cigaresso(シガレッソ) 電子たばこ

cigaresso(シガレッソ)アイコス互換電子タバコの使い方、口コミ評価まとめ

更新日:

最近、IQOS(アイコス)の互換電子タバコが人気急上昇しています。

そんな中、cigaresso(シガレッソ)というアイコス互換品が「スタイリッシュで使いやすい」と話題になっています。

本体の色もアイコスにはない「レッド、シルバー、ブラック」から選べます。

ではシガレッソの性能や使いやすさはどうでしょうか。

そこで今回はcigaresso(シガレッソ)の性能、使い方、口コミ評価をまとめました。

 

アイコス互換電子タバコ シガレッソとは?

 

 

アイコス互換機は全国どこのコンビニでも販売している全6種類のMarlboroヒートスティックを本体に装着してそのまま吸えるという電子タバコです。

ヒートスティック以外のプルームテックのリキッド「たばこカプセル」、グローの「ネオスティック」は使えません。

シガレッソはそんなアイコス互換機の電子タバコです。

 

IQOSは「電源が付かない、充電できない、蓋の爪が折れた」などすぐに故障します。

そこでこうしたアイコスの欠点を改善した互換機が話題になっています。

アイコス互換機の種類はたくさんありますが、シガレッソはその中でも発売したばかりの最新の電子タバコで機能が高いと口コミ評価が高いです。

シガレッソの見た目も近未来型でカッコいいとレビュー評判が良いですね。

シガレッソがなぜ評価が高いのかをご紹介します。

 

シガレッソの値段とスターターキット

アイコス互換機のシガレッソを販売しているのは「楽天のモクモク」というショップです。

電子タバコのグッズなども販売している信頼度の高い電子タバコショップです。

他でシガレッソを販売しているショップを見たことがありません。

恐らくこのショップが公式なのでしょう。

値段はスターターキットで7,399円です。

しっかりとしたスターターキットと保証期間が付いているので安心できますね。

購入した後にレビューを書くと保証期間が30日→60日になります。

アイコスの最安値はこちら。

iqos(アイコス)新型・旧型の通販最安値価格調査!
新型iqos(アイコス)の通販最安値価格調査!最新の値段を更新!

2018年6月度、通販の最安値最新情報を更新しました。 定価が2018年6月1日より7,980円になりましたが、通販の価格はどうなっているのでしょうか?   iqos(アイコス)は最先端に位 ...

 

シガレッソのサイズと重さ

シガレッソの本体サイズは「横21.2mm×厚さ15.75mm×縦88mm」と驚異の小ささを可能にしています。

アイコスの大きさと比較しても小ささは一目瞭然です。

アイコス本体のサイズはチャージャーが「横50mm×厚さ15mm×縦111mm」

アイコスホルダーのサイズが「横14mm×縦94mm」

Marlboroヒートスティックの箱のサイズが「横75mm×厚さ18mm×縦50mm 」

これだけをポケットに入れるのは結構圧迫しますね。

よりサイズが小さい方が良いので、cigaressoはとても使いやすいという事になります。

シガレッソはチャージャーもないスティックだけの一体型なので、チャージャーの故障もありません。

 

では、シガレッソの重さもアイコスと比較してみましょう。

シガレッソの重さ…38g

アイコスチャージャー+ホルダーの重さ…120g

これだけ重さが違うとアイコスがいかに重いかが浮き彫りになりますね。

こんな重い電子タバコを今までよく持ち運べたものです。

サイズ、重さで言うとcigaressoの方が使いやすそうです。

では性能はどうでしょうか。

 

シガレッソは連続吸いが出来る?

なんといってもシガレッソはアイコスとは違い、連続吸いができます。

アイコスだと1本ヒートスティックを吸ったら、3分程充電してからじゃないと次の1本を吸えません。

これがアイコスの最大のデメリットだと言えます。

「飲みの場や充電がうまく出来ないと、吸いたい時に吸えない!」

そんな口コミが多く、最近アイコスのレビュー評価は落ちてきています。

グローや他のアイコス互換機は連続吸いができます。

「最近は連続吸いができないと売れない!」という事が電子タバコ界では話題になってきています。

 

シガレッソの吸引時間

シガレッソはその小さいサイズの割にけっこうな電力があります。

アイコスとは違い、ヒートスティックの吸引時間は約6分で14回吸引が可能です。

「この加熱性能のおかげで1本1本ゆっくり味わえる」と口コミも評価されています。

 

シガレッソは連続何本吸える?

