efos(イーフォス)

EFOS(イーフォス)とPloomTECH(プルームテック)どっちがおすすめ?

更新日:

プルームテック通販サイト最安値(5月)最新情報!amazon・楽天・ヤフーショッピング別

海外製ながら、日本でのシェア率が非常に高い加熱式タバコ「アイコス」。

そんなアイコスのスティックが使えるというEFOS(イーフォス)は、2017年末に登場したにもかかわらず、すでにYouTubeで取り上げられるなど、急激に注目されています。

そして日本のJTが販売しているPloomTECH(プルームテック)もまた、紙巻きタバコの最大手が出しているということで注目を集めました。

そこで今回は、イーフォスとプルームテックを比較し、どちらがおすすめなのかをご紹介します。

 

・EFOS(イーフォス)の特徴

まずイーフォスの特徴を見てみましょう。

イーフォス最大の特徴は、温度調整ができるということです。

イーフォスには低温モードと高温モードの2種類があります。

温度を切り替えればスティックの味わいも変わるため、気分によって味を換えながら楽しめます。

実は温度調整機能が付いた加熱式タバコは珍しいものなのです。

というのも加熱式タバコは、高温になることで内部の機械が破損してしまうことがあります。

つまり高温モードなどを搭載してしまうと、すぐに故障につながる恐れがあるのです。

しかしイーフォスは高温に強く、温度調整機能が搭載できたのです。

そして高温に強いという特徴によって、もう1つ特徴が出てきました。

それが5本連続で吸えるというものです。

やはり連続で使えば使うほど、本体は高温になっていきます。

それだけ故障のリスクが高まるのです。

この連続使用という特徴も、イーフォスならではと言えます。

また連続で使えながらも、アイコスのスティックが楽しめるというのは、アイコスユーザーにとって画期的なものです。

アイコスは構造上、1本ずつしか吸えません。

それに不満を抱いていたアイコスユーザーは多いものです。

そのためアイコスからイーフォスに乗り換えたという人も少なくはありません。

 

・PloomTECH(プルームテック)の特徴

プルームテックの特徴は、その見た目からもわかるように、紙巻きタバコに近い形で使えるということです。

アイコスにしてもグローにしても、また今回のイーフォスにしても、タバコに近い味わいを楽しめることには違いありませんが、使い心地は紙巻きタバコとは異なってしまいます。

しかしプルームテックは形状が紙巻きタバコとほぼ同じ。

今まで紙巻きタバコを吸っていた人でも、抵抗なく使えるようになっています。

そしてクリーニングが必要ないことも特徴です。

加熱式タバコは、スティックから出るカスと水蒸気によって、本体内が汚れやすくなっています。

その汚れを放置してしまうと、汚れが焦げてしまうことで風味を損なったり、スティックがうまく刺さらなくなったり、最悪の場合は故障につながったりします。

そのため定期的なクリーニングが必要となるのですが、プルームテックはクリーニングが必要ないのです。

というのもプルームテックは、専用カプセル、カートリッジ、バッテリーで構成されています。

バッテリーは当然汚れるものではありませんし、専用カプセルは使い終わったら処分します。

そしてカートリッジも、カプセル1箱分を使い切った段階で交換します。

酷く汚れてしまうパーツがないということです。

唯一クリーニングの必要性があるとすれば、口を直接つける部分です。

ここは清潔を保った方が良いので、使うたびにアルコールなどで拭いておくと良いでしょう。

しかし電子タバコの中でも非常に使いやすいといえるのではないでしょうか。

 

・EFOS(イーフォス)とPloomTECH(プルームテック)どっちがおすすめ?

イーフォスとプルームテックの特徴を見てきたところで、どちらがおすすめなのかを判定していきましょう。

おすすめなのは、イーフォスです。

まずクリーニングの部分は共通しており、イーフォスは綿棒で軽くふくだけでクリーニングが完了します。

クリーニングが全く必要ないわけではありませんが、プルームテックも使うたびにアルコールで消毒することを考えれば、特別イーフォスのクリーニングがネックになるとは思えません。

そしてイーフォスは温度調整機能が優れており、プルームテックは紙巻きタバコに近い形で使えるというメリットがありました。

ここまでほぼ互角と言えます。

しかし味の面で、イーフォスが1歩リードしました。

イーフォスは非常にタバコに近い味わいになっており、喫煙者でも満足して吸えます。

それに対してプルームテックの味はそれほど評判が良くありません。

もちろん好みの問題もあるでしょうが、今まで紙巻きタバコを使っていた人であれば、イーフォスの方が好まれるでしょう。

そのためイーフォスをおすすめとさせていただきました。

 

・まとめ

イーフォスとプルームテックの特徴から、どちらがおすすめかを見ていきました。

イーフォスとプルームテックでは形が大きく異なるため、比較しにくい部分があることは確かです。

しかし使い勝手の良さにスポットを当ててみると、イーフォスの方が良いという結果になりました。

加熱式タバコの購入を検討している方は、ぜひ参考にしてみてください。

売れてる電子たばこランキング



第1位 ビタミンたばこ【ビタフル】

  • ニコチン・タールがゼロ
  • ビタミン・プラセンタが摂れる
  • 全16種類の健康成分
  • 始めやすい使い捨てタイプ

本格的に禁煙を始めたいけど口元がさみしい…という方にはビタフルがオススメ!

