iSMOKE(アイスモーク) 電子たばこ

iSMOKE(アイスモーク)のクリーニング方法を実際に試してみた!

更新日:

 

iSMOKE(アイスモーク) クリーニング方法

 

アイスモークはアイコス互換機の中でも最軽量の30gで使いやすいデバイスです。

最近新カラーが増え、全部で6種類の色になり、アイスモークの注目度が上がり購入者が増え続けているようです。

ismoke(アイスモーク)の新カラーが出た!色は何種類あるの?
ismoke(アイスモーク)の新カラーが出た!色は何種類あるの?

    アイコスのカラーは基本的に、ホワイト・ブラックの2種類しかありません。gloは1種類、プルームテックも1種類となります。 基本的にカラーやパッケージの種類は少ないですが、限 ...

シャインピンクは女性にかなり人気で、女性ユーザーの獲得にもかなり貢献しているカラーのようです。

 

しかし、アイスモークは他の互換機と比べて少し高価な部類に入ります。

簡単に価格を並べてみました。

EFOS E1 8,980円
iSMOKE 8,424円
cigaresso 7,399円
iBuddy i1 kit 7,000円
FyHit ECO S 5,400円
Kamry kecig2.0 4,790円

 

このように、おすすめのアイコス互換機の中でも2番目に高額になっています。

iqos(アイコス)の互換品比較おススメランキング!イーフォス・アイバディ・ismoke

  iqos(アイコス)は2015年9月に名古屋で発売し、2016年4月の後半からTV番組「アメトーーク!」で放映されてから一気に爆発的な人気が出ました。 当時はアイコスの生産が追いつかず希 ...

 

最軽量なのにこのiSMOKEはかなり高性能なものを持っているのが分かります。

しかし、アイスモークも精密機械ですので、クリーニングを怠ってしまうと故障の原因に繋がってしまいます。

 

付属でブラシが付いてきますが、その使い方もやや不明になります。

今回は、そんな小さくて軽いアイスモークのクリーニング方法はどのようにすればいいのかをまとめました。

 

 

アイスモークのクリーニング方法は2つ

 

 

アイスモークはクリーニング方法が2通りあります。

  • 自動加熱クリーニング
  • 手動クリーニング

ただ単純に勝手に綺麗にしてくれる機能がついていて、それを補えない部分は手動で行うという事です。

それぞれ見ていきましょう。

 

自動加熱クリーニング

蓋を取り外した状態で電源をオンにすると、加熱クリーニングが可能です。

電源を入れた状態で、ボタンを3回押すと加熱クリーニングが開始します。

30秒間ランプが点滅し、その間に自動でクリーニングが行われています。

 

ブラシで手動クリーニング

クリーニングのタイミングは約20本につき1回ブラッシングする感覚でOKです。

あくまでも目安ですので、ヒートスティックを外した際に汚れが目立っているなと感じたらクリーニングするくらいでOKです。

しかし、文頭でもお伝えしましたがクリーニングを怠ってしまうと故障の原因になりますので定期的に気にしていくようにしましょう。

 

 

 

アイスモークを実際に洗浄してみた

iSMOKE(アイスモーク) クリーニング方法

 

アイスモークのクリーニングの流れは、「自動クリーニング→手動クリーニング」を1セットやる事です。

実際にクリーニングをしている風景を見た方がいいので、写真付きで説明します。

 

アイスモークの自動クリーニング方法

初めにアイスモークの蓋を外します。意外と固かったので、爪をひっかけて外してください。

無理やり外そうとすると、爪が割れる可能性もあるので注意しましょう。

 

蓋を外したら、アイスモークの電源を入れます

iSMOKE(アイスモーク) クリーニング方法

電源の入れ方は2秒間に5回連続でスイッチボタンを押すと入ります。

 

元々電源が入っていた場合はこの作業は省略します。

電源が入っている場合は、ボタンを1回押すと充電残量が見れますので、この状態だとスタンバイモードになっていると確認出来ます。

 

スタンバイモード中にスイッチボタンを3回連続で押すとクリーニングモードが開始します。

iSMOKE(アイスモーク) クリーニング方法

30秒間点滅します。

この自動加熱クリーニングは、デバイスがフルパワーで加熱されて、熱源の針についている残りのタバコを燃えつくします。

 

スタンバイモード中の動作

  • 1回押す…充電残量が表示される
  • 2秒長押し…予熱開始する
  • 3回連続で押す…クリーニングモード開始
  • 5回連続で押す…電源OFF

 

今回クリーニングで使用するのは3回連続で押す方法です。

自動クリーニングが終了しても、まだ予熱が収まるまでは手動クリーニングをしないで下さい。

 

iSMOKE(アイスモーク)とは?使い方・味をアイコスと比較/加熱式たばこ
iSMOKE(アイスモーク)とは?使い方・味をアイコスと比較/加熱式たばこ

    新しいカラーが登場! 更新しました!全部で6種類の中からオシャレなアイスモークを選べます! カラー全種類を見たい方はこちらからジャンプ!   iqos(アイコス) ...

 

アイスモークの手動クリーニング方法

自動クリーニングの熱が収まったら、手動クリーニングを開始します。

この時アイスモーク本体の電源は特に切る必要はありませんが、不安な方は念の為電源を切っておきましょう。

蓋の部分を専用ブラシで上下して擦ります。

iSMOKE(アイスモーク) クリーニング方法

 

次は発熱部分の残留物をブラシでとる清掃をします。

iSMOKE(アイスモーク) クリーニング方法

ここで先ほどの自動クリーニングの予熱が残っている場合は、やけどの可能性がありますので、十分熱が取れてからブラシで残留物をとってください。

このブラシは消耗品です。もしも使い物にならなくなったら、アイコスのクリーニングスティックが代替品として最も使いやすいです。

 

全て終わったら蓋をして終了です。

iSMOKE(アイスモーク) クリーニング方法

 

このように、自動クリーニングをして発熱源周りを燃やした後に手動で取り除くという作業を約20本目安に行えば大丈夫です。

 

 

アイスモーク クリーニングまとめ

アイスモークのクリーニングにおいて気を付けなければいけないのは、

  • 蓋を開ける時
  • 手動クリーニングする時のやけど

の2点です。

これだけはケガのもとになりますので気を付けるようにしましょう。

アイスモークは軽くて小さいといえど、精密機械ですので大切に扱っていきましょう。

 

-iSMOKE(アイスモーク), 電子たばこ

Copyright© コラムファンタジー , 2018 All Rights Reserved.