シガレッソはアイコスと違い、ヒートスティックを11本連続で吸うことができます。

650mAhという大容量のリチウムバッテリーを搭載しているので出来る技です。

この11本は80分充電したフル充電での数値です。

充電の残量次第で吸える本数は変わります。

それでは次に気になるシガレッソの充電についてお話ししましょう。

 

シガレッソの充電方法と充電時間

シガレッソの充電はアイコスやプルームテックと一緒でマイクロUSBで充電できます。

フル充電時間は約80分でアイコスと同じです。

充電残量はシガレッソ本体に付いている4つのLEDランプで分かります。

これもアイコスと同じで分かりやすいです。

スターターキットには充電器も付いています。

 

先っちょはUSB給電になっているのでコンセントにしたければ他の充電器が必要です。

こちらの壊れにくいアイコス用の充電器がおすすめです。


電子タバコに使えるAC充電器

電子タバコに使えるモバイルバッテリーもあると外出先で便利です。
大容量のモバイルバッテリー

 

PCでシガレッソを充電するのであればこちらの充電器は必要ありません。

USB給電だけでしっかり充電できるからです。

アイコスの充電時間はこちら。

iQOS(アイコス)の充電時間は?方法は?充電できない時の原因は?

  新型、旧型アイコスを購入したはいいが「充電方法などの使い方が分からない」「充電時間はどのくらい?」「充電できない」などの購入者口コミが多いです。 それもそのはずでアイコスはボタン一つでは ...

 

シガレッソの味の評価は?

シガレッソの味の評価ですが、シガレッソは味を美味しくする為に平均かつ効率的な加熱を設計しています。

アイコスやグローと同じ、ヒートスティックをブレード形の加熱部品に差し込むので味は似ていますが「アイコス、グローよりもムラがない」という口コミ評価が多いです。

味のムラがないという事はヒートスティックがよく加熱されているので、「香りと味が濃い」ということにもなります。

確かにシガレッソの購入者レビューを見ると「アイコスよりなんか味が濃い」というようなレビューがあります。

アイコスの味の詳細はこちら。

iQOS(アイコス)の種類は?味は?違いを比較!人気は?

2018年5月新フレーバーの「ブラウン」・「オレンジ」を記事中に追記しました。 たばこ業界の最前線を走り続ける「iqos(アイコス)」、その勢いはとどまることをしらないようです。 さて、アイコスは電子 ...

 

シガレッソはアイコスと同じMarlboroのヒートスティックしか使えませんので、必然的に味の種類も6種類という事になります。

レギュラーもメンソールもあるので好みの味は見つかりそうですね。

次にシガレッソの使用方法を見てみましょう。

 

 

シガレッソの使い方

シガレッソの使い方は他のアイコス互換機とほぼ同じです。

ヒートスティックの差し方から一つ一つ説明していきます。

とても簡単で、慣れれば一切煩わしくありません。

 

シガレッソのたばこスティック差し方

まずやる事はヒートスティックをシガレッソに差し込む作業ですが、注意が必要です。

アイコスと同じですが、ヒートスティックを回さずゆっくりヒートスティックに書かれているプリントラインまで差し込みます。

グローも同じですが、ヒートスティックを回しながらねじ込むとヒートブレードが折れたり破損します。

次にシガレッソの電源ONOFFについて説明します。

 

シガレッソの電源ONOFF

シガレッソに唯一あるボタンを5回連続で押すとLEDライトが点滅して電源が入ります。

この状態は「待機モード」といって、いつでも加熱が開始できる状態です。

再び電源ボタンを5回連続で押すと電源がOFFになります。

待機状態はそこま電力を食わないので、電源は切らずに常に待機状態にする事をおすすめします。

次にいよいよ加熱を開始させます。

 

シガレッソの加熱開始と終了

まずは電源が入っている待機状態を確かめてから、電源ボタンを長押しして加熱を開始します。

加熱が開始されるとシガレッソのバイブ機能が反応&LEDが流れるように点滅します。

20秒経つと「加熱が完了した」事の合図でシガレッソがバイブします。

そしてLEDランプが全て点灯します。

ここまで来ればいつでも吸えます。

シガレッソは6分or14回吸えます。

吸い終わりの60秒前にシガレッソが震えて終了の合図をしてくれます。

喫煙が終了したらそのままヒートスティックを外します。

このヒートスティックを外す時に注意が必要です。

 

シガレッソのたばこスティック抜き方

そのままヒートスティックを外すと、アイコスなどによくある「ヒートスティックの中身が残ってしまいます」

ヒートスティックが残ってしまうとクリーニングが面倒くさくなるので、必ずキャップを外してからまっすぐヒートスティックを引き抜きましょう。

ヒートスティックを回しながら抜きさすと、ヒートブレードの破損に繋がるのでやめましょう。

次にシガレッソのクリーニング方法について説明します。

 

