)のヒートスティックはどのゴミで出す?不燃ごみ?資源ごみ?

更新日:

 

ibuddy(アイバディ)のヒートスティックはどのゴミで出す?不燃ごみ?資源ごみ?

 

iBuddy(アイバディ)もiqos(アイコス)も、燃焼ではなく加熱をするので、ヒートスティック自体は灰が出ません。

灰が出ないというのも大きな事実ですが、何といっても吸い殻はそのままゴミ箱に捨てても大丈夫という事にあります。

 

こちらはアイコスの復習にはなりますが、ヒートスティックはどのゴミに出すのが適正なのでしょうか?

 

 

ヒートスティックは燃えるゴミ!

 

 

ibuddy(アイバディ)のヒートスティックは吸い終った後はどのゴミで出せば良いのでしょうか。

普通に捨てるときは吸殻入れに入れて、ゴミとして捨てるときは燃えるゴミになります。

 

iBuddy(アイバディ)】のヒートスティックは紙巻タバコのように燃やしてないため吸い終った吸殻は、燃えるゴミとしてゴミ箱に捨てられます

そのままゴミ箱に捨てられるので手間もかからず面倒もありません。

 

出来ればibuddy(アイバディ)のヒートスティック専用吸殻入れや携帯灰皿なども販売されているので、それを活用することでもっと便利になります。

吸った後のヒートスティックは灰皿に入れないでゴミ箱に直接そのまま入れても大丈夫です。

紙タバコのように吸殻などが散る心配もないのでかなり楽です。

 

ここで注意ですが、小さな子供や赤ちゃんがいるご家庭では、間違って口にいれないように十分に配慮をした場所に捨てるべきです。

 

 

熱いまま捨てると発火の可能性があります

 

 

iBuddy(アイバディ)】のヒートスティックは燃えるゴミやそのままゴミ箱に捨てることが出来ます。

そのため生活ゴミと一緒にゴミ箱に捨てる人も多いです。灰皿を使わないで普通にゴミ箱に捨てることはそれほど問題がないように感じます。

しかし、ヒートスティック使用直後に生活ゴミと一緒にするのは危険があります。

 

使用直後は大変熱くなっています。

例えば加熱していて喫煙に満足してしまいそのまま捨ててしまうことです。

完全に使用が終わらない途中でヒートスティックを捨てると、加熱中に捨てることになり一番温度が高い状態(350℃)なので発火する可能性があります。

 

可燃性のものがあったりすると火事になるかもしれません。

部屋やキッチンなど使う環境は様々ですが、発火させないためにも十分に冷やしてから捨てるようにした方が良いです。

iqos(アイコス)を連続で吸える代わりになる互換機【ibuddy】!重さが軽い・小さい!
iqos(アイコス)の代わり!連続で吸える互換機【ibuddy】!重さが軽い・小さい!

  iqos(アイコス)ユーザーの悩みを解決してくれるアイコスの互換機が登場しました。 アイコスが本当に使いづらいと感じている人は【iBuddy】を試す価値ありと感じます。   ア ...

 

外で灰皿がない時に捨てる場所は?

 

Hans / Pixabay

 

大きな都市で人通りが多い地区だと歩きタバコやポイ捨て禁条例が指定されている地区もあります。

ただ、条例によっては電子タバコ全般は除外されていることもあります。

これは煙が出ないことや吸殻などが出ないためです。

 

ただ、除外されていてもヒートスティックの吸殻は出ます。

燃えてないので使い終わった後はポケットなどどこでも仕舞うことが出来ます。

 

外で灰皿が無いときは、とりあえず衣類のポケットなどに入れておくのが一番手っ取り早いです。

そのままポイ捨てするのだけはいけません。

出来れば携帯式の灰皿などを持っておいたほうがゴミ箱などが見つからないときでも安心です。

 

Fantastickのこの携帯灰皿が、アイコス専用携帯灰皿でとても使いやすくオシャレです。

もちろん【iBuddy(アイバディ)】にも併用出来ますのでおススメです。


iQOS 2.4 Plus 携帯灰皿【アッシュトレー デニム】

 

一番おすすめなのは、外で灰皿がないときはヒートスティック箱に逆さにして戻すことです。

逆さにすることで未使用と使用済みがわかりやすくなります。

熱を持った吸殻を未使用のヒートスティックと一緒にすると乾燥させてしまう感じがしますが、そんな場合は吸う前に湿気を与えると良いです。

 

 

新iqos(アイコス)互換機【efos(イーフォス)】発売予定!

 

 

2017年12月29日(金)に、新しいアイコス互換機EFOS(イーフォス)が新発売しました。

この加熱式たばこは、アイバディと同じで一体型でアイコスのヒートスティックを楽しめる商品です。

アイバディやアイコスとの違いは、

  • 加熱の方法(3D加熱システム)なのでチリが残りづらい
  • バッテリー容量の増加
  • 互換機初のバイブレーション機能搭載

等があげられます。

それぞれいい所悪い所ありますが、どれを選ぶかは個人の好みになると思います。

「イーフォス(efos)の詳しい説明はこちらに記載しておりますので、是非ご覧くださいませ。

アイコス互換品イーフォス(efos)とは?使い方/充電方法/故障
アイコス互換品イーフォス(efos)とは?使い方/味/充電方法/故障の原因

IQOS互換機のEFOS(イーフォス)が話題になっています。
efosの「性能、使い方、味、充電方法、故障の原因、アイバディと比較、口コミ評価」などをまとめました。
アイコスよりも高性能と呼ばれているイーフォスですが、アイコス互換機とはどういったものか説明しております。

 

 

まとめ

iBuddy(アイバディ)】のヒートスティックは普通にゴミ箱や燃えるゴミとして捨てられるので手間がかかりません。

たた、ゴミとして捨てるときは十分に冷やしてから行ってください。

 

使用直後の熱い状態のままだと、その熱で他の燃えやすい物を発火させてしまう危険があります。

特に使用途中で吸うのを停止して捨てるときには、冷えるまでは灰皿に入れたほうが良いです。

 

ibuddy(アイバディ)のヒートスティックを外で吸っていて、灰皿などが見つからないときには冷えてからポケットなどにしまうか、またはヒートスティック箱に戻すのがおすすめです。

 

iqos(アイコス)新型・旧型の通販最安値価格調査!
新型iqos(アイコス)の通販最安値価格調査!最新の値段を更新!

2018年度、通販の最安値最新情報を更新しました。 定価が2018年6月1日より7,980円に安くなりましたが、通販の価格はどうなっているのでしょうか?   iqos(アイコス)は最先端に位 ...

 

-iBuddy(アイバディ), 電子たばこ
-, ,

Copyright© コラムファンタジー , 2018 All Rights Reserved.