海外WiFi

急な海外旅行!WiFiを当日レンタルできるサービス(成田・羽田・関空・中部)まとめ

投稿日:

海外旅行

 

海外旅行は事前にいろいろと準備をしてから行くものですが、場合によっては急に行くことになることもあるかもしれません。

また旅行ばかりでなく、会社の指示で海外出張なんてこともありますよね。

 

日本国外に行く際に準備しておきたいものはいろいろありますが、中でも重要なのが「レンタルWi-Fi」

海外でも今使っているスマホは使えますが、そのまま使うと通信料が大変なことになってしまいます。

ウォーターピーリング デメリット
ウォーターピーリングの5つのデメリット!肌が弱い・金属アレルギーの場合は?

  朝起きた時や長時間外出から帰って来た時に鏡で自分の肌を見ると、黒ずんでいる部分があったり、白いものが詰まっているという悩みはありませんか? 鼻周り 顎 おでこ 顔の部分の特にこの3部位は ...

 

国や地域などによって違いはありますが、レンタルWi-Fiを使用すれば通信料は1日500~1000円程度に抑えることができるので、まさに海外旅行の強い味方です。

しかし急な海外旅行や出張で「Wi-Fiを当日レンタルしたい」というときは一体どうすれば良いのでしょうか?

注意点と主要空港においての取り扱いについてまとめてみました。

 

Wi-Fi当日レンタルの注意点

Wi-Fiは基本的には事前申し込みが必要になり、受け取りは自宅郵送または空港受け取りとなりますが、中には当日でもレンタルできるサービスもあります。

しかし、以下の注意点を確認しておかないと、いざ!という時に借りることができなかった…なんてことになります。

  1. レンタル会社によっての違い
  2. 機器の在庫切れ
  3. 使用方法の説明がない
  4. フライト時間に注意
  5. 渡航先によっては使用できない

それぞれ詳しく見ていきましょう。

 

①会社によって受け取りまでの時間が違う

海外用のWi-Fiをレンタルできる主な会社は以下の4社です。

当日申し込みなので受け取りは空港となりますが、受け取る空港やレンタル会社によって対応は異なります。

レンタル会社 当日申込 主要空港取扱
グローバルWiFi 朝6時まで
Wi-HO! 対応無し
イモトのWiFi 在庫による 関空以外
jetfi 対応無し

 

当日レンタル可能なのはグローバルWiFiイモトのWiFiのみとなりますが、それも申込時間や在庫状況などによってはレンタルできないこともあります。

 

②機器の在庫切れ

レンタルWi-Fiを使う際のトラブルとして最も考えられるのは機器の在庫切れです。

レンタルWi-Fiは、Wi-Fiルーターと呼ばれる小型の機器を借り、それによってスマホをWi-Fi接続します。このWi-Fiルーターは、同じ会社で1種類というわけではなく渡航先によって機器が違うのです。

たとえば、アメリカならアメリカ用の機器、韓国なら韓国用の機器といった具合。つまり韓国のような人気エリアの場合、当日レンタルしたくても在庫がなくてレンタルできない可能性があります。

そのため当日レンタルは、かなりリスクが高いと言えます。

 

③使用方法の説明がない

レンタルWi-Fiは、会社によっても異なりますがポーチにWi-Fiルーターや充電器などの必要な物が収められています。

そしてポーチの中にはWi-Fiルーターの使い方の説明書も入っているので、この説明書を見ればおおよその使い方は把握できるはずです。

しかし使い慣れていないと、どのように使えばよいのかが分からないということもあります。

 

ところが当日レンタルをすると、係員からの使用説明がありません。

使い方がわからない場合は、電話などで聞くこともできますが、やはり電話を通して聞くのと直接聞くのとでは、わかりやすさが違います。

初めてレンタルWi-Fiを使うというときは、できる限り事前に申し込みをし、使い方を聞けるようにしておいた方が良いでしょう。

 

④余裕を持った行動を

レンタルWi-Fiを当日レンタルする場合は、基本的に直接空港カウンターで申し込みを行うことになります。

しかしそれほど短時間で申し込みができるものではありません。特に午前8~11時は非常に混み合います。

そして申し込みが遅れることで、搭乗時間に間に合わなくなるというトラブルを生みます。

 

レンタルWi-Fiを当日レンタルする場合は、早めに空港に行き、申し込みに時間がかかっても登場時間に遅れることにないようにしましょう。

 

⑤渡航先でレンタルWi-Fiが使用できるか確認を

ご紹介しているレンタルWi-Fiサービス会社はほとんどのエリアを網羅していることもあり、あまり心配することは無いですが、渡航先によってはレンタルWi-Fiが対応していない可能性もあるので注意しましょう。

また当日レンタルをすること自体、本来ならもっと安く済ませる選択肢もあるかもしれないので、よほど急な海外旅行・出張でない限り、事前に予約をしておいた方がいいですね。

ウォーターピーリング デメリット
ウォーターピーリングの5つのデメリット!肌が弱い・金属アレルギーの場合は?

  朝起きた時や長時間外出から帰って来た時に鏡で自分の肌を見ると、黒ずんでいる部分があったり、白いものが詰まっているという悩みはありませんか? 鼻周り 顎 おでこ 顔の部分の特にこの3部位は ...

 

海外Wi-Fiの当日レンタルまとめ

海外で使えるレンタルWi-Fiの当日申し込みについて見ていきました。ご紹介した4社中、2社は当日申し込みにも対応しています。

しかし在庫が切れていればレンタルできませんし、今回ご紹介したように受け取りに時間がかかったり、説明が受けられなかったりというデメリットもあります。

 

また今回は羽田空港、成田空港、中部国際空港、関西国際空港の4つを見ていきましたが、受け取る空港によっては当日申し込みをしていない場合もあります。

急な海外旅行、海外出張の場合は仕方ありませんが、前々から予定していた旅行であれば、レンタルWi-Fiの申し込みも早めにしておきましょう。

-海外WiFi

Copyright© コラムファンタジー , 2018 All Rights Reserved.