加熱式タバコには健康被害があると騒がれている中、最近ビタミンタバコが注目を集めています。

ニコチン・タールが入っていないので健康的な生活が送れます。

さらにビタミン(6種)やプラセンタ・コエンザイムQ10など、普段の生活で不足しがちな成分も摂ることができます。

1本1,000円程度と安価なので、初心者でもお買い求めやすいのが特徴です。


第2位 スムースビップ【SmoothVIP】

  • 電子たばこ最強のコスパ
  • 禁煙効果がある
  • タール・ニコチン0
  • 使い方が簡単で初心者におすすめ
  • スムースビップ用のフレーバーがある

クレイジーケンバンドの横山剣さんがCMで紹介している有名な電子たばこ。

リラックス出来る電子たばこの為禁煙に成功した人も多数います。

価格がとても安く、リキッド液1ヵ月分もついてくるWEB限定バージョンは2,950円(税込・送料無料)で購入出来ます。

初心者にも手を出しやすいコスパ最強のリキッド式電子たばこです。


第3位 i SMOKE【アイスモーク】

  • スティックのみの独立デバイス
  • 連続13本チェーンスモーク可能
  • 電子タバコの中で一番軽くて小さい
  • 長期1年間保証サービスあり

アイコスの2大不満「充電できていない」「連続して吸うことができない」を解消した互換機。

無駄を一切省いたホルダー独立式なので持ち運びにも便利、胸ポケットに入れて持ち運ぶこともできます。

最大の特徴はアイコス同様に「1年間保証サービスが受けられること」です。

電子タバコの中で一番小さくて、一番軽い人気の商品です。


第4位 ビタミンたばこ【C-tec】

  • 植物由来成分配合
  • ビタミンCが摂れるフレーバー
  • ニコチン・タール・副流煙ゼロ
  • カートリッジ式でいつでも清潔

ニコチン・タール・副流煙ゼロのフレーバーミスト。

全7種類の色んなフレーバーを楽しめて、カートリッジ式だから常に清潔を保てます。

ビタフルとは違い、充電式で何度も使用できるのでコストパフォーマンスも抜群!

女性に人気の電子たばこです。


第5位 イーフォスイーワン(EFOS E1)

  • 連続喫煙可能(5本まで)
  • 一体型デバイス
  • ボタンひとつのみのシンプル設計
  • 加熱温度調整機能搭載
  • バイブレーション機能
  • 3D加熱システム採用

アイコスユーザーの3大不満である「連続で吸えない」「メンテナンスが大変」「チャージャー・ホルダーが別々で壊れやすい」を解消した最新互換機が登場!

アイコスのようなブレード加熱ではなく「スティック全体を加熱する3D加熱システム」なので、均一に加熱されより一層深い味わいを楽しめるようになりました。

また「低温・高温」の加熱モードがあり、低温はタバコ本来の風味を、高温は吸いごたえを重視した設計となっております。


第6位 アイバディアイワン(i Buddy i1)

  • 連続喫煙可能
  • 一体型デバイス
  • 誤作動防止機能
  • 互換機モデルでは最小サイズ
  • 互換機の中で価格が安い

加熱式タバコのアイコスとグローをハイブリッドさせた一体型互換機です。

加熱方式やフォルムはグローを意識し、アイコスのヒートスティックが連続で吸えるように改善されています。

メンテナンスも簡単で、吸い終わった時はスライドボタンでスティックが簡単に取り除けます。


第7位 ハーブスティック FyHit ペンタイプ

  • 連続喫煙可能
  • 加熱温度調整機能搭載
  • バイブレーション機能
  • 電池残量通知機能

大人気のハーブスティックシリーズから、遂にアイコスのヒートスティック対応タイプが登場!

加熱部分がセラミック加工で熱伝導率も良いので、満足感のある吸いごたえを味わえます。

加熱温度調整も3段階あるので、お好みに応じて味の変化を楽しむことができます。


第8位 ワンド(Wand)2.8

  • 自動クリーニング機能
  • 加熱部分が水洗いできる
  • 一体型デバイス
  • 3段階の加熱モード搭載

アイコス互換機としては初の自動クリーニング機能搭載モデルです。

ヒートカップ(加熱部)も分解して水洗いでき、こびりついた汚れによる味の劣化を防ぐことができます。

3段階の加熱モード搭載なので、アイコスのような吸いごたえからよりドローの強い風味までこれ1本で楽しむことができます。

 



※タバコは20歳からです。マナーを守って禁煙・節煙をしましょう。

-efos(イーフォス)

Copyright© コラムファンタジー , 2018 All Rights Reserved.