シガレッソのクリーニング方法

シガレッソにはアイコスと同じで定期的なクリーニングが必要です。

クリーニングをしないと、ヒートスティックの黒い残りカスがブレード付近にこびり付きます。

メーカーが推奨する定期的というのはフル充電で吸いきれる11本ごとにクリーニングする頻度です。

しかし、そこまで黒いカスは付かないので2日に1回クリーニングするくらいの頻度がおすすめです。

クリーニング方法はまず、電源をオフにしてキャップを外します。

 

加熱直後だと火傷するのでやめましょう。

次に、スターターキットに付属する「クリーニングブラシ」をブレード穴に差し込んで優しくグリグリします。

強くグリグリするとブレードが破損するのであくまで優しく掃除しましょう。

クリーニングブラシで掃除できない細かい部分はクリーニングスティックで掃除します。

黒いカスがこぼれるのでティッシュをひきながら掃除しましょう。

これでクリーニングは終了です。

クリーニングを怠ると味が落ちたり、本体故障の原因になるのでこまめにメンテナンスしましょう。

 

シガレッソの口コミ評価

シガレッソを購入する前に知っておきたい口コミ評価をまとめました。

シガレッソは性能もサイズもアイコスやグローより優れているので概ね評価は高いです。

 

アイコスよりいいかも!

IQOSの葉タバコを吸える電子タバコを試してみたいと思い購入しました。

(元々はアイコスを吸っていましたが、壊れてしまったので互換電子タバコが気になっていた)

いざシガレッソを吸ってみると、思ったより吸った感覚も本家のIQOSとあまり変わらずでした。

ちょっとシガレッソの方が濃いような気がします。

サイズがめちゃくちゃ小さく、電子タバコの為にカバンを持たなくてもいいのが気に入ってます。

 

イーフォスの方がいい

アイコス互換機を何台も持っている電子タバコオタクです。

シガレッソはアイコス互換機の中では後発組で、そのせいなのか欠点をよく改善していると思う。

しかし、同じアイコス互換機のイーフォスには高温モードと低温モードがある。

高温モードでガツンとした味と臭いを感じたい人にはイーフォスの方がおすすめかな。

イーフォスのほうが1000円高いので値段コスパで考えるならシガレッソの方がおすすめ。

 

味が美味いけど…

美味しい電子タバコを探していてシガレッソに出会いました。

ヒートスティック本来の味をシガレッソが一番よく再現していると思います。

個人的な感想だけど、味は電子タバコの中で一番美味しい。

ですが、フル充電で11本というのは少なすぎ。

ヘビースモーカーの私には足らないので、グローのサブとして持っています

シガレッソ、惜しいですね!

 

サイズが小さい

サイズが小さい電子タバコが好きです。

アイスモークも小さいけどシガレッソもけっこう小さい。

充電器とスティックが別れていないのが評価◎。

今は一体型の時代ですね。

スティックの一体型最高!!

 

 

シガレッソまとめ

以上が、cigaresso(シガレッソ)アイコス互換電子タバコの使い方、口コミ評価まとめでした

シガレッソは1店舗しか販売してませんが、なかなか性能が良くサイズも小さいのでのでこれからもショップが増えるのでないでしょうか。

楽天の電子タバコランキングでも上位を占めてくるかもしれませんね。

今後の人気に期待のアイコス互換機です。

もしかしたら売り切れるかもしれないので、購入を検討している方はお早めに。

 

売れてる電子たばこランキング


第1位 イーフォスイーワン(EFOS E1)

  • 連続喫煙可能(5本まで)
  • 一体型デバイス
  • ボタンひとつのみのシンプル設計
  • 加熱温度調整機能搭載
  • バイブレーション機能
  • 3D加熱システム採用

アイコスユーザーの3大不満である「連続で吸えない」「メンテナンスが大変」「チャージャー・ホルダーが別々で壊れやすい」を解消した最新互換機が登場!

アイコスのようなブレード加熱ではなく「スティック全体を加熱する3D加熱システム」なので、均一に加熱されより一層深い味わいを楽しめるようになりました。

また「低温・高温」の加熱モードがあり、低温はタバコ本来の風味を、高温は吸いごたえを重視した設計となっております。


第2位 ビタミンたばこ【ビタフル】

  • ニコチン・タールがゼロ
  • ビタミン・プラセンタが摂れる
  • 全16種類の健康成分
  • 始めやすい使い捨てタイプ

本格的に禁煙を始めたいけど口元がさみしい…という方にはビタフルがオススメ!

