cigaresso(シガレッソ) 電子たばこ

アイコスの類似品シガレッソとは?本家を上回る性能を持った互換機が大人気!

更新日:

アイコスの互換機で最新作のシガレッソを実際に吸ってみたレビュー

新たな喫煙具として人気になった電子たばこ。

その人気を牽引してきたとも言えるのがアイコスです。

アイコスは日本の電子たばこのシェアの大多数を占めています。

そのため初期型の発売当初や、新型の発売当初は、多くの人が買い求め、在庫切れが続出する事態となりました。

そのためアイコスは手に入れにくいものとなってしまったのですが、そんな状況下で類似品が多く登場するようになりました。

この類似品とはどういったものなのでしょうか。

 

アイコスの類似品とは?

アイコスの互換機で最新作のシガレッソを実際に吸ってみたレビュー

類似品と聴くと、良い印象を持たない人は多いかもしれません。

アイコスの類似品も、良いものとは言い難い部分があります。

類似品とは、アイコスの人気に便乗したもので、非常に雑な作りをしています。

電子たばこは故障しやすいものと言われていますが、それ以上に故障しやすいこともあります。

またスティックをしっかりと加熱できず、本来の味わいを楽しめないという例もあります。

こういった粗悪な類似品が登場してしまったため、電子たばこの数は非常に多くなり、見分けるのも一苦労となりました。

しかし中にはアイコス同等か、それ以上の性能を持ったものもあるため、一概に悪いとは言い切れないのです。

シガレッソの使い方と口コミ評価はこちら。

cigaresso(シガレッソ)アイコス互換電子タバコの使い方、口コミ評価まとめ

最近、IQOS(アイコス)の互換電子タバコが人気急上昇しています。 そんな中、cigaresso(シガレッソ)というアイコス互換品が「スタイリッシュで使いやすい」と話題になっています。 本体の色もアイ ...

 

アイコスの互換機ってどういう意味?

アイコスの互換機で最新作のシガレッソを実際に吸ってみたレビュー

写真は左がアイコス、右がシガレッソです。

アイコスよりも性能が良い電子たばことは、アイコスの互換機のことです。

互換機というのは、アイコスのスティックを使える製品であり、さらにアイコスのデメリットを解消してくれているものもあります。

こういった互換機も、類似品といえば類似品かもしれません。

ただ故障が多いというようなことはなく、むしろアイコス自体よりも使い勝手が良いものが多いのです。

そんなアイコス互換機の中で、最近発売され、今後さらに人気が高まりそうなシガレッソという電子たばこがあります。

シガレッソのクリーニング方法はこちら。

アイコスの互換機で最新作のシガレッソを実際に吸ってみたレビュー
シガレッソのクリーニング方法をアイコスと比較!ブレードが折れにくい理由は?

電子タバコは紙巻きタバコよりも健康被害が少なく、受動喫煙の危険性も低い。 そういったことから、今や多くの喫煙者が電子タバコを使っています。 もちろん電子タバコは紙巻きタバコよりもメリットが多いのですが ...

 

シガレッソの特徴をアイコスと比較してみた

アイコスの互換機で最新作のシガレッソを実際に吸ってみたレビュー

シガレッソはかなり性能が良く、実際に使った人からの評価は高いものばかりです。

ではシガレッソの特徴を、アイコスと比較しながら見ていきます。

 

①加熱式たばこの中で最小サイズ

シガレッソの最大の特徴は、本体がコンパクトだということです。

アイコス互換機を含め、加熱式たばこはたくさんありますが、その中でも最小サイズとなっています。

アイコスも本体は小さめですが、アイコスの場合はスティック1本を吸い終わるごとに本体を充電しなければなりません。

そのため大きなチャージャーも持ち歩く必要があるのです。

シガレッソの充電は、本体に直接USBケーブルを差し込むだけなので、仮に外出中に充電をする場合でも、それほど持ち物がかさばることはないのです。

またこれに加えて、アイコスは連続で使用できませんが、シガレッソは連続での使用が可能となっています。

連続で使えないというのはアイコスユーザーの不満の種ともなっているため、シガレッソがその点を解消しているのは非常に大きなポイントです。

 

②加熱式たばこの中で吸引時間が一番長い

電子たばこはスティック1本の吸引時間が決まっています。

シガレッソはスティック1本を6分吸えます。

6分が経過すると終了です。

この6分というのは非常に長く、アイコスと同等です。

また他の電子たばこと比べると最長となります。

たとえばアイコスに並ぶ電子たばこであるグローはスティック1本で3分となっています。

シガレッソと同じアイコス互換機であるイーフォスは5分50秒ですし、アイバディは5分20秒です。

吸引時間がながければ、それだけゆっくりとたばこを楽しめることになります。

シガレッソはゆっくりと楽しめるという特徴があるのです。

 

③味にムラがない

味のムラはアイコスの欠点の1つです。

電子たばこの多くは、本体に取り付けられたブレードによってスティックを加熱します。

このブレードの形状によってスティックの加熱具合は変わります。

アイコスはスティックの中心から加熱していきます。

そのため狭い範囲を集中的に加熱することになり、味のムラが大きくなります。

シガレッソもスティックの中心から加熱することに変わりありませんが、アイコスのブレードよりも幅が広くなっています。

そのため加熱範囲も広くなり、味のムラが少なくなるのです。

このようにシガレッソには、アイコスよりも良い特徴をたくさん持っているのです。

 

シガレッソまとめ

アイコスの互換機で最新作のシガレッソを実際に吸ってみたレビュー

アイコスの互換機であるシガレッソの特徴をご紹介しました。

アイコスに似た電子たばこを類似品と呼ぶのであれば、シガレッソも類似品の1つとなるでしょう。

しかしシガレッソは決して粗悪な製品ではなく、ご紹介したようにアイコス以上の性能を持っています。

また他の互換機よりも優れた点もたくさんありました。

シガレッソは発売されたばかりで、まだそれほど広く話題にはなっていませんが、今後多くの人が使っていくのではないかと思います。

もし電子たばこ選びで迷っているのであれば、シガレッソを選んでみてはいかがでしょうか。

そしてよくわからない電子たばこは購入しないことをおすすめします。

-cigaresso(シガレッソ), 電子たばこ

Copyright© コラムファンタジー , 2018 All Rights Reserved.