VITAFUL(ビタフル) タール・ニコチン0

ビタフルとアイコス・グローの違いは?口コミ・評判では高評価

更新日:

ビタフルとは?使い方と味の種類

薬局や雑貨屋などで、カラフルなたばこ型の商品を見たことはないでしょうか。

見た目はおしゃれだけど、たばこは吸いたくないということで、気になっていたという人もいるかもしれません。

そのカラフルなたばこ型のものの正体は「ビタフル」です。

形や使い方はたばこと同じですが、実際はたばこと全く違うものなのです。

また同様にアイコスやグローといった、たばことは少し違う商品があります。

ビタフルとアイコス・グローとの違いは何なのでしょうか。

アイコスやグローなどの加熱式電子たばことビタフルとの比較から、ビタフルがどのようなものかを紹介していきます。

 

アイコス・グローとの違い

アイコスやグローは、禁煙ブームとなっている日本において、多くの喫煙者の注目を集めている新たなたばこです。

そしてビタフルもまた、新たなたばことも言えそうな商品ですが、アイコスやグローとビタフルはどう違うのでしょうか。

まず構造が大きく異なります。

アイコスやグローはスティックを本体に差し込んで使用します。

このスティックは紙巻きたばこと同じ作りになっており、先端にたばこ葉が使われています。

そのスティックを本体内で、電気によって加熱します。

つまり紙巻きたばこは火で加熱しますが、アイコスやグローはたばこを電気で加熱するという違いがあります。

電気で加熱することにより、たばこ葉から発生するタールを抑えることができます。

アイコスは、タールの量を紙巻きたばこの9割カットしていると発表しています。

ではビタフルはどういう構造なのかというと、構造自体は詳しく公表されていませんが、おそらく内部にリキッドを浸み込ませているコットンなどがあり、それを電気で加熱しているものと思います。

つまりビタフルにたばこ葉は使っていないということです。

だからニコチンやタールも発生しないというわけです。

電子たばこにはリキッドタイプもありますが、ビタフルはそれに近いものです。

またビタフルにはビタミンなどの成分が含まれており、身体に悪影響を及ぼすたばことは正反対なものとなっています。

 

ビタフルは価格・コスパもかなり違う

アイコスやグローとビタフルは、そもそもの構造が違います。

そして価格の面でも大きな違いがあります。

まずアイコスとビタフルの価格を見てみます。

アイコスは本体の定価が10,980円で、スティックは1箱20本入りで460です。

ただしアイコスは在庫切れが多く、定価で購入できる可能性が低くなっています。

ビタフルは本体1本が1,058です。

 

 

次に吸える回数(パフ数)を見てみます。

アイコスはスティック1本で14パフ、つまり1箱で280パフできます。

それに対してビタフルは1本で500パフできます。

アイコスを1日で1箱吸う人の場合、ビタフルは2日で1本ほどという計算になります。

そのため総合的に考えれば、アイコスの方がコストは抑えられます。

ところがアイコスは故障のリスクがあります。

アイコスが故障してしまったという話はよく聴きます。

そうなれば新しい本体を購入することになりますが、また1万円以上かかることになりますし、手に入れられるかどうかも心配なところです。

しかしビタフルは1本が使い捨てです。

つまり故障して使えなくなるという心配がないのです。

そう考えると、ビタフルの方がコスパは良いと言えそうです。

 

ビタフルの口コミ・評判

ビタフルとは?使い方と味の種類

アイコスやグローと比較してメリットが多いビタフルですが、口コミではどのような評価が付いているのでしょうか。

口コミでは高評価の声が多くあります。

まず味がおいしいということ。

ビタフルの味は8種類で、フルーツやスイーツなど女性に喜ばれそうな味が用意されています。

そのどれもがおいしく、使いやすいという声が多くありました。

またビタフルから発生するのは水蒸気ですが、水蒸気量が非常に多く、喫煙者でも満足度が高いという声もあります。

もちろん禁煙目的として使うと物足りないかもしれませんが、メンソール系の味もあるので、それほど多く吸わない喫煙者であれば、ビタフルでも充分に禁煙ができそうです。

そしてなんといっても、安心感が高いという声がたくさんありました。

というのもビタフルは日本製の商品です。

さらにメーカーは、女性ならほとんどの人が知っているであろう「BOTANIST」や「SALONIA」と同じメーカーです。

これはかなり安全性が高い。

このようにビタフルは多くの人が使いやすく、満足できる商品となっています。

 

ビタフル まとめ

ビタフルがどういうものなのかを、アイコスやグローといった加熱式電子たばことの比較から見ていきました。

加熱式電子たばこも、紙巻きたばこほどのタールは発生していないものの、少なからず発生しています。

しかしビタフルからはニコチンもタールも発生していません。

また故障しないため、コスパの面から見ても優秀です。

さらに口コミを見れば、多くの人が高評価をしています。

芸能人でもビタフルを使っている人がおり、さらに人気が高まっていきそうですね。

疲れた時にはビタフルの良い香りで、一息ついて見ませんか。

-VITAFUL(ビタフル), タール・ニコチン0

Copyright© コラムファンタジー , 2018 All Rights Reserved.