ニコチン・タールが入っていないので健康的な生活が送れます。

さらにビタミン(6種)やプラセンタ・コエンザイムQ10など、普段の生活で不足しがちな成分も摂ることができます。

1本1,000円程度と安価なので、初心者でもお買い求めやすいのが特徴です。


第3位 シガレッソ(cigaresso)

  • 電子たばこの中で一番小さい
  • ヒートスティック1本の吸引時間が長い
  • 互換機なのにアイコス・グローよりもムラがない
  • デザインがオシャレでスタイリッシュ
  • 一体型の為故障が少ない

電子たばこの中でシガレッソは一番サイズが小さいのアイコス互換機です。

重さも38gとアイコスの4分の1程で持ち運びに便利です。

にも関わらず、ヒートスティック1本の吸引時間と回数が6分14回と加熱式たばこの中で最長です。

発売したばかりのアイコス互換機で、今後人気が出てくるであろう加熱式たばこです。


第4位 スムースビップ【SmoothVIP】

  • 電子たばこ最強のコスパ
  • 禁煙効果がある
  • タール・ニコチン0
  • 使い方が簡単で初心者におすすめ
  • スムースビップ用のフレーバーがある

クレイジーケンバンドの横山剣さんがCMで紹介している有名な電子たばこ。

リラックス出来る電子たばこの為禁煙に成功した人も多数います。

価格がとても安く、リキッド液1ヵ月分もついてくるWEB限定バージョンは2,950円(税込・送料無料)で購入出来ます。

初心者にも手を出しやすいコスパ最強のリキッド式電子たばこです。


第5位 i SMOKE【アイスモーク】

  • スティックのみの独立デバイス
  • 連続13本チェーンスモーク可能
  • アイコス互換機では最軽量
  • 長期1年間保証サービスあり

アイコスの2大不満「充電できていない」「連続して吸うことができない」を解消した互換機。

無駄を一切省いたホルダー独立式なので持ち運びにも便利、胸ポケットに入れて持ち運ぶこともできます。

最大の特徴はアイコス同様に「1年間保証サービスが受けられること」です。

1年保証は税込2,700円かかりますが、この分は割引サービスとして次回使用できるので実質2,700円引きとなりますね。


第6位 アイバディアイワン(i Buddy i1)

  • 連続喫煙可能
  • 一体型デバイス
  • 誤作動防止機能
  • 互換機モデルでは最小サイズ
  • 互換機の中で価格が安い

加熱式タバコのアイコスとグローをハイブリッドさせた一体型互換機です。

加熱方式やフォルムはグローを意識し、アイコスのヒートスティックが連続で吸えるように改善されています。

メンテナンスも簡単で、吸い終わった時はスライドボタンでスティックが簡単に取り除けます。


第7位 ハーブスティック FyHit ペンタイプ

  • 連続喫煙可能
  • 加熱温度調整機能搭載
  • バイブレーション機能
  • 電池残量通知機能

大人気のハーブスティックシリーズから、遂にアイコスのヒートスティック対応タイプが登場!

加熱部分がセラミック加工で熱伝導率も良いので、満足感のある吸いごたえを味わえます。

加熱温度調整も3段階あるので、お好みに応じて味の変化を楽しむことができます。


第8位 ビタミンたばこ【C-tec】

  • 植物由来成分配合
  • ビタミンCが摂れるフレーバー
  • ニコチン・タール・副流煙ゼロ
  • カートリッジ式でいつでも清潔

ニコチン・タール・副流煙ゼロのフレーバーミスト。

全7種類の色んなフレーバーを楽しめて、カートリッジ式だから常に清潔を保てます。

充電式で何度も使用できるのでコストパフォーマンスも抜群!

女性に人気の電子たばこです。


第9位 ワンド(Wand)2.8

  • 自動クリーニング機能
  • 加熱部分が水洗いできる
  • 一体型デバイス
  • 3段階の加熱モード搭載

アイコス互換機としては初の自動クリーニング機能搭載モデルです。

ヒートカップ(加熱部)も分解して水洗いでき、こびりついた汚れによる味の劣化を防ぐことができます。

3段階の加熱モード搭載なので、アイコスのような吸いごたえからよりドローの強い風味までこれ1本で楽しむことができます。

 



※タバコは20歳からです。マナーを守って禁煙・節煙をしましょう。

-cigaresso(シガレッソ), 電子たばこ

Copyright© コラムファンタジー , 2018 All Rights Reserved.